こんどNBCで始まる、「スーパーナチュラル」のクリエーターによるシリーズ。プロデューサーにJJエイブラムスが名を連ねていて、第1話の監督をジョン・ファブローが務めていた。

ある日突然、世界中のあらゆる技術が停止し、電力はおろかエンジンや電池も使用できなくなる「ブラックアウト」と呼ばれる現象が発生する。これによって世界の文化は壊滅し、人々は中世並みの暮らしを強いられることになった。そして舞台は15年後。若き少女チャーリーが暮らす集落に、その一帯を支配する私設軍の一味がやってくる。彼らはチャーリーの父親が「ブラックアウト」の原因について何か知っていることをつきとめ、彼を確保しにきたのだ。しかし生じた小競り合いによって父親は死亡し、チャーリーの弟は私設軍によって誘拐されてしまう。チャーリーは弟を救出するため、父親の言葉に従ってシカゴに住むという叔父を探しにいくのだが…というような話。

最近はめっきり減った「LOST」ライクな話で、文明が廃れた世界を舞台にしてる点は「ジェリコ」に似てるかな。ボウガン持って戦う少女が主人公なのは「ハンガーゲーム」あたりも意識してるんだろうか。エンジンが使えないのに銃は使えるとか、原始的な暮らしをしてるのにみんな化粧はバッチリで、夜はロウソクをふんだんに使った優雅そうな暮らしをしてるとか、いろいろツッコミどころがあるのには目をつぶろう。

むしろ気になるのは世界観がどうもみみっちいことで、集落からシカゴまで一昼夜くらいで到着するし、シカゴであっという間に叔父を見つけるし、どうも世界規模の話というよりも箱庭で行われてる物語という感が否めないんだよな。文明が荒廃したあとの世界の描写は「ウォーキング・デッド」や「フォーリング・スカイ」のほうがずっとリアルだったような。

キャストには「ブレイキング・バッド」で圧倒的な威圧感をもった悪役を演じたジャンカルロ・エスポジートがここでも私設軍の士官という悪役を演じてるけど、やはり「ブレイキング・バッド」と比べると地上波向けというか怖さが全然無いですね。あとのキャストはよく知りません。

「ブラックアウト」の原因についていろいろ伏線が張られたりはしているのだけど、「THE EVENT」や「フラッシュフォワード」みたいにどうにか1シーズン続いて、適当に謎が解決されて終わるような番組じゃないかなあ…。視聴率が低迷しているNBCに、こういう話がズルズル作品は向いてない気もするのだが。まあでも「LOST」ライクな番組ということで日本ではどこかの局がいずれ放送するのでは。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now