ネタバレにならないよう軽い感想をいくつか:

・純粋に楽しめる、とてもよくできた映画。前作のグデグデ感を捨てさり、スピーディでアクション感満載ながらも地に足のついた良質のサスペンス映画になっている。
・これは監督のサム・メンデスも認めてるけど、クリストファー・ノーランの「ダークナイト」の影響がかなり見て取れる。苦悩する主人公を手玉にとってあざ笑う悪役の姿はジョーカーそのまんま。
・つうかハビエル・バルデム演じる悪役の計画が緻密すぎる!まっとうに運行してるほうが珍しいロンドンの地下鉄のダイヤまで計算して計画を立ててるんですもの。ボンド映画の悪役はカタワ者、という政治的に正しくない伝統もちゃんと継承してたな。
・おねーちゃんがあまり出てこない、という批判は確かにその通りなのですが、「ダークナイト」同様に男同士の対決をみっちり描くためには女性を省くしかなかったんだろうな。
・作品の大きな特徴として「懐かしの面々」の復活がありまして、Qはおろか最後にはあんな人も出てきたりして、オールドファンには十分楽しめる内容じゃないでしょうか。またボンド映画に詳しくない人でも優れたアクション映画として楽しめると思う。
・あと作品の成功に大きな貢献をしてると思うのが、ロジャー・ディーキンスによるシネマトグラフィー。夕暮れから夜までの描写をあそこまで巧く撮れる人ってそんなにいないのでは。

というわけで十分に楽しめた作品。難があるとしたらアデルによる主題歌が前2作のものに比べて迫力に欠けることかな?また「カジノ・ロワイヤル」でボンド映画の原点回帰やって、早くも3作目で懐かしの面々を復活させるという、まるで平成版ゴジラのような道を辿っているわけですが、こうした回帰&復活はそう何度もできるわけではないので、今後もちゃんと物語を新鮮なものにしていけるのか、一抹の不安を抱かずにはいられないのです。いっそノーランに監督やってもらうとか…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now