正式名称は「What We Left Behind: Looking Back at Star Trek: Deep Space Nine」で、その名の通り「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」(以下「DS9」)についてのドキュメンタリー。2年前に製作のためのクラウドファウンディングが通知され、あっという間に資金が集まったはずだが、監督が交代したりアーカイブ映像をHD化しているのに時間がかかり、やっと完成されたもの。

「DS9」って、特に日本の「スター・トレック」ファンのあいだでは内容が暗いといった理由で敬遠されているきらいがあるが、個人的にはスター・トレックのシリーズの中ではダントツで好きな作品であるだけでなく、SFドラマ、さらにはすべてのTVシリーズのなかでもトップ5に入るくらいに好きな作品でして、このブログの最終目的も「DS9」がいかに素晴らしい作品であるかを書くことなのですが(いやホントに)、文章力が拙いために未だそれが実現できていないのです。以下はDS9の専門用語がバシバシ出てきますがお付き合いのほどを。

この2時間ほどのドキュメンタリーではショウランナーだったアイラ・スティーブン・ベアー(上の画像の紫ヒゲね)が狂言回しみたいになって、製作の裏話やキャストの回想、さらに後述するシーズン8の案などが語られていく。「DS9」とは何ぞや?といった基本的な説明は殆どなくて、作品を熟知している人向けに話がどんどん進んでいきます。まあファン向けの作品だからそういう作りなのでしょう。上述したように劇中のアーカイブ映像はすべてHD化されていて、特に宇宙船の戦闘シーンなどの映像は見違えるばかりに美しくなっている。個人的にはアスペクト比を変えたアプコンってあまり好きじゃないけど、これくらい綺麗になるのならHDアプコンも悪くはないかも。

製作の裏話としては、未知の惑星や領域を冒険していくという「トレック」の基本的スタイルに沿わずに固定された宇宙ステーションを舞台にしたことでファンからの反発を買ったことや、そのスタイルを踏襲した「TNG」と「ヴォイジャー」という2作品に挟まれた異端の真ん中の子、という扱いを受けていたことなどが語られる。でも舞台を固定することによってストーリーがじっくり語られ、プロットに厚みが増し、キャラクターに多様な性格が与えられる結果になったわけだ。

実際、いわゆる「1話完結」型だった「トレック」のスタイルに背いて、シーズン2の冒頭から3話構成のストーリーを打ち出したことなどにはパラマウント側からも懸念があったらしいが、その複数話にわたるストーリー展開が、いかに後述のTVシリーズに影響を与えたかなどが語られる。まあシリーズ終盤のドミニオン戦争のような長期のストーリーがなければ、のちのロン・D・ムーアによる「ギャラクティカ」もなかったろうな。

他にも「DS9」がいかに人種やジェンダー、社会的コメンタリーの分野で画期的であったかが語られていく。一般に「DS9」ってシーズン3でドミニオンが登場してから面白くなったと思われがちだが、シーズン1&2のベイジョー(元被支配者)とカーデシア(元支配者)の関係なども現実のテロ問題などと照らし合わせて見ると結構面白いんだよな。

ジェンダーの点では、まだタブー視されていた女性同士のキスシーンをあるエピソードで描写したことが有名だが、ベアー曰く「(カーデシア人スパイの)ガラックがゲイであることは明白で、そこをもっと深掘りするべきだった」そうな。彼ってそんなキャラクターだったっけ?ガル・デュカットの娘とのロマンスがなかったっけか?

