原題は「The Girl with All the Gifts」で日本では7月公開。これマイク・ケアリーの小説が原作なのですね。ケアリーといえばコミックのライターとしてDC/ヴァーティゴの「ルシファー」のストーリーを担当してたり、ファンのあいだでは評価の低いポール・ジェンキンズのあとを継いで「ヘルブレイザー」を担当して人気を復活させたという人だが、俺はそんなに作品を読んだことがないかな。以降はネタバレ注意。

舞台となるのは近未来。謎の真菌類が世界中に蔓延し、それに感染した人々はゾンビ化して生身の人間の肉を喰らう怪物となっていた。生き残った少数の人間は軍事基地に避難してゾンビの侵攻に耐えていたが、ゾンビ化した母親から生まれた子供たちは、人肉への食欲を持ちながらも、高い知性と学習能力を備えていることが判明し、彼らを用いてゾンビ化に対するワクチンの研究が進められていた。子供たちの中でも特に高い知性を示した少女メラニーは教師のヘレンと仲良くなるものの、基地がゾンビたちによって陥落。メラニーとヘレンはワクチンを研究していた博士や数人の兵士とともに基地を脱出し、他の基地に合流しようとゾンビたちの蔓延するイギリス本土を旅することになるのだった…というあらすじ。

劇中のゾンビたちは「ゾンビ」ではなく「ハングリーズ」と呼ばれ、通常はじっと立った休眠状態でいるものの、匂いや音に過敏に反応し、人肉(動物もあり)を嗅ぎつけると全速力で追いかけてくるという存在。アリに寄生して行動を変化させる実在の真菌類をモデルにしてるのかな?彼らに噛まれると当然自分もハングリーズになります。

話の中心となる少女メラニーは第2世代のハングリーズとして人肉への渇望を抱きつつ、ヘレン先生たちを安全地帯へ導こうとする存在だが、彼女を研究対象とみなす博士や、彼女を怪物扱いする兵士たちとの葛藤が道中で描かれていく。イギリス作品のせいか、アクション中心のゾンビ映画というよりも、「28日後…」みたいなアートシネマっぽい描写もあり。

メラニーを演じるのは新人のセニア・ナヌマで、ヘレン先生をジェマ・アータートンがノーメイクで演じてます。兵士たちのリーダー役がパディ・コンシダインで、基本的に彼が出ている作品はハズレがないですな。あと観るまで知らなかったのだが、博士役にグレン・クローズ。今になって彼女をイギリスのゾンビ映画で見かけるとは思わなかったけど、体をはった熱演をしていて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」よりもずっといい役でした。

監督のコーム・マッカーシーはテレビ番組のを監督を多数手がけてきた人で、これが初の劇場作品だとか。チェルノブイリの上空をドローンで空撮した映像を荒廃したロンドンの光景に使用したりと、大変な低予算作品ながらもいろいろ効果的なショットが用いられています。終盤のBTタワーとか非常に良かったですね。

非常に革新的というわけではないものの、ゾンビ映画に新しい観点を加えた良作。SF映画としても楽しめるし、ゾンビ作品に食傷気味の人でも楽しめる作品ではないでしょうか。


フランスの若手女性監督によるホラー映画。

厳格なベジタリアンの家庭に育った少女ジャスティーンは、かつて両親が学び、そして姉も学んでいる全寮制の獣医大学へと入学する。そこで彼女は新入生に対する上級生からの熾烈な入学の儀式を体験させられ、その一環としてウサギの肝臓を食べさせられるのだった。初めて肉の味を経験した彼女は全身に湿疹ができるものの、肉に対する強烈な食欲を感じるようになる。さらにゲイの男性であるルームメイトにも性的な興味を抱くようになり…というあらすじ。

トロント映画祭では上映中に失神者が出たとかで話題になったが、そこまでグロい描写はないかな。思春期を迎えたオクテの少女が、自らの内側に潜んだ欲望を露わにするとともに肉体的な変化を遂げていく、という「キャリー」や「ブラック・スワン」に通じるアート系のホラーといったところ。フランス映画ということもあり「顔のない眼」に近いものを感じました。

監督はしれっとインタビューで「これホラーというよりコメディだから」とか言ってるけど、音楽の使い方がそんな感じだったかな。過激なシーンにちょっと軽快な音楽がかかるところとか。

