前回からちょうど2年たって行われた、コメディセントラルによる自閉症の子供たちのためのチャリティ・イベント第4弾。司会は毎度のごとくジョン・スチュワートで、大統領選に向けて「デイリーショー」も忙しいだろうに頑張ってるよね。

前回はロサンゼルスから生放送をやってたのに対して今回はニューヨークの「デイリーショー」のスタジオにセットを設置し、ビーコンシアターで行われたイベントの録画を流しながらライブで募金を募るという形式だった。ゲストは相変わらず豪華で、イベントに出たのがセス・ローゲンやスティーブン・コルベアー、ティナ・フェイにエイミー・ポーラーなどなど。そして募金の電話の対応をしたのがトム・ハンクスやジュリアン・ムーア、ポール・ラッド、ジミー・キメルなど。

今回のテーマは「敵同士も仲良くする」ということで、宿敵同士がチャリティのためにステージで共演するといったもの。保守論客のビル・オライリーがリベラル派のクリス・マシューズとヘリウムを吸ってカン高い声で討論したり、スティーブン・コルベアーと熊が一緒に登場したり、糖尿病にかかったシェフのポーラ・ディーンとバターが共演したり。ちなみにバターの中の人はケビン・ベーコンだった(下の動画)。

音楽のパフォーマンスも今回は多めで、カーリー・レイ・ジェプセンとハーヴェイ・カイテルがデュエットしたり、スティングが「ロクサーヌ」の替え歌を歌ったり。当日はトム・モレロとアカペラグループの共演もあったみたいだけど、番組からはカットされていた。ハイライトは自閉症の女の子が弾くピアノに合わせて歌うケイティ・ペリーで、スチュワートも感涙してました。

あとは恒例の芸能人オークションで、ティナ・フェイとエイミー・ポーラーと街に繰り出す権利とか、セス・ローゲンと一緒にトイレに行く権利とかがオークションにかけられてました。みんな2000ドルとかで落札してんだから金あるよなあ。アル・パチーノとクリスマスカードの写真を撮れる権利なんてのもあったが、パチーノが愛想悪すぎ。せっかく募金してもらったんだからもうちょっとサービスすればいいのに。

さすがに4回目ともなると進行とかもしっかりしてきていて、ライブのときに音声が聞きづらかった以外はとてもスムーズに物事が進んでましたかね。こうしてスターが協力して300万ドル以上の募金を集めたというのだから立派なことです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now