comics-nemo-river-of-ghosts
アラン・ムーア&ケヴィン・オニールの『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』外伝第3巻にして「ネモ」シリーズの最終章。いちおうネタバレ注意。

舞台は1975年。女海賊として恐れられたジャンニ・ダカールも年齢には勝てず、耄碌して過去の父親や夫たちの幻影を目にしているのではないかと周囲には疑われていた。そんななか、彼女が前巻で壊滅させたトメニア(いわゆるナチスドイツな)の残党たちが南米に潜んでおり、さらには彼女が殺したはずの女王アッシャが目撃されたとの話を聞いた彼女は、娘の警告も聞かずに部下たちを連れて漆黒のノーチラス号を駆り、アマゾンの密林の奥へと向かうが、そこで彼女が目にしたものは…という展開。

今回は南米が舞台ということで、アマゾンの半魚人!失われた世界!ブラジルから来た少年!などといった南米ネタが盛り込まれています。あとは「ステップフォードの妻たち」とか。ヴィンセント・プライス主演のコメディ映画なども元ネタになってるようで。そこらへんは例によってジェス・ネヴィンズ氏が注釈用のウェブサイトをつくっていろいろ説明してくれています。

ジャンニ側の新キャラとしてはヒューゴー・ヘラクレスという怪力キャラが登場して、なんか20世紀初頭に新聞で5ヶ月だけ連載されてたという超マイナーなキャラクターらしいのですが、英「ダンディ」誌のデスパレート・ダンの父親であることが示唆されてたりして、ムーアは相変わらず人のオモチャでいろいろ遊んでんなあと。ただしヒューゴー・ヘラクレスがチート的に強すぎるのと、主人公たちが奇襲をかける側であるため、話のスリルは前巻ほどではないかな。

あとは前巻同様に女性たちの戦いが強調されていて、「1910」で始まったジャンニの激動の物語はこれで幕を閉じることになる。また「2009」に登場したジャンニの孫の生い立ちも語られています。

なお「リーグ」の話はこれで終ったわけではなく、また新しい話が始まることをムーアがインタビューで語っていたような。外伝ではなく「ボリューム4」になるのかな?舞台がいつで、誰が主人公になるのかも全く分からないけど、コンスタントに面白い作品なのでまた近いうちに新刊がでることに期待したいところです。

2541527-milestone_2
久しぶりにアメコミの話をば。

今週のワシントン・ポスト紙に「マイルストーン・メディアが再び活動するよ」みたいな記事が載っていて、アメコミ業界でちょっと話題になったわけですが、このマイルストーン・メディア(別名マイルストーン・コミックス)というのは1993年に立ち上げられたアメコミの出版社でして、当時のアメコミ業界ってかなりバブルだったものですから、イメージ・コミックスを筆頭に、ヴァリアント・コミックスとかダークホース・コミックスが次々とスーパーヒーローもののコミックを打ち出し、独自のユニバースを構築していたわけですな。

そしてマイルストーンもそんな新興出版社の1つだったわけですが、彼らの特色は黒人のクリエーターたちが集まって「有色人種のスーパーヒーローたち」を創造したことで、よって各タイトルの主役はみんな黒人。スーパーマンのアナローグであるアイコンや、アイアンマンに似たハードウェア、スーパーパワーを持ったギャングであるブラッド・シンジケート、電気を自在に操る少年のスタティックを主役とした4つのタイトルが創刊され、あとからアジア人が主役でアラン・ムーア御大も褒めたという「XOMBI」や白人が主役の「コバルト」などが加わわり、架空の都市「ダコタ」(実在のダコタとは異なる)を舞台にストーリーを展開していったんだよな。
bsyndicate2
登場人物の肌の色を的確に表現するために独自のカラーリング方法を起用し、現実の黒人社会の犯罪問題などを反映させた内容は、「Grim and Gritty」と呼ばれる暗くて暴力的なヒーローたちが「リアル」な存在として流行っていた当時においてはちょっと異質で、個人的には好きだったのです(もちろんマイルストーンの作品もGrim and Grittyの影響を多分に受けているのだが)。

中でも俺の好みは「スタティック」で、スタティックことヴァージル少年は内気ながらも気のいい少年で、パブリック・エネミーとかが好きで、白人(ユダヤ系)のガールフレンドがいて、普通のティーンの目線で街のチンピラたちと戦っていく姿がとても斬新だったわけですね。それまでのティーンのヒーローって、大人のヒーローに鍛えられたエリートみたいな連中が殆どだったから。
static
今となっては意外に聞こえるかもしれないが、90年代のアメコミってまだまだ保守的なところがあって、マーベルのノーススターが92年にゲイであることを「カミングアウト」してものすごい論議が巻き起こったりしてたわけなんですね。そんななかで白人のガールフレンドがいる黒人とか、ゲイのキャラクター(ブラッド・シンジケートに一人いた)とかを登場させたマイルストーンって、他社の暴力的なヒーローよりもずっと革新的だったと思う。

