「ATTENBERG」鑑賞


あの傑作「DOGTOOTH」を筆頭に、さいきんいろいろ目にするようになったシュールなギリシャ映画の1つ。アカデミー賞のギリシャ候補になったらしいけど、国が財政危機で破綻してる一方でこういう実に商業的でない映画を作ってるというのは何となく好きです。

マリーナは23歳になっても男性と付き合った経験のない奥手な少女で、ギリシャの山岳地帯にある工場で運転手として働き、病を患っている父親と暮らしていた。彼女の趣味はスーサイド(NYパンクの人たちだよ)を聴くこととデビッド・アッテンボローのドキュメンタリーを観ること(タイトルはここから来ている)で、男性経験の豊富な親友のベラからはキスや性に関する指南を受けていた。そんな彼女は工場である男性と知り合い…というようなストーリー。

と書いてはみたもののあまりストーリーらしきストーリーは存在してなくて、ただただ思わせぶりなシーンが淡々と続いていく内容になっている。親の過保護という明確なテーマが根幹にあった「DOGTOOTH」に比べるとつくりが弱いことは否めない。ちょっとエッチでかわいいシリーウォークを繰り広げる女の子たちとか、TVを観て動物のマネをするマリーナとか、部分的にはとてもいいシーンがあるものの、全体としてまとめるとなんか消化不良になってるというか。父親が「この国は近代化に失敗した」とか「俺は20世紀をボイコットする」なんて呟いてて、ギリシャの金融危機について言及してるのかと思いきやそれっきりになってたし。あと「DOGTOOTH」に比べて出てくるおっぱいがみんな残念であったよ。

いろんな面白い要素が入り込んでいるだけに、この程度の出来で終わってしまったのがどうも悔やまれるところか。ギリシャ映画では他にも「ALPS」とか「L」といった面白そうな設定の映画が控えてるのだが、実際の内容はどうなんだろうなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now