「THE NEW MUTANTS」鑑賞

FOXの「X-MEN」系列の作品でありながらディズニーの買収騒動に巻き込まれて2年間も公開延期になってたもので、冒頭にFOXのおなじみのファンファーレが鳴るのに出てくるロゴが「20世紀FOX」ではなく「20世紀スタジオ」となっていたのには1つの時代の終わりを感じてしまったよ。以下はかなりネタバレしてるので注意。

ネイティブ・アメリカンのダニエル・ムーンスターは超常的な存在によって居住地が破壊され、唯一の生き残りとして病院施設に収容される。そこではセシリア・レイズ医師の指導のもと、4人のティーンが暮らしていた。ダニエルは自分が他の4人と同じく特殊な能力を持ったミュータントであることを告げられ、Xメンのようになるべく自分たちの能力をコントロールすることを学ぶため施設に収容されていると伝えられる。しかしレイズ医師の行為はなにか不自然なものがあり、さらには施設内では不気味な現象が起きるようになるのだった…というあらすじ。

原作は80年代に登場した同名のコミックで、次なる世代のXメン候補として集められた若きミュータントたちの活躍を描いたもの。90年代にアーティストがロブ・ライフェルドになったことでタイトルが「Xフォース」になったことはアメコミファンにはお馴染みですね。

映画に登場するのはダニエル・ムーンスター(ミラージュ)のほか、狼に変身するレイン・シンクレアー(ウルヴズベイン)、飛行能力を持つサム・ガスリー(キャノンボール)、太陽光をパワーに代えるロベルト・ダコスタ(サンスポット)といったオリジナルメンバーの面々。オリジナルメンバーとしてはサイキックパワーを持つシャン・コイン・マン(カルマ)が唯一登場してなくて、代わりにあとから入ったメンバーであるイリアナ・ラスプーチン(マジック)が出演している。

マジックは人気キャラだから登場したのも理解できるのだけど、テレポート能力に加えて魔法が使えるというのがミュータントっぽくなくて個人的にはあまり好きじゃないんだよな。カルマが登場しないのは、サイキック・パワーという絵的には地味な能力を持っているからかもしれない。しかし実は高速で飛行するキャノンボールが、隔離された施設という設定にいちばん合ってなくて、ろくに能力を披露できてないのであった。空を飛ぶキャラとそうでないキャラの組み合わせってコミックよりも映像のほうが難しいのかもしれない。

監督が「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーンということもあり、ティーンの男女を主人公としたヤングアダルト路線を狙ったのかな?パワーをコントロールできない若者が情緒不安定になる描写とか、原作にはない同性愛的な要素とかがそれっぽいのだけど、その一方で監督はどうもホラー映画を撮りたかったらしく、最初の予告編とかポスターは確かにそれっぽい雰囲気が出ていた。しかしディズニーがあとから注文をつけたのかずいぶん後に再撮影が行われ、ホラー的な要素も薄まって、結局のところ何をしたいのかよく分からない中途半端な作品になってしまった。同じくFOXの「ファンタスティック・フォー」もそうだったけど、いろいろ手直しが入ったんだな、と観ていて分かってしまう作品というのは決して面白いものにはならないですね。

話のベースになってるのは原作の「THE DEMON BEAR SAGA」のあたりだが、あれはビル・シェンキヴィッチの幻想的なアートがうまくスピリチュアルな話に合っていたから評価が高いわけで、それをただ設定だけ持ってきてクマを出されても困ってしまうのだクマ。

キャストは多国籍なキャラクターにいちおう配慮して、ダニエル・ムーンスター役にはネイティブ・アメリカン系のブルー・ハントを、ブラジル系のロベルト・ダコスタにはブラジル人のヘンリー・ザガをキャスティングしてるのだが、ヘンリー・ザガの肌がずいぶん白くてコミックに似ていないことは原作者のひとりであるボブ・マクレオドも批判してたな。いつもはいい演技をみせるアニャ・テイラー=ジョイも、ロシア人のマジック役を演じてるためロシア訛りのセリフが耳障りであったよ。