(ほぼ)新人俳優のガランス・マリエールが演じる無垢な少女ジャスティーンは友達もいないまま大学のなかにひとり残され、自分の欲望に身をゆだねていくわけだが、その彼女を導くのが、よりハードコアな容貌と生活をしているお姉さんのアレクシアで、彼女はジャスティーンにファッションの手ほどきなどを与えると同時に、自分の欲望を受け入れるさまを教えていく。

お姉さんというエクストリームな体験の先駆者がいることで、ジャスティーンが経験する変化の衝撃が薄まったような印象も受けたわけで、むしろお姉さんのキャラはいらなかったんじゃね?とも思ったが、彼女の存在がラストの強烈なオチにつながっているのでありました。

海外での評判が大変よかったために、期待していたほどの内容ではなかったけれども、よく出来た作品ではありますよ。ホットドッグとか食べながら鑑賞しましょう。


米ショウタイムの新作シリーズ。放送は今週末からだが第1話がオンラインで先行配信されていた。

舞台となるのは70年代のロサンゼルス。若手スタンダップ・コメディアンのクレイはコメディアンの登竜門であるジョニー・カーソンのトゥナイト・ショーに出演することとなり、さらに披露した芸がウケて、コメディアンの羨望の座であるカーソンの横の席へ招かれる。こうして一夜にして成功を手にしたクレイだったが、その晩にホテルから外出したところをバスにひかれて即死してしまう。あとに残された彼の友人や恋人たちは突然の出来事に唖然としつつも、彼の通夜の手配を行い、やがてクレイの両親や、彼にたまたま会いに来ていた故郷の友人、さらには彼と面識がないもののコネをつくろうとやってきた者たちが通夜に集まるのだった…というのが第1話の展開。

これだと話がよく分からないかもしれないが、成功を夢見るコメディアンたちの群像劇といったところ。カーソンの番組への出演を夢見る彼らは、まずサンセット・ストリップのコメディ・クラブ「ゴールディーズ」での出演の場を求め、貧しいながらも切磋琢磨していく。コメディアンの番組であってもコメディ番組ではなくて、彼らの暗い側面も描かれるみたい。そもそもクレイの事故死が実は自殺ではないかということが示唆されるのだが、その話はどこまで引っ張られるのかな。

自らの体に火をつけたリチャード・プライヤーに象徴されるように、アメリカの(そしておそらく世界中の)コメディアンってステージ上では面白おかしいことを言ってても心の内ではすごくドロドロしたものを抱えているというのが通説であって、そういう暗さとコメディのバランスをどうとっていくのだろう。

また劇中では観客が大爆笑しているはずのネタが、実際の視聴者にはお寒い内容だったということもよくあるので(STUDIO 60 ON THE SUNSET STRIPな)、コメディをテーマにした番組って常に一定の評価を得ながら続けていくのは結構難しいんじゃないだろうか。

なお同名のノンフィクション本があって、それをもとにしたシリーズらしい。70年代のロサンゼルスといえば無名時代のデビッド・レターマンやロビン・ウィリアムス、ジェイ・レノをはじめとするコメディアンたちが多数集まって、スタンダップ・コメディの黄金時代を築いていたそうな。プロデューサーにはジム・キャリーも関わっていて、彼の自伝的な内容ではないものの、地方から出てきた若者が家賃が払えずにクローゼットで寝泊まりしている設定などは彼の経験をもとにしているとか。

出演者はゴールディーズのタフな女性経営者を演じるメリッサ・レオをはじめ、クラーク・デュークやアルフレッド・モリーナ、アル・マドリガルなどなど。あとはゲストでロバート・フォスター、セバスチャン・スタン、ディラン・ベイカーなども出ています。

第1話を観た限りでは話の方向性が定まってないようで、70年代のカルチャーを背景に若者たちの話がダラダラ続くんだろうか。雰囲気的にすぐ終わった同局の「ROADIES」に近いものがあって一抹の不安を感じますが、ショウタイムはこないだの「ツイン・ピークス」シーズン3(大傑作!)で加入者が増えたそうなので、その人気にあやかって長続きすることに期待。


こないだアメリカで観てきたのだよ。当然以下はネタバレがあるので注意。注意!

