「ソーシャル・ネットワーク」に「マネーボール」、そしてスティーブ・ジョブスのやつと、最近は伝記映画の脚本家という印象が強いアーロン・ソーキンによる、ニュース番組の裏側を描いたHBOの新作シリーズ。第1話の監督はグレッグ・モットーラだった。

ケーブル局のニュース番組でキャスターを務めるウィル・マカヴォイは政治的に中立のスタンスを保ち、自分の意見も口にしない人物であったが、大学の討論会で「アメリカが偉大な国である理由は何だと思いますか?」と質問されたときにブチ切れて「アメリカは偉大な国じゃないんだよ!かつてはそうだったかもしれないけど、いまの世代は最悪だ!」とぶちまけたために大センセーションを起こし、しばらく休業するはめに。そして職場に復帰すると自分のスタッフの大半は別の番組に異動しており、それを見かねた上司で恩師のチャーリーはウィルの元彼女でプロデューサーのマッケンジーを招聘してウィルをサポートさせるのだが…というようなプロット。

ソーキンは以前にもスポーツ番組の裏側を描いた「SPORTS NIGHT」とかコメディ番組の製作陣を扱った「STUDIO 60」とかを作った人なので、また自分の土俵に戻ってきたなあ、という感じ。よってソーキン節が炸裂していて、最初から最後まで出演者が凝ったセリフを喋りっぱなし。「STUDIO 60」ではこのノリに視聴者がついてけなくてすぐ打ち切りになってしまったわけだが、今回はどうなるんだろう。

でも海岸の油田事故を報じるニュースのシーンなどはものすごく緊迫感があって、派手な展開があるわけでもないのにウィルが事故の責任者を詰問していくあたりはジャーナリズムの重要性を巧みに打ち出していて流石に見応えがあったな。スタッフの姉が石油会社に勤めていたために重要な情報がリークされてくるという展開はちょっと都合が良すぎたけど。

主人公のウィルを演じるのがジェフ・ダニエルズで、共演がエミリー・モーティマーやデヴ・パテル、オリヴィア・マン、サム・ウォーターストンと結構豪勢な面子。今後はジェーン・フォンダも出てくるらしくて、リベラル寄りの出演者で固めてんなあ。

例によって全体的に衒学的というか説教くさいところがあって、良くも悪くもソーキンの作品ではある。アメリカの評判も2つに別れているみたいだけど、個人的には結構楽しめた作品でしたよ。ちなみにエドワード・R・マローやウォルター・クロンカイトといったニュースキャスターたちの伝統が劇中で語られるんだが、日本ではそういう伝説的なキャスターがいないのでちょっと憧れますね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now