トム・ハーディが父親のチップス・ハーディと共に企画したBBCのミニシリーズ。脚本は「イースタン・プロミス」のスティーブン・ナイトが手がけ、製作にはリドリー・スコットも絡んでいる。

舞台は1814年のロンドン。錯乱して死んでいった父親の葬儀に、何年も前にアフリカで失踪して死んだと思われていたジェームズ・ディラーニーが姿を現し、周囲を驚かせる。アフリカで財をなしたジェームスだが、父親が残したバンクーバーの小さな土地の所有権を受け取りに彼はやってきたのだった。実はその土地はイギリスとアメリカの領土争いの境界にあり、その土地を手にすれば中国への貿易の足がかりにすることができるため、イギリス東インド会社はジェームスの腹違いの妹から土地を買い取る予定だったが、優先的な所有権を持つジェームスが受け渡しを拒んだことで、ジェームスと東インド会社は対立することになる…というようなあらすじ。

全8話あるうちの第1話を見た限りでは、まだ登場人物が紹介される程度しか話が進まないので今後の展開はちょっと分かりにくいな。ジェームスがアフリカで何をしてきたのか、そして帰国した彼が何を画策しているのかが徐々に明らかになっていくみたい。そもそも題名がなぜ「TABOO」なのかは不明なのだが、ジェームスと妹のあいだで何かがあったことが示唆されている。また東インド会社が徹底的に邪悪な企業として描かれるようで、それが歴史家のあいだで論議を呼んでいるらしいが、あの会社ってムガール帝国を滅亡させたりと悪いことやってたよねぇ。

ジェームスを演じるトム・ハーディは寡黙なものの、怒れば暴力を振るうことを厭わないという人物でマッド・マックスそのまんま。過去のビジョンに悩まされているという点も似てるな。彼の妹を演じるのがウーナ・チャップリンで、東インド会社のボスがジョナサン・プライス。

いまのところは良く出来た歴史ドラマだな、という印象しか受けないものの、今後の展開によってはかなり面白くなる作品かもしれない。トム・ハーディが主演しているという点だけで見る価値はあるでしょう。


ここ数年はクリスマスに「ドクター・フー」を観て、正月に「SHERLOCK」を観るのが恒例になったな…と思いきやシリーズ3の放送ってもう3年前か。前シリーズは結構グデグデな終わりかたをして、時空を乱したメタな展開の「忌まわしき花嫁」は番外編的な扱いになっていたが、今回はシーズン第1話ということもあってか比較的「通常の」エピソードっぽくなっている。とはいえ大きな展開が起きる内容になっており、それについて言及せずに感想を述べることはできないので、以下はネタバレ注意。

いいですね?

マグヌセンの射殺とモリアーティの復活というクリフハンガーで幕を閉じた前シリーズだが、前者は政府の力でウヤムヤにされ、後者は「生前に撮影したメッセージだろ」とさっさと片付けられてしまう!まあ後者はさすがに後への伏線になってるでしょうが。よって無罪放免になったシャーロックはベイカー街に戻って以前にも増して難事件の推理に精を出し、ワトソンとメアリーのあいだにも子供が生まれて皆が大忙し。そんなところにレストレードが持ち込んだ事件を手がけたシャーロックは、事件の依頼人の部屋にあったマーガレット・サッチャーの胸像が何者かによって破壊されたことに興味を抱く。そして同様の事件が起きていることを知った彼は、やがてそれが彼の知人に密接につながっていることを発見するのだった…というあらすじ。

エピソード名は「The Six Thatchers」で、名の通りコナン・ドイルの原作の「6つのナポレオン像」をベースにしている。あとは「四つの署名」や「黄色い顔」あたりの引用がちらほら。脚本はマーク・ゲイティスでスティーブン・モファットが手がけてないせいか、変に話が入り組んだりせず、意外と原作に忠実に話が進んで行く。ナポレオン像を追ううちにシャーロックが発見したものが話の展開を大きく変えるわけだが、推理ものというよりは政治サスペンスの色合いが強かったかな。コードネームなんていくらでも都合のいいものを付けられるしねぇ。

