ビデオ屋へ行く

家に掃除の人が来るということで朝早くに家を出て、近くのカフェでコーヒーを飲んだ後ダウンタウンに向かう。スパダイナ通りになかなかカルトな品揃えのビデオレンタル店があるので、会員になる。ラルフ・バクシのアニメとか「アルジェの戦い」とか「ウィズネイルと僕」とか、とにかく日本ではまずお目にかかれない作品がゴロゴロしている店なのだ。当然ながら「柳生一族の陰謀」とかも置いてあったりする。とりあえず日本で見逃した「アメリカン・スプレンダー」とイギリスの人気TVシリーズ「ドクター・フー」のDVDを借りてきた。

その後は近くのチャイナタウンのスーパーマーケットに言ってみる。入った途端に得体のしれない匂いが漂ってくる店なのだが、エビとかがえらく安い。ロブスターとかも生きたまま売られていたりして、品々を見てるだけでもなかなか楽しい。品名が中国語なので何なのかよく分からないことと、殆どが量り売りされているので安いんだか高いんだか分からないことが欠点か。「出前一丁」のエスニック版なども売ってた。

帰宅後は早速「ドクター・フー」を観る。一番有名な4代目ドクターではなく、俺が子供の頃観てた5代目のエピソード。今になって見返すとセットはチャチだし、役者はヘタだし、特殊効果もえらくショボいのだが、子供の頃は興奮しながら観てたんだよなあ。ドクターの仲間の少年が宿敵サイバーメンと戦って爆死するラストはとても衝撃的だった覚えがあるのだが、見返したらやっぱりショボかった。まあいい。

夜はまたフォックスチャンネルの「HOUSE」を観る。ヒュー・ローリー演じる主人公が笑えるくらいにイヤミな奴で面白い。あの毒々しさが理解できるかどうかが評価の分かれ目になるだろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now