昨日SINを請求しにいった役所の隣の施設で見つけたパンフレットに、移民の就職補助用のワークショップの紹介があったので午後に行ってみようとする。しかし今日は家に掃除の人が来るからということで、天気が最悪なのに早朝から家を出ないといけないのだった。そのためダウンタウンのカフェなどで時間をつぶすはめに。昼食はチャイナタウンにあるビュッフェスタイルの食堂でとる。4品で3.5ドルという破格の安さなのだが、どことなく怪しげな料理であったりもする。

やっと午後になって就職センターに行き履歴書のワークショップに参加。他の生徒はカナダ人のオバサンと1ヵ月に中国から来たという元教師だけだった。履歴書のスタイルや、何を記載すればいいのかなどについてみっちり教わる。英文履歴書は日本のもの以上に自分をいかに書面でアピールできるかがポイントになるわけだが、それを理解するうえでは非常にためになるワークショップだった。個人的には以前の職場で何の肩書きも持っていなかったことと、リファレンス(前の職場からの推薦状)を(英語で)書いてくれそうな人が誰もいないっというのが、とても不利なポイントになりそうな気がする。まあそれ以前に英語力を鍛えないといけないんだが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now