そして登場人物の一人の運命が大きく変わることになりまして、これもまた一応原作どおり(明記はされていないが強く示唆されている)のでまあ驚くほどではなかった。しかしその一方では(以下白文字)マーティン・フリーマンとアマンダ・アビントンが破局したという、出演者の私生活に直結している内容だったので、なんか観た後にモヤモヤしたものを感じてしまったよ。脚本の執筆には関係なかったと思うんだけどね。あの登場人物の正体については1つの噂があったのだけど、結局は誤りだったのかなあ。

全体としては悪い出来ではなかったけど、3年(1年?)も待たされたことによる過度な期待に沿うものではなかったかな。主演二人が多忙になりすぎたことで、これが最後のシーズンになるかもしれないという噂もありますが、あと残る2話でモリアーティの伏線もきっちり回収して、満足のいく終わりかたをしてくれることを望みます。


毎年恒例の「ドクター・フー」のクリスマス特番だよ。今年はレギュラーシーズンの放送がなかったので、「CLASS」を除けば1年ぶりのドクター・フーとなるのであります。

クララたんが去ったことで今回はコンパニオンがおらず、代わりにマット・ルーカス演じるナードールが昨年のクリスマス特番に引き続いて登場するのだが、1年前の話なぞきちんと覚えてないので「誰だっけ…」という状態でした。彼はどうも来年のシーズンにもレギュラーとして登場するみたい。

そして話の舞台はニューヨーク。子供のときにドクターと遭遇したことでスーパーマンのごとき超能力を身につけたグラント少年は、成長してからは「ザ・ゴースト」というスーパーヒーローに扮し、ニューヨークの人々を危険から救っていた。その一方では一般人として、密かに想いを寄せる女性記者のルーシーの赤ん坊の世話をしていた。そんな彼のもとに久しぶりにドクターが現れる。彼はニューヨークの大企業における、エイリアンの地球侵略計画を調査していたのだが、エイリアンの魔の手はルーシーたちにも襲い掛かり…というようなあらすじ。

明らかに昨今のスーパーヒーロー作品に触発されてスティーブン・モファットが脚本を執筆したような内容で、まあスーパーヒーローもののパスティーシュだと思えばいいんじゃないですかね。冒頭でドクターが「スーパーマン」のコミック(ジョン・バーンのやつ)を読みながらクラーク・ケントとスーパーマンのアイデンティティーについて語るのだが、話のほうもザ・ゴーストとグラントという同一人物とルーシーの三角関係が軸になっている。最近のスーパーヒーローものってヒーローが自分の正体をやたらすぐ明かすのだが(おめーのことだよ「ザ・フラッシュ」)、自分がグラントだと明かせないザ・ゴーストとルーシーのやりとりはクリストファー・リーヴ時代のスーパーマンみたいで結構面白かった。

とはいえドクター・フーの世界にスーパーヒーローって必要なのかという疑念は残るし、エイリアンの地球侵略のプロットも詰め込んだおかげで逆に内容が散漫になってしまった印象は否めない。まあクリスマスのスタンドアローンのエピソードだし、深く考えずに楽しめばいいんですけどね。

ザ・ゴーストことグラントを演じるのは、ドラゴンボール・エボリューションの悟空ことジャスティン・ハトウィン。彼が「ドクター・フー」に出るとは思わなんだ。ルーシーを演じるチャリティ・ウェイクフィールドって、短命に終わった「ザ・プレイヤー」に出てた人か。

そして次のシーズンは来年の4月に始まるのかな?新しいコンパニオンも決まったし、ティーザーもいい感じだし、早く春になって新しいエピソードが放送されることに期待するばかりです。

incorporated-season-1
Syfyの新作シリーズ。原案は「セルフレス 覚醒した記憶」のパストール兄弟で、製作には「グッド・ワイフ」のテッド・ハンフリーのほか、なぜかマット・デイモンとベン・アフレックが関わっている。

