1月から始まるNBCの新作ドラマ。でも内容はABCっぽいナイトタイムソープもの。

巨大な製薬会社の社長の娘であるヴィヴィアン・ボウワーズがオーバードーズによって死んだ姿で発見される。しかし他殺の可能性もあることと、以前より汚職の疑いでボウワーズ一家に目を付けていたFBIは、サンフランシスコ市警のジョアンナに、一家を探るように依頼する。ジョアンナの母親はかつてボウワーズ家の住み込みの召使いであり、ヴィヴィアンとジョアンナは幼なじみであったのだ。刑事であることを隠してボウワーズ家の面々と再会したジョアンナは家長のロバートに歓迎され、そのまま家に泊まるように誘われる。そしてヴィヴィアンの死をめぐる捜査にかかるジョアンナだったが、その裏には一家をめぐる大きな陰謀がうずまいていた…といようなプロット。

金持ちの大家族のドロドロとした人間関係に殺人事件のミステリーが絡んでくるあたりは、ABCの「リベンジ」に似てるんじゃないですかね。というか恐らくあの番組の成功を受けて作られたものかと。酒浸りで口うるさい母親とか、薬物に溺れがちのヤサ男とか、反抗的なティーンの娘など、登場人物はかなりありがちなタイプばかり。こういう人たちにジョアンナは翻弄されるわけですが、なんか彼女が部外者すぎるというか、家族に受け入れてもらえずただ突っ立ってるようなシーンが多くて、いまいち主人公らしさを感じられないんだよな。「リベンジ」ではもっと主人公の意図がもっと明確だったと思うんだけどね。

なおボウワーズ家の家長を演じるのが「エイリアス」のヴィクター・ガーバー。個人的にこの手のナイトタイムソープって好きではないのですが、「リベンジ」が予想外のヒットとなったように、これも話が進めば人気が出てくる可能性もあるかもしれない。でも黒人が主役なので、日本では残念ながら放送される機会は少ないかも。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now