いちおう他の「X-MEN」映画とのつながりも示唆されてるが、これがFOXとして最後の「X-MEN」作品になるため、そこらへんの伏線は回収されないままになるんでしょう(そもそもエセックス社の黒幕ってあんま怖くないヴィランだしぃ)。長年の人気を誇ったシリーズがこうして地味に終わってしまうのは寂しいが、いずれディズニーが「X-MEN」を復活させるときは「フューチャー&パスト」くらいの傑作を作ることができるのだろうか。

「MANGROVE」鑑賞

前作「WIDOWS」が日本では変な邦題をつけられてDVDスルーの憂き目にあったスティーブ・マックイーンだが、なんと映画を5本撮ってBBCで毎週放送するという企画を立ち上げてしまった。ボブ・マーリーの歌詞から名をつけた「SMALL AXE」というアンソロジー・シリーズで、シリーズとはいえ70分から120分くらいのイギリスにおける人種問題をテーマにした映画が撮られ、1つはフィクションであとの4つは実際の出来事をテーマにしたものらしい。

そしてその一本目がこの「MANGROVE」。マングローブ・ナインと呼ばれる黒人9人の法廷での闘いを題材にしたものらしいが、そんな事件があったなんて全く知らなかったよ。

舞台は60年代後半のロンドンはノッティング・ヒル。トリニダード生まれの黒人フランク・クリクロウは西インド諸島料理のレストラン「マングローブ」を開店し黒人コミュニティの憩いの場になるが、黒人を快く思わない警察によって住民たちは嫌がらせを受け、マングローブも何度も立ち入り検査を強制されて物品が破壊される。これに怒った住民たちはプラカードを掲げて警察署へデモ行進するが、事態はエスカレートして警察官との抗争が生じてフランクたちは逮捕されてしまう。そして自分たちの正当性を証明するために彼らは法廷でも闘うことを決意するのだが…というあらすじ。

前半は警察の横暴に苦しむ住民たちが描かれ、後半は法廷ドラマになっているが話の盛り上げ方が上手いので124分という尺でも中だるみせずに観ていられる。法と闘う主人公、という点ではマックイーンのデビュー作「HUNGER」に近いものがあるかな。逮捕された9人のうち何人かは自分で弁護をすることを選び(ここらへんイギリスの法制度がよく分からんのだが)、自らの言葉で警察の横暴を糾弾し正義を訴えるところが格好いいのよ。裁判の結果は当然歴史に刻まれているわけだが、何も知らずに観た方が面白いかもしれない。

フランク・クリクロウを演じるのはショーン・パークス…って知らない役者だなぁ。出てる作品はいろいろ目にしてるはずだが。「ブラック・パンサー」のレティーシャ・ライトがブラックパンサー党員としてフランクと一緒に逮捕される女性を演じている。なおもう一人逮捕された方の女性の息子は、いまアイランド・レコードの社長なんだそうな。あとは彼らの弁護士をジャック・ロウデンが演じてます。音楽をミカ・レヴィが担当してるのだけどレゲエのスタンダード・ナンバーがよく流れるのであまり目立たなかったっす。

この「SMALL AXE」、今後はジョン・ボイエガが主役を務めるエピソードなどもあるそうで、なかなか面白そう。イギリス外ではアマゾンが配信するらしいけど、日本でもやるのかね?

「TOTALLY UNDER CONTROL」鑑賞

アメリカで21万人以上の死者を出しているコロナウィルスことCOVID-19のパンデミックに対するトランプ政権の対応のマズさを暴いたドキュメンタリーな。

監督はサイエントロジーを扱った「ゴーイング・クリア」のアレックス・ギブニーなど3人が関わっていて、パンデミックに対応した医療関係者やCDC(アメリカ疾病予防管理センター) のスタッフにカメラを送りつけて、遠隔から行ったインタビューをもとに、今年のはじめに中国でウィルスの発生が報じられてからアメリカでは何が起きていったのかが時系列に沿って語られていく。2時間と長めの尺だが、要点はつまり:

  • CDCの現場スタッフは優秀で、みんな頑張った
  • でもCDC(の上の保健福祉省)のトップが政権の顔色をうかがって、強い対策を提言しなかった
  • トランプ政権の対応は無能だった

といったもの。オバマを含む歴代の大統領はパンデミックが起きたときに備えたマニュアルを作成していたし、2019年にも中国からのウィルス発生を予想したCRIMSON CONTAGIONという模擬訓練が保健福祉省で行われ、アメリカの対応の問題点などが指摘されていたものの、市場の自由主義を優先したいトランプ政権のもとでそれらの教訓は生かされることがなかった。

