ABCの新シリーズ。別名「Don’t Trust the Bitch in Apartment 23」もしくは「Apartment 23」で、日本では「23号室の小悪魔」って題名になるんだっけ。前も書いたように、変にリスキーな題名にしたって見返りは少ないと思うんだけどね。ABCっていちばん保守的なネットワークなのに何をしたいのやら。

大きな期待を抱いて田舎町からニューヨークにやって来たジューンは、仕事の初日に会社が摘発されて閉鎖されるという憂き目に遭い、会社が用意してくれたアパートを追い出されてしまう。このまま故郷に帰るわけにもいかず、ルームメイトつきの部屋を探した彼女は、クロエという女性が住む23号室のアパートへと移ることになる。しかしクロエは天性の詐欺師で、いままで多くのルームメイトを騙して財産を奪ってきたばかりか、ジューンの婚約者まで寝取ろうとするのでした…というようなプロット。

小悪魔クロエを演じるのが「ブレイキング・バッド」で大変素晴らしい演技を見せてくれたクリステン・リッター(はあと)。彼女の元彼氏という設定でジェームズ・ヴァン・ダー・ビークが本人自身を演じていて、未だに「ドーソンズ・クリーク」のドーソン役だけで知られ、最近はあまり売れてない俳優、という実際の境遇を的確にとらえたキャラクターになっている。これはうまく扱えば面白くなりそうな設定なんだけど、他のキャラクターとどこまで馴染むことができるのかはよく分からんね。そしてジューンを演じるのがドリーマ・ウォーカーという女優なんだけど、ちょっとケバくて田舎娘に見えないのが残念。もっと素朴な外見にしたほうがクロエとの対比が目立っただろうに。

女性中心のアパートメントものということで、「NEW GIRL」に近いノリがあるかな。女性同士の軽快なやりとりがある分、個人的にはこっちのほうが好きかもしれない。あとはやはりジェームズVDBの存在がどこまで話にうまく絡められるかがポイントだな。みんな「ドーソンズ・クリーク」って憶えてる?トム・クルーズの奥さんが出てたそんな番組があったんだよ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now