HBOとBBCが共同製作したTVムービー。

アルフレッド・ヒッチコックと「鳥」の主演女優であるティッピ・ヘドレンの関係を描いたもので、撮影にあたり主役を探していたヒッチコックはTVコマーシャルに出ていたヘドレンが目にとまり、脚本家に反対されながらもモデル出身の彼女を「鳥」の主役に起用する。そして彼女を演出するうちにやがて性的な関係を迫るようになり、ヘドレンはこれを拒絶。これに対してヒッチコックは彼女を屈服させるため、生きた鳥に襲われる過酷なシーンを5日間にわたり彼女に演じさせるのだった…というようなプロット。

ヒッチコックを演じるのがトビー・ジョーンズで、見事な小太りメークをして冷徹ながらも色欲を垣間見せる不気味なヒッチコックを好演しているぞ。それに反発するヘドレンを演じるのがシエナ・ミラーなんだけど、こちらはずっと仏頂面であまり面白くない。ヒッチコックに耐えつつも屈服しない芯の強い女性を演じてるはずなんだが、どうも演技が堅いんだよな。そのふたりの関係に気づきつつも何もできないヒッチコックの妻を演じるのがイメルダ・スタウントン。

いちおう関係者の話をあつめて事実に基づいた内容になってるらしいが、キム・ノヴァクなど他の関係者からはヒッチコックの描写とかについてクレームがあがったらしい。まあ多分に脚色されてても内容が面白ければいいのですが、全体的に凡庸なメロドラマになってしまっているのが残念。主役ふたりの心理戦みたいなものをもっと掘り下げるべきだったのに、どうも人物の描写が薄っぺらいような。HBOってもっと凝ったTVムービーが撮れると思っていたんだがなあ。

奇しくも今年はアンソニー・ホプキンスもヒッチコックを別の映画で演じていて、トビー・ジョーンズのほうが良いという声も聞かなくはないのですが、肝心の内容がイマイチなため彼の熱演が空回りしているような作品。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now