こないだアメリカで観てきてしまったのだよ。ネタバレにならない範囲で感想をいくつか:

・例によってJJエイブラムスの「宿題きちんとやりました」的な作品。でもまあ最初から最後までアクションの連続で、観てて飽きさせない内容になっていることは評価しておく。深いテーマも無くアクションに頼っているのを批判する人もいるようだけど、STは映画版はいつもそんな調子だったので大目に見よう。

・3Dは毎度ながら意味無し。しかし3Dで浮かぶレンズフレアだけはうざい。あれ本当にうざい。

・ストーリーは過去の劇場版のオマージュというかアレンジなので、あれを観てないと十分に楽しめないかも。

・ノエル・クラークは完全なカメオ出演。セリフもろくに無かったような。ブルース・グリーンウッドもチョイ役。

・アントン・イェルチンもあまり見せ場がないが、俺あいつ嫌いだからいいや。代わりにサイモン・ペグ演じるスコッティが大活躍!

・ジョン・チョウはジョージ・タケイの話し方を真似てるんだが、似合ってないよな。

・スポック、そいつに頼るなよ。

・クリンゴンは別に出さなくても良かったんじゃね?

・セクション31について言及されていた?

・宇宙大作戦のくせに地球とその周辺での展開に終始して、あまりセンス・オブ・ワンダーが感じられないのはちょっとね。というか宇宙艦隊の地球防衛網はザルか?DS9で地球が攻撃されたときはもっと立派に防衛してたぞ。

・最後にネタバレをひとつ。リンク先は音が出るよ。

前作では時間改変までやって過去と決別したかと思いきや、過去作の焼き直しになってしまっているのはどうなんだろうね。そりゃオールドファンは嬉しいだろうけどさ、まさか次回作ではタイムトラベルしてクジラを救ったりはしないだろうな?

まあでもこれでエイブラムスはSTと手を切るだろうから、あとはジョー・ジョンストンとかブラッド・バードみたいな冒険活劇を撮れる人が監督をすると面白いんじゃないだろうか。個人的にはやはりTVシリーズ化してくれると嬉しいんだけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now