かの知られざる傑作「BRICK‐ブリック‐」のライアン・ジョンソンとジョセフ・ゴードン=レヴィットが再び組んだSFアクション。

既に日本の公式サイトがあるのでストーリーはそちらを参照してください。30年後の未来の犯罪組織から送られてくる邪魔者を始末する仕事を受けていた主人公が、未来の自分を始末する羽目になり…といったプロットです。ちょっと理解するのに時間がかかったんだが、舞台は現在とその30年後、ではなく2044年と2074年になるのですね。2044年の光景が現在とあまり変わらないんで少し困惑してしまったよ。

主役のゴードン=レヴィットの30年後の姿を演じるのがブルース・ウィリスで、他にもポール・ダノやエミリー・ブラント、ジェフ・ダニエルスなど豪華なキャストが脇を固めている。ウィリスに似せるためにゴードン=レヴィットは特殊メークをしてるのだが、おかげでいつもと違った顔つきになってしまい少し不気味であった。それでもあの顔がああなるのは結構無理があるような。

ブルース・ウィリスのタイムトラベルものという意味では「12モンキーズ」に似てるかな。「ガタカ」みたいな知的なSFものが好きな人にも受けるかと。タイムトラベルのシーンには、あの時間軸重なりまくりのカルト映画「プライマー」のシェーン・カルースが関わってるらしいんだけど、殆どそんなシーンは無かったような…?撮影はルイジアナと上海で行われていて、中国の配給会社が金を出してくれたので上海で撮影できたらしい。今後も中国資本をバックにした中国での撮影が増えてくるのかなあ。

タイムトラベルもの映画の常として、いろいろツッコミ入れたいところはあるのですが、あまり深く考えずに観れば楽しめる作品かと。ただアクションに重きを置きすぎて、アイデアが少し軽めになっている感は否めない。「ブリック」はハードボイルドのガムシューものを高校でやってしまったアイデアが斬新だったが、こちらはあくまでもよく出来たSF作品、といった感じ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now