フォックスの新シリーズ。

シカゴの病院に務めるグレースは有能な外科医だったが、彼女は暗い秘密を抱えていた。ギャンブルにはまって多額の借金を抱えた弟を放免してもらう代わりに、彼女はマフィアの一味のために医療行為を行うことになったのだ。当初はケガしても病院に行けない構成員の治療などを行っていたのだが、ついには入院中の裁判の証人を殺すように命じられ…というようなプロット。

主人公のグレースを演じるのはジョルダーナ・スパイロ。って誰だ。若いわけでも美しいわけでもなく、うーんといった感じ。彼女の運命を握るマフィアの大物をウィリアム・フォーサイスが演じていて、まあビッグネームではあるのだが体型がもう緩みきっていて、全然凄みとかが感じられないのはどうかと。

そしてマフィアに従うことになったグレースはなんかオロオロしているだけ。気が強い女性だという描写はいくつもあるんだけど、じゃあ不遇な自分の運命をどう切り開いて行くのか、という決意のようなものが無いんだよな。その一方でマフィアとは関係ない病院の仕事でも患者を優先するあまりに上司にタテ突いたり、規程を無視したりして周囲に迷惑をかけまくっていたりする。マフィア絡みでは母親を危険にさらしたりしているし、主人公としてはどうも情けない。

どうも実話に基づいた暴露本をベースにしているらしく、ライフタイムあたりの2時間ドラマにしてたらコンパクトに収まったんだろうが、この設定でシリーズが続けられるとは思えんな。医療ドラマと犯罪ドラマをかけあわせたら、どっちつかずの凡作になってしまったという好例か。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now