CDCのスタッフは今年の初めの時点でCOVID-19の危険性に気付き、現場関係者だけでメーリングリスト(映画「若き勇者たち」にあやかってRED DAWNメールと呼ばれた) を作って情報をやり取りしていたものの、保健福祉省のトップのアレックス・アザーはトランプに強い対応を提言せず、トランプも当然ながら経済に悪影響を与えるようなことはしたくないから大したことはせず、そうしているうちにウィルスが国内で蔓延していく。

主にアメリカ国内での対応の解説に時間が割かれているので、中国でなぜウィルスが発生したのか、などといった説明は殆どなし。WHOの対応についてもあまり語られてはいない。一方では韓国がMERSの経験を生かして、いかに早期にCOVID-19を押さえ込んだかについては繰り返し称賛がされていた。日本についてはダイヤモンド・プリンセス号の客員の間で感染が広がったことから、これは集合住宅のような環境でも蔓延するウィルスだとアメリカの科学者が気付くきっかけになったらしい。

トランプ政権を名指しで批判しているわけではないが、まあ関係者の話を聞けば政権の対応がいかにマズかったかは明白でしょう。CDCが医療機関に送った検査キットに不備があった際もすぐに対策を指示しなかったので検査が遅れたとか、医療機器の流通のコントロールをしなかったので価格が暴騰したとか、いろいろ怖い話が語られます。政権に従わずにコメントをした科学者たちがスタッフから外され、医療の経験を持たない人たちに差し替えられるあたりは、日本の学術会議の件に通じるものがあるのでは。

まだ収まってないパンデミックに関するドキュメンタリーということで、明確なオチがあるわけではない(ボブ・ウッドワードの暴露とかトランプ自身が感染したことは最後に少しだけ言及される)。いずれまた、より長いスパンで物事をとらえたうえで、パンデミックで何が起きたのかを検証するドキュメンタリーが作られるのでしょう。

「HELSTROM」鑑賞

米HULUのオリジナルシリーズでマーベル・コミックスの作品を原作にしたもの。基になったキャラクターのデイモン・ヘルストロムって70年代に「ゴーストライダー」のようなオカルトっぽいキャラクターの成功にあやかって考案されたもので、そのまんま「SON OF SATAN」というおどろおどろしい題名がつけられて登場したのだが、はっきり言って非常にマイナーなキャラクターなので、その名の通りサタンの息子らしい、ということ以外は俺もよく知りません。そもそもマーベル・ユニバースにサタンなんていたっけか?90年代初期にも彼を主人公にしたシリーズが短期間あって、駆け出しだった頃のウォーレン・エリスが敗戦処理のようなライターを務めていた覚えが。

そして彼にはサターナという妹がいるのだが、こちらになるとヘルストロム以上にマイナーなキャラクターなので全くよく知りません。彼と同様にサタンの娘(リリー・コリンズ?)ということくらい。

ただでさえマーベルはDCに比べてオカルト/魔法系のキャラクターの層が薄くて、地獄でいちばん偉そうなメフィストも人の結婚にちょっかい出してる程度なのだが、なんでこんなマイナーなキャラクターを映像化しようとしたのかはよくわかりません。いちおうTV-MAという大人向けのレーティングもついてエッジの効いた内容にしようとしたのだが、どうも話によるとマーベルの親会社であるディズニーがその方針を嫌がって、題名は「HELLSTROM」でなく一字とった「HELSTROM」に変更し、「サターナ」は「アナ」にしたうえで、NETFLIX作品などにはつけられた「MARVEL’S」という表記も題名には付けられていない。そんなの改変する意味あるのかね?と思うけど、子供向けディズニーにとっては重要なのでしょう。こうなると「ジョーカー」みたいなR15の劇場作品はマーベルから当面は出てこないだろうなあ。

