ABCの新シリーズ。これって全10話のミニ・シリーズ扱いになるの?それとも普通のシリーズ?

レベッカはCIAの敏腕エージェントだったが、夫がヨーロッパで暗殺されたことからCIAを退職し、花屋となって1人息子のマイケルを育てていた。そんなマイケルも成長して大学生になり、ローマへと留学することになる。息子と別れることに心を痛めつつも彼を見送ったレベッカだが、その後しばらくしてマイケルが音信不通になってしまう。心配した彼女は単身でローマに渡りマイケルの下宿に向かうが、そこに彼はいなかったばかりか謎の侵入者と彼女は格闘することになる。やがて彼女は息子が何者かに誘拐されたことを知り、CIAでのスキルとコネクションを駆使して彼を救出することを誓う。こうしてヨーロッパ全土にわたるレベッカの探索が始まるのだった…というようなプロット。

主役のレベッカを演じるのは久しぶりに顔を見たような気がするアシュレイ・ジャッド。冒頭で瞬殺される彼女の夫をショーン・ビーンが演じてるんだけど、彼は今後もフラッシュバックとかで登場するのかな。「Game of Thrones」の撮影で忙しいだろうに。あとは「エアベンダー」のクリフ・カーティスなんかも出演している。

おそらくヨーロッパの企業が出資してるんだろうけど、各地の観光名所におけるロケは金かかってんだろうなあという感じ。とはいえやはり「ボーン」シリーズや「007」シリーズといった劇場作品に比べると格段にチープなので、金がかかってる割には安っぽいという変な印象を受けてしまう。無理にあちこちを飛び回らず、1つの場所での出来事をもうちょっとじっくり描いても良かったと思うんだけどね。

そしてスパイ・アクションも比較的凡庸で、前にどこかの映画で観たなあ…という展開が続く。アシュレイ・ジャッドが悪い役者だとは思わないけど、テンパったママさんという役はあまり似合ってないのではないか。顔をこわばらせて叫んでるだけなんだもの。でもまあ凡庸ということは逆に日本人でもとっつきやすいという訳で、それこそDlifeあたりで放送されるかもしれないが、個人的にはどうでもいい作品。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now