またジョン・ポール・レオンやハンベルト・ラモス、JH・ウィリアムス3世といった現在でも活躍してるアーティストが、まだ新人のときにマイルストーンの作品を担当していたことも特筆されるべきだろう。

ただしそのコンセプトゆえか、あるいはDCコミックス(当時は古くさい会社という印象を持たれていた)に販売委託をしていたせいか、他社の派手な作品に比べると業界紙とかでの扱いも低かったような気がする。そしてDCユニバースとのクロスオーバー・イベントも行なわれたものの人気はぱっとせず、アメコミ業界のバブルの収縮にともなって、他社と同じように3〜4年ですべてのタイトルは打ち切りとなってしまった。日本でも「あんなの映画『マルコムX』に便乗してるだけでしょ」なんて言った奴もいたな。

でもキャラクターの権利の管理はちゃんと行なわれていて、「スタティック」は「スタティック・ショック」という名前でアニメ化されたし、2000年代後半にはDCユニバースに吸収される形でキャラクターが「ティーン・タイタンズ」なんかに登場したんだよな。フレイザー・アーイングがアートを担当した2011年の「XOMBI」なんて本当に面白い作品だったのに、DCがろくにサポートしなかったせいか6話で打ち切られたのが残念。
xombi2panel1
そして冒頭の記事に戻りますと、マイルストーンの創設者であるレジー・ハドリン(「ジャンゴ 繋がれざる者」のプロデューサーな)やデニス・コーワンなんかが集まって、またマイルストーンのキャラクターたちを復活させようね、と話し合ったというもの。まだ具体的な作品などが発表されてないので何とも言えないが、今年のコミコンで発表があるのかな?

過去のスタッフではアニメの脚本とかも書いててキャリア的に絶好調だったドウェイン・マクダフィーや、「スタティック」のライターだったロバート・ワシントン3世が数年前に若くして亡くなっているのが惜しまれるが、90年代に比べるとアメコミの世界はずっと多様性が広がっていて、いろんな人種やセクシャリティや宗教のキャラクターが活躍しているわけですね(売れ行きが苦戦したのもあるけど)。そういう意味ではいまマイルストーンが復活すればより多くの読者を獲得できるのではないかと、往年のファンとしては期待してしまうのです。


AVクラブ」で知ったネタですが、イングマール・ベルイマン風の「ザ・フラッシュ」だそうな。くだらんと思いつつも笑ってしまった。

作者はパトリック・ウィレムスとかいう映像作家みたい。でも残り1分の自己宣伝はいらんだろ。

なお「ザ・フラッシュ」は秋に始まるThe CWのシリーズのやつも結構面白いですよ。


Syfyチャンネルのオリジナルシリーズ…と銘打ってるけどフランスでは2012年に放送されてんのね。

日本でもちょっと前までは洋書屋で売ってた「Heavy Metal」というSFコミックのアンソロジー誌がありまして、その元は「メタル・ユルラン(叫ぶ鉄)」というフランスのバンドデシネ雑誌であるわけですね。「ユルラン」では故メビウスやリチャード・コーベンといったアーティストたちがイマジネーションの限りを尽くした荘厳なSFコミックを描いていたわけだが、それらのストーリーをアンソロジー形式で映像化したのがこのシリーズ。劇中では「メタル・ハーラント」と発音してるけど、アメリカ人の視聴者に分かるのかそんな言葉。しかし「Heavy Metal Chronicles」という名前ではやはり音楽ドキュメンタリーだと誤解されると懸念されたんだろうか。

第1話はリチャード・コーベンがアートを担当したコミックが原作で、死にかけている暴君の王の後任の座を狙って戦う剣闘士たちの物語。中世のようでロボットが飛び交うエキゾチックな世界設定になっているのだが、やはりコーベンの筋骨モリモリな男女が出てくるアートに比べると映像がショボすぎることは否めない。30分という尺なのでサクっと観られるけどバッドな終わりかたをしてまして、毎回こういう展開だと辛いものがあるのではないかと。

なおフランスとベルギーの合作番組ながら出演者のセリフはみんな英語で、ブラック・ダイナマイトことマイケル・ジェイ・ホワイトなんかが出演していた。剣闘のアクションなんかはスローモーションばかり使っててお世辞にも見事なものではないが、彼が素手で戦うところだけはやはり切れのいい動きをしていましたね。後の話ではミシェル・ライアンとかルトガー・ハウアーなんかも出演しているらしい。

フランスで2012年に6話だけ放送されただけらしく、まあ続きは作られないだろうな。「Heavy Metal」の映像化に興味がある人は、こっちよりもアニメ映画版を観ることをお勧めします。