キャストの回想ではレギュラー陣(最終シーズンで加わったニコール・デ・ボアも含む)にそれぞれスポットライトが当てられて「DS9」の思い出が語られる。あまり表舞台に登場しないことで知られるエイブリー・ブルックス(主役のシスコ役)は過去のインタビュー映像を使ってるのかな?ナナ・ビジターやレネ・オーバージョノワーなど他のキャストは新録インタビューになってます。準レギュラーとしてはアンドリュー・ロビンソン(ガラック)やジェフリー・コムズ(ウェイユン)、アーロン・アイゼンバーグ(ノグ)などといった懐かしい面々が登場。

俺が「DS9」を好きな理由の一つに、この準レギュラー陣の層の厚さがありまして、舞台を固定化したことで過去に登場した人物に再登場する機会が与えられ、キャラクター設定にどんどん厚みが増していったんだよな。当初はカーデシアの下士官として2〜3のセリフしかなかったダマーが、のちには反乱軍のリーダーにまで大出世することはドキュメンタリー中でも言及されるが、他にも惑星連邦の秘密組織セクション31のスローンとか、過激派マキのエディングトンとか、数話しか登場しないのに強烈な印象を残したキャラクターが多いのが「DS9」の特徴であった。エディングトンが連邦を非難するシーンなんて、「トレック」史上に残る名スピーチだと思うのです。セリフが一切ないモーンでさえも記憶に残るキャラクターだったしね。

そして当ドキュメンタリーの特別企画?としてベアーやムーア、ロバート・ヒューイット・ウルフといった当時のライターが集って、最終回から約20年後を舞台にしたシーズン8(の第1話目)を作るとしたらどんな話になるか、というブレインストーミングが行われる。1日のあいだでライターたちがポンポンとアイデアを出していくのを見ると、さすがプロだなと感心しますよ。そして出来た話がアニメーションというかイラストで語られるわけだが、その内容はというと(ネタバレ注意!):

  • ノグは宇宙艦隊で昇格を続けてキャプテンになり、デルタ宙域をディファイアントで航行していたが、突然何者かに襲撃され、かろうじてワームホールを抜けてDS9の近くにたどり着く。
  • 一方DS9ではキラがベイジョーの兵士ではなく宗教的指導者になっていた。そして彼女を含む元クルーたちの元に、DS9に集まれという謎のメッセージが届く。地球からはオブライエンとケイコ(娘のモリーは宇宙艦隊に入ってDS9に勤務していた)、そして小説家になったジェイク。エズリとベシアは結婚して宇宙船の指揮に当たっていたが、彼女たちもDS9に向かい、全員がクワークの店で再会する。
  • 彼らを集めたのは、ノグの仕業であったことが判明する。ノグは宇宙船の中からその理由を説明しようとするが、皆の目の前でノグの乗ったディファイアントが爆発してしまう。
  • ノグが亡くなったことを訝しむ元クルーたち。惑星連邦のクルーとしてエズリが調査にあたるが、その陰ではキラと彼女の副長官が何かを隠していた。キラはDS9のある宇宙連邦のクルーに、エズリの調査の内容を自分に教えるよう伝えるが、そのクルーこそシスコとキャシディの息子だった。
  • エズリが調査を続けるなか、ウォーフはベイジョーに降り立ち、ガラックに出会う。そこで彼に渡された情報は、キラがジェムハダーの集団を改宗させたというものだった。つまりベイジョーの傘下にジェムハダーがついたのだ。何者も信用するな、とウォーフに伝えるガラック。
  • その裏では惑星連邦のセクション31がベイジョーの宗教を厄介なものと見なしており、彼らから宗教を奪い、ベイジョーを惑星連邦の一員にするため、ベイジョーの預言者が住むというワームホールを爆破する計画を建てていた。そして現在のセクション31のリーダーこそ、ベシアその人だった。
  • DS9では惑星連邦とベイジョー人の緊迫が最高潮に達し、ステーション外では宇宙艦隊やクリンゴン、ベイジョーの船が集まってくる。ベイジョーと以前の仲間たちのあいだでキラの忠誠心が試されるなか、DS9のデッキは白い光に包まれる。そして光の中から出てきたのは、シスコだった…。

というあらすじ。これすんごく観たいんですけど。実写が無理ならアニメーションでいいから、ライターたちは続きのプロットを描いてくれないかなあ。CBSは「TNG」の続編を作るよりもこっちを製作したほうが良いのでは。

