単価が安いせいか、Leopardのときほど電気屋も積極的には宣伝してなかったような。Tシャツなどの特典もなかったし。

とりあえず今日は現行システムのバックアップをとって、明日インストールします。

え、28日?週末はこれでいろいろ遊べるかも。

Leopardのときは池袋のヨドバシカメラビックカメラで買ったらTシャツもらったけど、今回は定価が安いので特典はないかな。

ラップトップのアップデートとかはあまり興味ないのですが、Snow LeopardってLeopardからのアップデートだと29ドルで済むの?ちょっと懐に嬉しいかも。

あと方向オンチの俺としては新iPhoneにあるコンパス機能が結構羨ましいのです。

こないだ自分のマックのOSを10.5.7にアップグレードしたら、バッファロー社製外付けHDDが認識不可なんて不具合があることを身をもって知る羽目に。OSXって10.4.10あたりから外付けHDとの相性が悪くなったような気がするけど、今回みたいにまったく認識しなくなる例は初めてだぞ。

仕方ないんでマックを月初に買い替えた頃のデータを復旧させることにしたんだが、こないだは旧マシンからのデータ移行をTime Machine経由で行ったら、そのあとTime Machineのバックアップが旧マシンと新マシンを別物として認識するようになったため(ディスクの容量が単純に倍必要になる)、今回は移行アシスタント経由で旧マシンからのデータを移行させてみたんだけど、Time Machineは相変わらず別のバックアップをとろうとするばかりか特定のアプリケーションが起動しなくなるという謎の現象が起きたため、しょうがないから再度Time Machine経由でデータを復旧させることに。こんなことやってて半日がつぶれたぞ。

というわけで何かしらの対策が打ち出されない限り、10.5.7にはアップデートしないほうがいいかもしれない。あと新マシンになってHDの容量が増えたのはいいんだけど、それに比例してバックアップ用のディスクも大容量のものを用意しなければならないわけで、相変わらず変なところで出費が重なるんだよなあ。

「もうちょっとで雪豹が出るよ!」とか「もう数万円でiMacが買えるよ!」という頭の声を無視して先日注文したものが到着。さすがに今日の朝に”Apple to Introduce Cheaper Macs?”という記事を読んだときはちょっとガックリきたが。

まだ箱から出しただけで接続とかしてないけど、やはりFirewire800って400のケーブルは使えないのか!ユーザーデータの移行はどうしよう。TimeMachine経由でやればいいのかな。まあ連休中にいろいろ使い倒してみます。

ちなみに俺がいま使っている、3年前のモデルのMac miniって誰か欲しい人います?