最近はネットフリックスの「House of Cards」をはじめ、ビデオ・オン・デマンドのサービスがオリジナル・シリーズの製作に積極的に乗り出すようになってきていて、時代は変わったなあという感じ。ちょっと前まではオンデマンドってブラウザ上で短いクリップ番組を流すくらいだったものね。

そして米アマゾンのオンデマンドのサービスであるアマゾン・インスタント・ビデオも新たにパイロット番組を14本(キッズ向け6本・コメディ8本)製作し、そのなかで評判の良いものをシリーズ化することにしたそうな。これはそのうちの1つで、他にも「オニオン」のスタッフによる「ニュースルーム」のパロディ番組などもあるぞ。日本でも普通に視聴可能みたい。

そしてこれは名前のごとく「ゾンビランド」のシリーズ版でして、映画の続編などではなくキャストを一新した別物といったところか。出身地の名前で呼ばれる4人の男女がゾンビ襲来後のアメリカをウロウロする設定は映画版と同じで、あちらよりもコメディにさらに比重がおかれた内容になっている。

キャストはみんな無名の俳優ばかりだが、映画板でウディ・ハレルソンが演じたタラハシーはタフガイというよりもスラッカーといった感じ。あとの3人はあまり映画版とキャラが変わらないかな。例の「ゾンビから生き抜くための32のルール」も出てきていた。

舞台はゾンビ襲来から2ヶ月後の世界という設定らしいが、車は普通に使えるし電気もあるようだし、人もそこそこ生き残っていて緊迫感などはなし。車のラジオ(?)を通じて連絡してくるデトロイトという女性の案内をもとに4人がほかの生存者を捜していくという内容なのだが、せっかく生存者に会ってもすぐにゾンビにやられてしまう、という展開が繰り返されるだけでした。1話だけならまだしも、これを毎回やるとしたら相当しんどいな。

アマゾンの他の作品よりも知名度は圧倒的にあるのでシリーズ化されるかもしれないけど、今後の内容の大きな向上に期待したいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now