というわけで何でもありのドキュメンタリーだったが、かつてのキャストやスタッフが再会して、昔話に花を咲かせているのを見るだけでも楽しいし、一見の価値はあるかと。これ欧米では限定的に劇場公開もするようで、ぜひ日本でも多くの人の目に触れられるようにして、往年のファンたちを喜ばせてほしいところです。


絶賛公開中なので感想をざっと。以下はネタバレ全開なので注意。

  • 戦闘シーンが続いてばかりだった前作に比べ、今回はプロット重視になっていて断然楽しめる出来になっていた。キャストも指パッチンされた面々がいなくなった分、ストーリーがアベンジャーズの主要キャラ(プラス数名)のみに専念されて話がグイグイ進み、3時間という長尺が気にならない展開であったよ。しかし前作のラストで活躍が期待されたキャプテン・マーベルが強力過ぎて、話にほとんど関わらないのはご愛嬌。
  • タイムトラベルが絡んだストーリーの常として、いろいろパラドックスとがが気になるのだが、まあそこは真面目に考えても仕方ないでしょう。これが過去のMCU映画を再び訪れるという仕掛けになって、ナタリー・ポートマンやレネ・ルッソ、さらにはロバート・レッドフォードといった役者などが再登場していたのは見事なファンサービスでしたな。いっそエドワード・ノートンとかテレンス・ハワードなんかもしれっと再登場させれば良かったのに。
  • サノスがあまり面白くない敵役なのは相変わらずで、しかも今回は主人公たちよりも知っている情報が少ないという損な役回りなのですが、彼の戦闘シーンは最後に1つだけ大きいのを持ってきたのは存在感があってよかったかと。
  • 前作、もしくは他のMCU映画からの伏線をきれいに畳んでいく内容ではあるものの、前作でバナーがハルクに変身できなかった理由って結局なんだったの?あれは大きな伏線かと思ってたのに。
  • ホークアイの日本語は何を言ってるかわからないので、字幕つけたほうが良いのでは。
  • アントマンとウォーマシーンは「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」の内容を知っていた。
  • まあMCU映画の1つの終わりを飾る作品ではありますが、フェイズ3の終わりでもないし(今度のスパイダーマンがそうらしい)、MCU映画も利益を生む限りはこれからもどんどん作られますからね?こういうフランチャイズ映画ってキャストが歳をとってしまうのが一番の問題であったが、マイケル・ダグラスとかの顔がCGで若返ってるのを見ると、この映画で降板するはずのキャラクターたちも、いずれまた不気味なほど若返って再登場して、ディズニー帝国の陽を沈ませないのではないか、と思わずにはいられないのです。

DCコミックス原作の映画だが、予算感としては中規模なんじゃないかな?主役のキャラクターは嫌いじゃないがそんなに思い入れはない。フォーセット・コミックスでブイブイ言わせていた時代なぞ当然知らないので、DCに移ってスーパーマンの二番煎じに甘んじていたヒーロー、という印象が強いのよね。個人的に好きなコミックははまだキャプテン・マーベルという名前だったころのジェリー・オーダウェイの一連の作品と、ジェフ・スミスのミニシリーズのやつだが、今回の映画版はジェフ・ジョンズのNew 52のものをベースにしてるので、あまり詳しい訳ではないです。以下は感想をざっと:

