「LAWLESS」鑑賞


日本では「欲望のバージニア」というアレな題名で6月に公開されるそうで。ニック・ケイヴ師匠とジョン・ヒルコートが「プロポジション 血の誓約」に続いてタッグを組んだ作品で、実在した3兄弟に関する小説を映画化したもの。

舞台となるのは1931年のヴァージニアの片田舎。禁酒法の時代にハワードとフォレストとジャックの3兄弟は密造酒を作って荒稼ぎをし、地元の警察も彼らのことを見過ごしていた。しかしシカゴから派遣された敏腕刑事とその上司の検事が利益の分け前を要求したのに対して3兄弟はこれを拒絶。こうして刑事と3兄弟による、血で血を洗う抗争が幕を開けるのだった…というようなプロット。

出演はシャイア・ラブーフにトム・ハーディ、ガイ・ピアース、ジェシカ・チャステイン、ミア・ワシコウスカ、ゲイリー・オールドマンなどといった豪華な面々が勢揃い。しかし登場人物それぞれに時間を割いているために、話が散漫なものになってしまったのが残念。女性2人とのロマンスの話はどちらか1つに絞ってもよかったのでは。オールドマン演じるギャングスターなんて途中でどこかに行ってしまうんですもの。抗争とロマンスとその他の話がが詰め込まれ、大きな盛り上がりに欠けるためにTVシリーズのダイジェスト版を観てるような気になってくるのは否めない。もっと贅肉を落として抗争に焦点をあてるべきだったのでは。

あとやはり主人公を演じるラブーフが徹底的にカリスマ不足で、話を通じて人間的に成長せず、最初から最後まで若気の至りで暴走して周囲に迷惑をかけまくってるのはどうも不快。なんでこんな役者がスター扱いされてるんだか。そんな彼をボコボコにする刑事をガイ・ピアースが演じていて、しゃれたスーツを着こなして香水をつけてるようなマンガチックなキャラクターなのだが、いちばん目立ってておいしい役ではないかと。3兄弟の長男を演じるジェイソン・クラークもぶっとんだキャラを演じていて面白いんだけど、カーディガン着てブツブツ言うトム・ハーディの影に隠れてしまっているのが勿体ないところ。

主人公のナレーションとか、ケイヴたちによる挿入歌(「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」は2バージョンも使われている)なども用いられ、「プロポジション」に比べるとずいぶんメインストリーム寄りの映画という感じがするのですが、個人的にはもっと幻想的だった前作のほうが好きだな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now