軽快な番組が多いUSAネットワークにしては珍しい政治ドラマ。これミニシリーズ扱いになるのかな?

エレイン・バリッシュは民主党出身の大統領のファーストレディーだったが、ホワイトハウスを離れてからはイリノイの州知事を勤め、やがて自身が民主党の大統領候補に立候補するものの、ライバルのポール・ガーセッティに破れてしまう。その直後に彼女は女たらしの夫に愛想を尽かして彼と離婚するが、ガーセッティに手腕を買われて国務長官として彼の政権に参加することに。こうして彼女は世界中のさまざまな危機に対処しながら、自分の家族(口うるさい母親、優等生の長男とゲイで落ちこぼれの次男、さらには元夫)をまとめあげようとするのでした…というようなストーリー。

このあらすじからお分かりだと思うが、主人公のモデルはヒラリー・クリントン。そこまで経歴を真似ますか?と思ってしまうくらいにヒラリーさん。彼女自身はやり手の政治家として描かれているものの、元夫(要するにビルだ)なんて若い女の子にばかり手を出し、酒を飲んでひたすら汚い言葉を口にするグータラですからね。アメリカ国民にとってビル・クリントンってやはりそんなキャラなのかなあ。

話の焦点は政治だけでなく家庭にも向けられていて、みんなクセのありそうな一家の面々をスキャンダルから守りながら、平穏な家庭を築こうとする主人公の苦労も描かれている。決してコメディではないんだが、ドタバタのノリもあるのはUSAネットワーク的といえばいいのかな。第一話の終わりで主人公が「私はまた大統領の座を目指すわ!」なんて決意したりするし、リアリティよりもフィクションを重視したドラマだと思えばいいのかも。

主人公のエレインを演じるのはこれがTVシリーズ初主演(だよね?)のシガニー・ウィーバー。ちょっと肩に力が入りすぎてるかもしれないが、さまざまなトラブルに見舞われた国務長官を好演しているぞ。最近のウィーバーはチョイ役が多かった気がするので、彼女が存分に演技してる姿が見られるのはいいですね。そして共演はキーラン・ハインズにエレン・バースティンにジェームズ・ウォルク、カーラ・グギノ、そしてディラン・ベイカーと俺好みの役者ばかり。ベイカー演じる副大統領は悪役めいた存在になるみたい。またコリン・パウエルの娘なんてのも出演してるらしい。

第1話は比較的凡庸な内容だったけど、キャストも豪華なんだから脚本によっては傑作になる可能性のあるシリーズじゃないですかね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now