テルマ&ルイーズの脚本家によるABCの新シリーズ。ロバート・アルトマンの同名映画とは関係ないよ。

カントリー歌手のレイナ・ジェイムスはナッシュビルのレコード・レーベルから出したアルバムがトリプル・プラチナムに輝くほどのスーパースターだったが、最近は時代の変化についていけずに人気も落ち目になり、ツアーのチケットを売るのにも苦労していた。そんな彼女に出された提案が、若手の人気シンガーであるジュリエット・バーンズとのジョイント・ツアーだった。ジュリエットは成功するためなら手段を選ばない少女であり、レイナのギタリストを引き抜こうと画策していた。その一方で地元の有力者であるレイナの父親は、さらに権力を手中にするためにレイナの夫を市長選へと立候補させる…というようなプロット。

カントリーミュージックの世界を舞台にしていることから、登場人物が歌うオリジナルの曲に加えてカントリーの名曲がふんだんに使用され、音楽をTボーン・バーネットが担当しているという豪華さ。歌を前面に押し出したドラマという点では「SMASH」に似てなくもないが、あっちよりもドラマと歌の融合がずっと自然で、バーでたまたま見かけた無名の歌手の才能に驚く、なんていうよくあるシーンもクサくならずに巧みな演出がされていた。

主人公のレイナを演じるのが「FRIDAY NIGHT LIGHTS」のコニー・ブリトンで、彼女の座を狙うジュリエットを演じるのがヘイデン・パネッティーア。パネッティーアっていかにも毛唐めいた反捕鯨運動とかやってて大嫌いなのですが、そのビッチそうな性格がビッチな役にずっぱりハマっていることは否めない。他にもパワーズ・ブースやエリック・クロースにロバート・ウィズダムといった役者が脇を固めているぞ。ちなみにみんな歌は自分で歌ってるんだろうか。

音楽業界の裏側とか政治とか男女関係といったドロドロしそうなネタを扱っているものの、観ててしんどくなるわけでもなく結構楽しめる出来になっている。あちらの批評家の評判も良いみたいだし、しばらくは続く番組になるんじゃないですかね?題材的に日本受けはしないかもしれないが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now