・「オデッセイ」では故郷を遠く離れた宇宙飛行士が生存のために奮闘するさまを描いたリドリー・スコットが今回もまた、故郷を遠く離れた宇宙飛行士たちが生存のために奮闘するさまを描いている。違いはこちらの奮闘がすべて徒労に終わり、彼らがブチブチと殺されていくところだが。

・前半は「プロメテウス」っぽくて後半は「エイリアン」になってくるといったところか。全体的には闇スコットによる宇宙版「悪の法則」という感じですけどね。後ろですべてを操ってる存在の手中に、皆がズブズブとはまっていくのですもの。

・「プロメテウス」観た人も短編映像「Last Supper」と「The Crossing」は事前に観ておいたほうが良いと思う。後者はネタバレ気味だが話を補完するのに重要なので。

・「プロメテウス」は異星人・異生物の生態系が完全に意味不明でしたが:

今回はより「エイリアン」に近づいた生物(?)考証になっているかな。それでもチートっぽい展開があるけど。

・キャストは前作に続いてマイケル・ファスベンダーがアンドロイド役を演じているほか、キャサリン・ウォーターストンやダニー・マクブライド、ビリー・クラダップなど。ウォーターストン、短髪にするとパパに似てきていて…。マクブライドはコメディ畑の人だが顔つきがいかついので、今回の役には適していたと思う。エイミー・サイメッツがこういう大作に出てたのは意外だった。

・製作開始時から言われているように、ホラーとしての「エイリアン」の原点に立ち返った作りになっていた。「古城に迷い込んだ若者たちが、城主とその怪物に殺されていく」ハマーフィルム的な展開だよね。ただ今の時代において、「卵を覗いたらフェイスハガーが飛び出してきた!」という展開はもう誰も驚かないのでは。あと最後に1つどんでん返しがあるのですが、明らかにそれが事前に分かるような演出がされていて、そこらへんのスコットの意図はいかに。

・あとはSFとしても、人知を超えた謎の存在であったエイリアン(ゼノモーフ)のオリジンを明かしてしまうのは、彼らの神秘性を奪ってしまうのではないかという懸念が残る。80歳を目前にしてスコットは、「エイリアン」映画をあと1〜2本は撮ると意気込んでいるようなので、この映画で残ったモヤモヤしたものがうまく解決されるのかもしれないけど、それでも最後は第1作の初めにつながる(らしい)ので、結末がわかってる話を何本もつくるのはどうなのかとも思う。ちなみにエイリアン・クイーンって出てくるんだろうか。あれってキャメロンの創造物だよな。

・個人的にはあれはあれで好きだった「プロメテウス」以上に楽しめる内容だったし、ベテラン監督による一定水準以上のクオリティを保っている作品であることは間違いないのですよ。ただし後味が悪いまま劇場を出ることになるのは間違いないので、まあこれからスコット爺はどうしていくんですかね。デートで観るような場合は注意しましょう。

またアメリカ出張に行ってたので、飛行機のなかで観た映画の感想をざっと:

「シング」:まー無難でいいアニメじゃないですかー。悪くはないんだけど内容をほとんど覚えてない。最後は出演者みんなの合唱で盛り上げた方が良かったような。

「モアナと伝説の海」:前も書いたけど、主人公が「選ばれし者」という設定は嫌いなのよな。海があれだけ手助けしてくれるのなら、マウイと組む必要なかったんじゃないの。「ズートピア」より明らかに出来が悪い。あとニワトリよりブタのほうが可愛いです。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:これ脚本はロバート・シーゲルか。伝記映画だけどなんか無駄な部分が多いような。フランク・ターナーの部分とかカットして、レイ・クロックとマクドナルド兄弟の確執に集中した方がいいのに。頭脳派のマクドナルド弟を演じるニック・オファーマンが相変わらず怪気炎を上げていて、彼って観るたびにどんどんいい役者になっている気がする。

「ミス・スローン」:ジェシカ・チャステインが切れ者ロビイストを演じる内容だが、銃規制の法案をテーマにしているのかと思いきや(実際、銃団体から映画への反対運動があったらしい)、彼女への個人攻撃へと話がシフトしていき、倫理委員会での吊るし上げになって銃規制がうやむやになってしまったのが残念。男娼の話とかは別に入れなくても良かったんじゃないの。主人公が「信用できない語り手」なので、活躍を観ていてもスッキリしないのよな。最後のどんでん返しはなんとなく見えてましたが、なんか無理があるよなあ。

「夜に生きる」:ベンアフの語りがたるくて、20分くらいで寝落ちした。

あとは「ビッグ・ショート」をチラホラと再見。最初に観たときは専門用語が多くて話についていくのが精一杯だったのが、見返すことで金融の仕組みとかがじっくり理解できたのが収穫であった。