  • DCコミックス作品としては初めてニューライン・シネマが製作した映画になるわけで、まあ何となく「ホビット」みたいなファンタジー路線に合ったものになってるんですかね。
  • そもそも主演がザ・ロック様ことドウェイン・ジョンソンありきで製作が進んでいたはずだが、ロック様が主人公のシャザムでなく敵役のブラック・アダムを演じたがったことで主役不在となり、さらにブラック・アダム単体で映画を作ることになって今回は登場しなくなったわけだが、ここらへんのドタバタは完成品にどれだけ影響を与えてるのかしらん。原作だとマッド・サイエンティストのシヴァナがパワー系のヴィランになっているあたり、元々はアダムを想定してたのかな、と思います。
  • そのブラック・アダムは劇中でその存在を仄めかされるだけだが、まあロック様が忙しくてカメオ出演もできなかったんでしょうね。大昔にいた存在、とか言われてるあたり、「スコーピオン・キング」みたいな形のスピンオフが作られるのかな?
  • ロック様に代わって主役のシャザムを演じるのがザッカリー・リーヴァイ。おれ「チャック」をあまり観てないのでそんなに馴染みのある役者ではないですが、非常に背が高いのでヒーローを演じるには適役かと。シヴァナ役のマーク・ストロングも「グリーン・ランタン」のシネストロよりもよいヴィランを演じてたし。
  • 気になったのはストーリーのペースで、主人公が突然ヒーローになって驚き、悪ふざけをするところに時間を割き過ぎてるのでは。シャザムが空を飛べることは皆知ってるのだから、本人がその能力に驚いている描写とかがなんかくどいのよな。例によって最後はちゃんとヒーローとして目覚め、それはそれで良いのだが、話にもう1つくらい盛り上がりがあって欲しかったような。
  • どちらかといえばお子様向けの作品だが、R指定の「デッドプール2」同様に、「気が合う連中がいればそれが家族」というテーマを打ち出した内容であった。ここらへん「殺しあう仲でも血縁は重要」という感じだった「アクアマン」との対比ができるかも。
  • ちなみにシャザムというかビリー君の口癖が「Holy Moly!(びっくりこいた!)」なわけだが、日本語字幕では訳を統一しなかったのは何故だろう?
  • なおビリー君は心が純粋だという理由でヒーローとして選ばれるのだが、現実だったらあれトム・ハンクスが選ばれてるだろうな。劇中でもハンクス主演でよく似た設定の「ビッグ」へのオマージュがありましたね。

BONE TOMAHAWK」「BRAWL IN CELL BLOCK 99」に続くS・クレイグ・ザラーの脚本&監督作品。以下はネタバレ注意。

ブレット・リッジマンはベテランの警官であるものの、その我が道を行くスタイルのために出世できず、自分より20歳も若い警官のアンソニー・ルラセッティと組んで張り込み業務を行なっていた。しかし逃げようとした容疑者を手荒く扱った様子が撮影され、ニュースとして報じられたために二人は6週間の停職処分を受けてしまう。家族を養ったりするのに金が必要な彼らは、街にヴォーゲルマンという犯罪者が潜んでいることを知り、彼の犯罪の収益を横取りしようと張り込みを始める。そしてヴォーゲルマンが銀行強盗を遂行するのを見届けた彼らは、その獲物を奪うために一味の車を追うのだが…というあらすじ。

スタイル的には前作の「BRAWL IN CELL BLOCK 99」こと「デンジャラス・プリズン」を踏襲していて、どこが同じかというと:

  • ヴィンス・ヴォーン、ジェニファー・カーペンター、ドン・ジョンソン、ウド・キアー(!)といった役者が引き続き出演している
  • 尺がやたら長い(今回はなんと2時間40分)一方で、話が佳境に入るのがずいぶん遅い
  • 人体の破壊描写がえげつない
  • カーステレオでかかる曲が概してダサい

などといったところか。尺は長いしアクションが多いというわけではないものの、いろいろ展開は多いので中だるみもせずに見ていて飽きることはないかな。映画というよりテレビドラマを観ているような感じ?産休から復職する銀行員の話とか実はメインのストーリーに関係なかったりするものの、結局は印象に残ったりする。

