先月はじまったフォックスのシットコム。クリエーターは「ママと恋に落ちるまで」の人たち。この時期に始まることに加え、パイロット版からキャストが交代したり、製作本数が13話から7話に削られたあたりは死亡フラグ立ちまくりなのですが、俺はそこそこ面白いと思ったのでちょっと紹介します。

主人公となるのは、金持ちのベンジャミン・グッドウィンの3人の子供たち。長兄のヘンリーは才能のある医者で、長女のクロエは幼い頃は天才だったものの今は売れない女優見習い。そして次男のジミーは刑務所への出入りを繰り返していて、娘にまで愛想をつかされているボンクラ。

そんな彼らはお互いに、そして父親とも長らく疎遠になっていたが、ある日突然ベンジャミンがぽっくりと他界してしまったために故郷で久々に顔を合わせることになる。そして父親が2300万ドルもの遺産を残していることに驚愕し、歓喜する3人。しかしベンジャミンは遺言のビデオメッセージを山ほど残しており、遺産の相続条件を明確にしていた:子供たち3人は彼の指定するゲームで競いあい、最後に勝ったものだけが遺産を手にすることができるというのだ。そして最初に与えられたゲームはトリビアル・パスート。単に雑学の知識を競い合うのかと思いきや、カードに書かれた質問はすべて子供たちの幼少時代にまつわる質問であった。つまりベンジャミンはゲームを通じて子供たちに愛情を伝えようとしたのだ。そのことにちょっと感動しながらも、3人は遺産獲得のためにゲームを続けることになり…というプロット。

頭のネジの緩んだ親父のもとで育った子供たち、という設定は「アレステッド・ディベロップメント」に似てるところがあると思うんだけど、あそこまでの人気作にはならないだろうな。主人公の子供たち3人を演じる役者はあまりよく知らないけど(ジミーー役のTJ・ミラーって名前は聞いたことがあるな)、ベンジャミンをボー・ブリッジズが演じ、ビデオ越しでの子供たちとのやりとりを見せてくれる。

ちょっとホロリとさせるところもあり、個人的には結構楽しめたんだけどね。やはり打ち切りは確実でしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now