アメリカの新聞に掲載されているコミック(横長の型式なのでコミック・ストリップという)についてのドキュメンタリー。

まずはコミックの歴史の説明から始まり、まだテレビやラジオが必ずしもポピュラーでなかった時代の大衆に娯楽を与えるものとしてコミックは大きな人気を誇り、ルーブ・ゴールドバーグやウィンザー・マッケイなどの作品が子供も大人も楽しませていたことが説明される。ミルトン・カニフがセレブのように扱われてたなんて今となっては信じられないような話ですな。

ご存知のようにアメリカでは日本のような全国紙はなく、それぞれの年において幾つもの新聞が発行されていたわけですが、それらにコミックを提供していたのがシンジケーションと呼ばれる配給会社で、彼らが良いと思ったコミックを作家から受け取り、各新聞に販売する仕組みであったわけです。よって作家たちはそれぞれの新聞と交渉するような必用はなく、シンジケーションに作品を売り込めばよかったわけで、作品が起用されたときは天にも昇る気持ちになったらしい。

その一方で作家たちは毎日のように作品を生み出し続けなければならず、ろくに休暇もとれない日々が何年も続くことが語られるわけだが、そうした創作の流れについて数多くの作家たちにインタビューが行なわれており、大御所では「ビートル・ベイリー」のモート・ウォーカーや「ジッピー」のビル・グリフィス、「ガーフィールド」のジム・デイビスあたりから、後述するウェブコミックの若手、あるいは「BONE」のジェフ・スミスのような非ストリップのコミック作家などが登場する。またメディア嫌いで隠遁生活をしていることで知られている「カルビン&ホブス」のビル・ワターソンがはじめて音声インタビューに応じていた(上のイラストも彼によるもの)。観ていて気づいたけど、ストリップの作家って女性も多いよね。いわゆるスーパーヒーローもののアーティストに女性が殆どいないけど、新聞のコミックは女性の読者にもアピールする必用があったためなんだろう。

しかしこれらの新聞コミックって、インディペンデント・コミックと同様に90年代くらいまでの日本ではものすごく情報が得られなかったものであり、せいぜい「ピーナッツ」や「ブロンディ」といった老舗の作品くらいが邦訳されていたような?おかげで自分の知識もこれらに関してはかなり限られており、世の中にはさまざまなコミック・ストリップがあるのだと実感した世代です。いまでは米ヤフーなどで気軽にチェックできるわけで、もっと勉強しないといかんな。なお上記のように多くの作品が紹介されている一方で、俺のお気に入りである「クレイジー・カット」や「ドゥーンズベリー」「THE FAR SIDE」「LIO」などはあまり紹介されておりませんでした。

こうして20世紀は栄華を誇ったコミック・ストリップだったが、新聞の発行数の減少にあわせてその影響力を失っていく。かつてはどの都市にも発行部数でしのぎを削る大新聞が2つ以上あり、そのどれかにシンジケーションが作品を売れば十分だったものの、新聞は相次いで廃止に追い込まれるか、コスト削減のためにコミックのページを無くしたりしていってしまう。

それに対して台頭してきたのが「Penny Arcade」や「PVP」、「Hark, A Vagrant」といったウェブコミックであった。これらの作家たちはシンジケーションに作品を売り込む必用もなく、ただ自分の作品をウェブにアップすることでファンを獲得して収入を得ることができ、作品の著作権についてシンジケーションと揉めるようなこともなかったのである(ただしドットバブルのときにはポータルサイトとPenny Arcadeのあいだで一悶着あったらしい)。古参の作家たちからはシンジケーションに比べてウェブコミックの収入が少ないことを懸念するような声も出るものの、このドキュメンタリーではウェブコミックの可能性について多くの時間が割かれ、スコット・マクラウドなんかも登場してウェブコミックについて力説していた。

ただしウェブコミックの収入の8割近くはコミックそのものでなくマーチャンダイズによるものだし、ファンからの寄付などでは収入が不安定なため、より確固としたビジネスモデルを模索してマネタイズを図っていく必要性も語られていた。ここらへん新聞紙のころは作家はシンジケーションだけを相手にしていればよかったのに対し、ウェブでは自分たちでビジネス面も把握しないといけないのが対照的だな。エンドクレジットでは登場した作家のウェブサイトが紹介されるのだけど、一人残らずなんらかのサイトを持っているのが印象的であった。

そして今後もし新聞などが無くなっても、コミックは何らかの形で残っていくでしょ、と意外なくらいにポジティブなメッセージをもってこのドキュメンタリーは終わる。確かに人間がマンガを描かなくなる日はこないだろうけど、DCコミックスやマーヴェルの人間だったら、ここまで楽観的なコメントはできないだろうなあ。これって気軽にサクッと読めるストリップの型式が、ウェブに合っているということで楽観的になれるのだろうか。

弱冠の専門知識が必用とされるので万人向けではないものの、コミック・ストリップの状況や将来を分かりやすく説明した良作のドキュメンタリーであった。おすすめ。