主役のリッジマンを演じるのはメル・ギブソンで、パートナーのルラセッティ役がヴィンス・ヴォーン。ハリウッド俳優のなかでもコテコテの右寄りとして知られるギブソンとヴォーンだが、劇中においてもリベラル寄りのニュースメディアを揶揄するようなセリフがあったり、リッジマンの白人の娘が黒人の少年たちにいじめられるシーンがあったりと、どことなく反ポリコレ的な描写がチラホラあったな。ここらへん監督が意図して入れているのか、冗談でやってるのかよく分かりません。いちおう劇中でもっとも真っ当な人間として描かれてるのは、刑務所から出たばかりなのに家が貧しくて再び犯罪に手を染め、ヴォーゲルマンの運転手として雇われる黒人男性であったことは記しておきます。彼と一緒に雇われる友人をマイケル・ジェイ・ホワイトが演じているのだけど、彼を出しておきながら肉体派アクションを見せつけないのはムダ遣いだよな!

リッジマンとルラセッティはまあ悪徳警官なのだけど、冒頭でも容疑者にそこまで過度な暴力を振るうわけでもないし、人種差別をしているわけでもない(ルラセッティの恋人は黒人)。「リーサル・ウェポン」のマーティン・リッグスのような型破りの警官が年をとったらこんな感じになるんだろうか。アメリカで問題になった警察による暴力へのコメンタリーかというとそうでもないし、かといって単なるB級コップ・ムービーのパスティーシュかというと当然違うわけで、深く考えようとするとモヤモヤすることになるかも。

その長さが敬遠されてアメリカでもあまり多くの映画館では公開されなかったようで、まあ監督のスタイルに慣れてないととっつきにくい作品であるかな。前二作ほどのインパクトはないものの、見応えのある作品でしたよ。

ピーター・カパルディが監督・脚本・主演を担当した2012年の単発番組。ずっと観てみたいと思っていた作品だが、ふと検索したら中華サイトに中国語字幕つきてアップされてるのを発見してしまった。中国でどれだけ需要があるのか知らんがご苦労様です。

内容はカパルディ演じるナビゲーター(カパルディ本人かどうかは明言されてない)が、かつてロンドンに存在したという架空の映画スタジオ「クリックルウッド・スタジオ」で作られた映画の数々への思いが語られるというモキュメンタリー。

100年近く前に創設されたクリックルウッド・スタジオは映画の黎明期から撮影を行っており、数々の銀幕のスターを世に出していく。チャップリンまがいのサイレント時代のコメディアンは人気を博したものの撮影中にロードローラーに潰され、トーキーになってからの女優はその歌が大戦中の兵士たちのあいだで大流行した一方で、実は親ナチスでありヒットラーのための映画にも出演していたなど、人気俳優たちの栄光と没落が淡々と語られていく。

カラー時代になってからは財政難に見舞われ、ホラー映画を作ったらヒットして似たような作品を乱発するという流れはハマー・フィルムを意識したものかな。科学者がイモ虫に噛まれて怪物化するという「原子人間」のオマージュみたいな作品も出てきますよ。

60年代になってからはコメディ・グループ(「Carry on」シリーズのオマージュですかね)に出演していたグラマー系の女優が、イタリア人監督とアートフィルムを作るものの興行的に失敗し、その後はアダルトまがいの作品にしか出演できず、やがて自ら命を絶つという悲劇が説明される。

そして最後は例によってテリー・ギリアム(本人登場)がスタジオで撮影を行うものの、撮影用の水槽が破裂してクルーが病気になり、訴訟問題に発展して映画の公開が禁じられ、多大な負債を抱えたスタジオは閉鎖の憂き目に遭ってしまう。もはやギリアムってこういうジョークのネタにされる人になってしまったな!彼の未公開映画(?)の絵コンテがいくつか見られるのは貴重でした。

いちおうコメディ番組なんだけど、イギリスの映画史への愛とユーモアを含めたオマージュというべきか。映画スタジオの架空の歴史と作品の数々を、ゼロから作り上げたその労力は結構すごいものがありますよ。DVDなどが出てないのが残念というか、もっと正規のルートで見られるようにすべき作品。

Cricklewood Greats from Tomboy Films on Vimeo.