「BRIGHTBURN」鑑賞

ジェームズ・ガンがプロデュースしたSFホラー。脚本がガンの従兄弟ふたりで、監督も「ガーディアンズ」にチョイ役で出演した人という、ジェームズ・ガン人脈で作られた小品になっている。日本では映画配給に乗り出した楽天が公開するらしいですが、いつになることやら。以降は思いっきりネタバレしてるので注意。

プロットは、まあ予告編見ればわかるのですが、一行で説明すると:

もしスーパーマンが悪人だったら?

というもの。カンサスの農家に赤ん坊を乗せた宇宙船が墜落し、ちょうど子供を欲しがっていた農家の夫妻がそのまま赤ん坊を養子として育てることに。ブランドンと名付けられた少年は、しかし12歳になると超人的な能力を見せつけるようになり、それと同時に奇怪な言動をとるようになり、周囲の人々を不安がらせるようになる…というのがおおまかなあらすじ。

ブランドンの能力は怪力・飛行・ヒートビジョンといったところで、スーパーマンそのまんま。あとちょっと電気器具を操れるみたい。赤ん坊のときに乗ってきた宇宙船が納屋に隠されているところなんかも、明らかにスーパーマンを意識してますな。DCコミックスにキャラクター使用料を払ったほうがいいレベル。まあドリームワークスの「メガマインド」も設定が似てましたが。

ブランドンを育てた夫妻はいい人たちであるものの、悲しいことにブランドン君はそんな両親の愛情を無下にしてヒネくれたクソガキとなり、変なエリート思想を抱いて自分の気に食わない連中を痛い目に遭わせていく。12歳ということで日本の中学二年生より年下だが、言動はいわゆる中二病そのものでして、クラスメートの女の子にストーカー行為をしたり、「ブランドンマーク」を考案して事件の現場に残していくものだから、周囲にすぐ疑われてやんの。

予告編を見れば話の内容が大体わかってしまうから、最初の30分くらいは話の展開が読めるので結構しんどい。後半になってからもブランドンが悪に目覚めて暴走する展開はかなり想定通りというか。終わり方がちょっと意外だったのと、エンドクレジット中の映像でかなり強烈なネタをかましてくる(左下のキャラクターに注目)ところは面白かったけど。

劇中にノートパソコンと携帯電話がちょっと登場するほかは、田舎が舞台ということもあり全体的にレトロな感じがあって、「オーメン」みたいな70年代のホラーっぽい雰囲気もあったかな。それなりにグロ描写もあるし。

「マン・オブ・スティール」はスーパーマンの宇宙人としての側面を強く描いていたけど、こちらはそれにホラーの要素を加えたもの。あまり怖くないけど。いかんせん脚本が稚拙で、それこそ中学二年生が考えたような内容の映画でした。このままDCユニバースの映画とクロスオーバーとかしたら非常に面白いのでしょうが、まあ有り得ないでしょうね。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」鑑賞

公開中なので感想をざっくりと。ネタバレ注意。

  • ブラッド・ピット主演というわけではないが、タランティーノ作品としては雰囲気的には「イングロリアス・バスターズ」に似ていた。あっちはタランティーノの戦争映画の趣味が詰め込まれていたのに対し、こっちは60年代のエクスプロイテーション映画とかマカロニ・ウェスタンの趣味が詰め込まれているというか。
  • 「バスターズ」ではヒットラーが歴史改変の憂き目に遭っていたので、こっちもそんなオチになるんじゃね?と思ってたら本当にそうだった。よってラストの展開はそんなに驚きはなし。
  • あとブラピのキャラがブルース・リーと戦う展開も、リーの娘がクレームを入れたことで結果を知ってしまったので、意外性はなし。
  • というわけで話の展開がなんとなく分かっていたし、そもそもの脚本がファーストアクトにセカンドアクトにサードアクトときっちり組まれているような構成ではないし、ただ当時のハリウッドの雰囲気を眺めるような、そんな内容になっていた。
  • つまりタランティーノの趣味の世界に2時間以上も付き合わされるわけだが、いろいろ小ネタは多いし、ブラピの車の飛ばし方とかに爽快感があるので、観ていて飽きることはない。尺が短く感じられたな。
  • 小ネタといえばラジオのニュースとかもいろいろ言ってるのだけど、日本語字幕がさすがに追えていなかったのが残念。
  • タランティーノ映画の常連も「ザ・ギャング」としてたくさん出てきて、シーンがカットされたティム・ロスまでもがクレジットされてて、なんかタランティーノの集大成みたいでしたな。
  • 常連以外でいうと、ダミアン・ルイスのマックイーンが微妙に似てなくていい感じ。ティモシー・オリファントの役って実在した役者なんすね。エミール・ハーシュは暴行事件でホサれたかと思ってたがバリバリ出演してるな。
  • 観た後に心に何か残るのか、というと何も残らない作品かもしれないけど、観ていて普通に楽しめるものでした。タランティーノはこのまま60年代のノリで「スター・トレック」撮ってしまえば良いのでは。

良い評判を聞いていた低予算映画。ヘンリー・ダナムなる人の初監督・脚本作品らしい。

アメリカのとある片田舎の夜。その土地の民兵組織のメンバーであるギャノンは、警察無線を聞いているうちに何者かが警察官の葬式において銃を乱射し、逃走していることを知る。自分たちの組織にあらぬ疑いが向けられることを危惧したギャノンは、組織のほかの6人のメンバーたちとアジトに集結する。そこでしばらく潜んでいようという計画だったが、保管していた銃が1つ無くなっていることが発覚し、彼らの中に銃撃犯がいる疑いが出てきてしまう。メンバーのうち誰が犯人であるかを突き止めるため、元警官でもあるギャノンは調査を始めるのだが…というあらすじ。