それで肝心の作品の中身だが、デイモン・ヘルストロムは神秘的な能力を持った男性で、大学で教鞭をとりながらカソリック教会のエクソシズムに手を貸していたが、何かしら強大な脅威が迫りつつあることを知り、疎遠になっていた妹のアナに連絡を取る…といったもの。デイモンとアナの母親は悪魔に取り憑かれて精神病院に収容されているが、彼らの父親が悪魔だということは示唆されるだけで明言はされていない。あとは地下墓地の遺物から悪き存在が解放されたことも説明されるが、なんか話の展開が遅いのよこれ。数話観てもキャラクターの背景とかがなかなか明らかにされないし。

デイモンが世間に対して斜に構えたエクソシスト、という点では「コンスタンティン」に通じるところもあるが、あそこまでキャラクターは立っていない。物事があまり説明されないまま、おどろおどろしい展開が続くあたりは「アウトキャスト」にむしろ似ているかな。TVシリーズのホラー作品ってあまり優れたものが無いような気がするけど、これもあまり現地では評判が良くないみたい。

デイモン役はイギリス人のトム・オースティン。アナ役のシドニー・レモンってジャック・レモンの孫娘なのか。知った顔だと「ザ・ワイヤー」のロバート・ウィズダムが出演してます。主人公ふたりの母親をエリザベス・マーベルという、そのまんまな名前の役者が演じてるのにマーベル作品との関係が希薄で残念。

マーベルのTVシリーズがこれからDISNEY+に集約していくであろう過程での、微妙な立ち位置の作品、ということで良いのかな?大人向けの異色マーベル作品、という強みを出すこともできただろうにポテンシャルを生かせてないのが残念。

「ARCHIVE」鑑賞

イギリスからの低予算SF。あらすじはネタバレ注意。

舞台は近未来の山梨県(いやホントに)。科学者のジョージは人里離れた研究施設でAIの開発に打ち込んでおり、交通事故で亡くなった妻の性格を模したAIを搭載したアンドロイドの開発に没入していた。彼は最初は5歳児ほどの知能を備えたもの、それからティーン並の知能を備えたアンドロイドを製作し、ついにはほぼ完璧な3号機を完成させようとしていた。しかしジョージの真の目的はAIの独自開発ではなく、亡き妻の性格がそのまま保存されている(そういうことをするサービスがあるらしいの)アーカイブを、その有効期限が切れる前にアンドロイドにコピーすることだった…というあらすじ。

いま流行のAIものと言ってしまえばそれまでなのだけど、AIを搭載したアンドロイドが3体あるのが特徴的で、彼女(?)たちはロボット3原則なぞ知らね、と人間的に振舞う。特にティーンの知性を持った2号機は自分よりも優れた3号機に対して複雑な感情を抱いており、実は彼女がいちばん感情移入できるキャラクターだったりする。

ジョージが暮らすのは山梨県にある研究施設という設定だが、郊外の撮影はハンガリーでやったらしくて舞台を日本にした意味はあまりなし。でも雪の積もった森林とか、流れる滝の風景とかは非常に美しいですよ。いちおうジョージが街に出かけるシーンもあり、天下一品とかびっくりドンキーのロゴが連なる雑居ビルのバーでゲイシャ風のサイバーガールが対応してくれて…という80年代サイバーパンク風まんまのスタイル。近未来なのにレトロというか、日本がテクノロジーの最先端を走っていたころはこんな未来が予測されてたんだよ…と変に懐かしくなってしまった。

山奥の施設でアンドロイドと暮らす男の話、という点では「エクス・マキナ」に通じるものがあるかな。外国語を多用した施設のデザインやコンピューターのUIは「月に囚われた男」によく似てるな、と思ったら監督のギャビン・ロザリーってあの映画のコンセプトデザインやってた人なのか。だから似ていて当然。ジョージ役は「ダイバージェント」のセオ・ジェームズ、亡き妻役に「ハイ・ライズ」のステイシー・マーティン、ってあまりよく知らないけどいい演技してました。あとこないだの「FIRST COW」に続いてトビー・ジョーンズがちょい役で出演。

ここ最近は低予算SF映画を観てると「映画にしなくても『ブラック・ミラー』の1エピソードで良かったのでは?」とかつい考えてしまうのでして、この映画も最後のオチに対する伏線がちょっと弱いし中盤がたるむのであと20分くらい削っても良かったかな。でもコンセプト・デザイナーの監督だけあってセットのデザインとかは凝っているし、3号機完成のシーンなどは非常に見応えのあるものになっておりました。悪くはない作品。