舞台は2074年。大規模な気候変動の影響により地球の資源は枯渇し、天然の食料は希少な存在となっていた。政府は破産し、代わりに巨大企業がのし上がって世界を管轄し、企業に勤めるエリートたちはグリーン・ゾーンというエリアに住み、それ以外の貧民たちはレッド・ゾーンという隔離された無法地帯に暮らしていた。大企業の1つスピガに勤めるベン・ラーソンは美人の妻を持ち幸せに暮らしているように見えたが、実は彼はレッド・ゾーンの出身者であり、行方不明になった知人を探すためにスピガへと潜入していたのだった。厳重に守られたスパイガのデータへのアクセス権を得るため、上司を陥れてでもベンは企業で出世をしようとするが…というあらすじ。

レッド・ゾーンの住民がグリーン・ゾーンに入ることが禁止されてるなら、グリーン・ゾーンでの道路工事やトイレ掃除などは誰がやってんだろ、と思うのですが、そういうツッコミは野暮かと。過度にテクノロジーが発達したディストピアという設定は「Black Mirror」に通じるところがあるものの、こちらは話を続ける必要があるのであそこまで風刺色は強くない。ライバル企業との競り合いとか海外でのテロ活動とか、面白そうな要素はあるのでもうちょっと過激な内容にしても良かったかなとは思うけどね。

主役のベンを演じるショーン・ティールはこれまたイギリス出身の俳優だが、ベネズエラ系ということでオスカー・アイザックによく顔が似ているかな。あとは「テラ・ノヴァ」のアリソン・ミラーのほか、「24」のデニス・ヘイスバートがスピガの不気味な社長を演じてますが、ヘイスバートの第1話でのシーンは少ないのでどのくらい重要な役なのかはよく分かりません。

設定が現代の移民問題とかグローバリゼーションを反映しすぎていて、かえって凡庸に感じられるきらいはあるものの、モンスターとかアクションにあまり頼らない、(比較的)知的なSyfyのドラマは久しぶりなので期待したいところ。今後の展開次第では結構面白くなるかもしれない作品。

mtv_sv_jumbotron_2
MTVの新作ドラマ。

舞台となるのは学生寮のある大学キャンパス。そこでは男子学生による女子への性的暴行が頻発していたが逮捕されるような者は少なく、男子たちは大手を振って生活していた。そんなとき暴行をした男子の一人が黒づくめの人物によってボコボコにされるという出来事が発生する。この人物の正体は女子学生のジュールズで、昼間は優秀な生徒である彼女は夜になると一人で男子学生たちに天誅をくらわせていたのだった。そして友達が少なくてコンピューターに詳しい女子のオーフェリアは、現場に残されたペンダントからジュールズの正体を知り、彼女を尾行していって結果的にジュールズのピンチを救うことになる。こうして二人はコンビを組み、悪い男子を懲らしめていくのだった…というようなあらすじ。

日本でも男子学生の横暴が報じられたりしてるけど、アメリカの大学での性的暴行というのは結構深刻な問題になっているらしい。こないだはローリング・ストーン誌が学生寮でレイプされたという女子の記事を掲載したあとに、どうも虚偽だったらしいとうことで叩かれていたけど、どれだけの事件が起きているのか明確になっていないというのも状況を深刻にしているのでは。女性を蔑視した発言をした人物が大統領になったりするとね、女性にとってはますます声を立てにくい世の中になってくるんじゃないですか。

そういった意味ではこの番組は絶妙なアンチテーゼになっているのかも。ジュールズとオーフェリアは忍者のごとき黒衣装(ブルカっぽくもある)に身を包んで、横柄な男子たちを痛めつけていく。ジュールズもかつて性的被害にあったことが示唆され、人が死んだりと真剣な展開がある一方で、MTVのドラマらしく流行の音楽(「Defying Gravity」の使い方は巧かった)とキャッチーなセリフに溢れており、ドラマなのかコメディなのかいまいち分かりにくいところもあるが、まあ今後の展開に期待しましょう。

ジュールズを演じるエライザ・ベネットはこれまたイギリス出身の俳優。若いけど結構なキャリアがあるみたい。オーフェリアを演じるテイラー・ディアーデンって「タイラー・ダーデン」みたいな名前だな…と思ってたらブライアン・クランストンの娘なのか!

当然のごとく反フェミニスト的な人たちには早くも叩かれているようだけど、こういう番組もあって良いと思うよ。