舞台は夜のアジトだけで、女性も一切登場しないまま、ムサい男たちの腹の探り合いが繰り広げられる密室劇になっている。メンバーにはそれぞれアリバイがあり、彼らに対してギャノンが尋問をしていくのだが、メンバーのひとり(ギャノンのブラザーらしいのだが、実際の兄弟なのかはいまいち不明)は実は覆面警察官であり、ギャノンもそのことを知っていて、彼には他のメンバーから危害が加えられないよう苦心するというのが話にヒネリを加えている。

閉じこもった状況のなかで緊迫した状況が続き、外部の様子は警察無線を傍受することによってのみ知る、という展開はゾンビ映画に通じるものがあるな。最後のオチは、あとになって考えるとなんかしっくりこないところもあるけど、まあいいでしょう。

ギャノンを演じるのがジェームズ・バッジ・デールで、あとはパトリック・フィッシュラーとかクリス・マルケイなんかが出ています。デビュー作としてはどことなく設定が似てる「パルプ・フィクション」ほどに洗練された出来ではないけど、悪い作品ではないので、今後もこの監督のことはどこかで目にしていくんじゃないだろうか。

公開中なので感想をさらりと。とはいえヴィランに言及しないといけないので以下はネタバレあり。

  • 前作では6人いた脚本家が2人になった一方で、全体的にストーリーが散漫になった印象あり。ヨーロッパ各地をまわる設定のため、イベント→休憩→イベントといった流れになっているためか。
  • とはいえピーターたち一行が旅行を楽しんでいる(?)のを眺めるのはそれはそれで面白いわけで。ただ大作映画というよりもTVシリーズみたいな展開だな、と感じました。
  • 「アメイジング〜」のときもそうだったけど、ロマンスの部分になるとスパイダーマンってやはり良いですね。若者がドキドキしてるところがうまく表現されているというか。ここは他のMCU映画にない、スパイダーマン特有の強みじゃないだろうか。
  • その一方で敵役がちょっとなあ。ヴィラン自体はリー&ディトコのキャラクターのなかでもその独創的なデザインが好きだし、彼なりの特徴ある戦い方などはうまく描けてると思うのですよ。ただエレメンタルズという相手がアベンジャーズ的というか、路上で戦うスパイダーマン向きではないというか。もうちょっとマンツーマンで戦うようなシーンが欲しかったな。
  • キャストは2作目(あるいはそれ以上)ということもあり、みんな小慣れててよかったのでは。個人的にはベティ・ブラントが前作以上に出てたのが良かった。最後の最後にはあのお方が復帰されて、やはり「アメイジング〜」に欠けてたのは彼だよね〜。
  • とはいえあの終わり方、次作でちゃんと収集がつくのか不安だが、大丈夫なんだろうか。フェイクニュース!で片付けるのかな。
  • 劇中で「アース616」が言及されていたが、アラン・ムーア考案のネタがMCU映画に出てきたのってこれが初じゃないかな?こうしてムーア御大の呪いがMCUにも発動するのか…?

まー今年(昨年)は「スパイダーバース」というホームラン級の傑作があったために、あれと比べると見劣りしてしまうのは仕方ないのだが、全体的には楽しめる作品であったかと。これでマーベル映画のフェイズ3も終わり、今後はスパイダーマンが他の映画にどう関わっていくんでしょうね?

スウェーデン作品で、日本では「ボーダー 二つの世界」の題で秋に公開みたい。

原始人めいた顔つきをしたティナは、スウェーデンの税関に努める女性。彼女は人の罪悪感や羞恥心を感じ取ることができるという才能を持っており、その力を活かして旅行者が持ち込む規定以上の酒や、さらにはいかがわしい映像の入ったSDカードまでも嗅ぎ当てることができた。その能力を認められ、幼児ポルノの調査を手伝うように依頼されるティナ。その一方で彼女は人付き合いを好まず、山奥に恋人とひっそりと暮らしていた。そんな彼女はある日、自分に顔つきのよく似たヴォアーという人物に出会う。何度かヴォアーと会ううちに惹かれていくティナだったが、やがて自分に関する意外な事実を知ることになる…というあらすじ。

原作は「ぼくのエリ 200歳の少女」のヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストで、あの作品と同様に現代社会を舞台にしたファンタジー作品になっている。どこらへんがファンタジーか、というのはネタバレになるので書きませんが、まあムーミンが生まれた北欧らしいというか。ただファンタジーといっても特撮描写みたいなものは殆どなくて、大人のおとぎ話、といった内容になっている。

ティナが自分についての事実を知るにつれて、性格的にもセクシャリティ的にも解放されていくのが1つのサブプロットになっているのですが、例によってキワどいシーンもあるので日本では修正入るんだろうか。

監督のアリ・アッバシとか出演者とか、すいませんみんなスウェーデン人なのでよく知らないです。ティナの原始人メークが評価されてこないだのアカデミー賞ではメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされてたけど、単にメークがすごい、というだけの作品ではないです。

「ぼくのエリ」ほどカルト的人気は出ないだろうけど、あの作品が好きなら観ても損はしないんじゃないかな、という作品。