コメディ・セントラルの新番組。

ドナルド・トランプが大統領になって以来、アメリカの深夜帯の番組は政治色を強めたことで視聴率を稼ぐようになっておりまして、選挙期間中はトランプをホストに迎えて彼の人気向上に貢献するという愚挙を犯した「サタデー・ナイト・ライブ」も最近はアレック・ボールドウィンの物まねなどで風刺の度合いを強めて人気を得ているし、「デイリーショー」仕込みの政治ネタを披露するようになったスティーブン・コルベアーの「レイト・ショー」は、トランプに日和ったインタビューをしたと叩かれたジミー・ファロンの「トゥナイト・ショー」を視聴率で追い抜いてしまった。

コメディ・セントラルにはすでに「デイリーショー」があるわけだが、そのトレンドに乗っかるべし、とでも考えたのか出してきたのがこの番組なわけですね。アンソニー・アタマヌイック(Atamanuik)なるコメディアンがトランプに扮してトークショー形式の番組をやるという形式で、マイク・ペンス副大統領のサイドキックつき。第1話はトランプのモノローグのあと、ニューヨーク市街に繰り出して通行人にインタビューしたりして、ゲストにはリベラルで知られるキャスターのキース・オルバーマンを迎えるという展開でした。

アタマヌイックって過去にもトランプの物まねをよくやってたようで、それが認められて番組に抜擢されたらしい。ボールドウィンには何故かディスられてるようだが、まああっちは短いスケッチをメインに行っているわけで、どちらの物まねが上手いというのは判断できんね。脚本のあるモノローグなどはさほど面白いとは思わなかったけど、アタマヌイックってインプロビゼーション集団のUCB(United Citizens Brigade)出身のようで、一般の通行人とのやりとりなどに、才能の光るものを感じました。

しかしまあトランプ本人がタチの悪い冗談の権化みたいな人なので、あれをどうコメディにしようとも現実の奇妙さには太刀打ちできないのではないか、という気もする。同じ局でやっていた、ブッシュ息子のパロディ番組「That’s My Bush!」もあっという間に打ち切りになってしまったしね。あとは戦争とかテロ攻撃が起きたりした暁には、大統領をコケにした番組は大変作りにくくなると思うのですが、そのような事態が起きないことを祈りましょう。


こないだ『レギオン』のシーズンが終わったばかりだが、早くもノア・ホーリーの名を世に知らしめたシリーズのシーズン3が始まったのだよ。

今回の舞台となるのは2010年のミネソタ。エミットとレイのスタッシー兄弟は兄のエミットが成功したビジネスマンであるのに対し、弟のレイは汚職に手を染めた保護観察官として貧乏暮らしをしていた。保護観察の相手として知り合ったニッキーと結婚したいレイはエミットに結婚指輪の代金を無心するものの、エミットにむげもなく断られる。頭にきたレイは元犯罪者のモーリスに、エミットが所有する高価な切手を盗むよう依頼するものの、エミットの家の住所を失念したモーリスは間違った家に押し入り、そこの住人である老人を殺してしまう。そしてその老人は、地元の女性警察署長の父親だった…というあらすじ。

なお冒頭ではいきなり1988年の東ドイツが出てきて、人違いで逮捕される男の話が語られるのだが、それが2010年のミネソタとどうやってつながっていくのやら?また一見裕福そうに見えるエミットも、怪しい連中から金を借りていたことが判明し、いろいろ複雑な展開になっていくみたい。

シーズン2はシーズン1のプリクエルという扱いだったが、今回のシーズンは過去のシーズンとどういうつながりがあるのかは明らかにされていない。シーズン1の4年後という時代設定の近さを考えるとシーズン1の登場人物がそのまま登場してくることも可能だろうが、はてさて。

シリーズの特徴である、ミスや悪運の連なりによって不遇な死を遂げる人が今回も出てきて、それが一連の物語の始まりとなるわけだが、過去のシーズンにくらべると比較的地味なスタートだったかな。もちろん今後の展開がどうなるかはまったくわかりませんが。

エミットとレイの兄弟はユアン・マクレガーが一人二役で演じている。双子ではなくて、メイクで別人になっている頑張りぶり。マクレガーってどの役でも同じようなイントネーションで話すことがよく知られてるが、今回はいちおうミネソタ訛りも入れてるのかな…?少なくともマーティン・フリーマンほどの訛りではありませんでした。レイのガールフレンドを演じるのがメアリー・エリザベス・ウィンステッドで、警察署長に『ゴーン・ガール』のキャリー・クーン。あとはデビッド・シューリスやマイケル・スタールバーグなど、相変わらず豪華なキャストが脇を固めています。

シーズンが始まったばかりなので話の展開の憶測などはとてもできないけど、過去のシーズンのクオリティを保てるのであれば大変面白いものになるはずなので、ここは黙ってワイルドな話の展開を楽しみましょう。


ジム・ジャームッシュの新作。日本では「パターソン」の邦題で8月公開かな?

舞台となるのはニュージャージーのパターソンという街。主人公のパターソン(街の名前と同じだね、というツッコミが劇中でも入る)はバスの運転手をして暮らしており、毎朝早く起きてバスを運転し、夕食には妻と愛犬の待つ自宅へ帰る、という生活を繰り返していた。そんな彼の隠れた情熱は詩を書くことで、同じくパターソンに住んでいた詩人のウィリアム・カーロス・ウィリアムズに憧れながら、自分が目にして経験する物事について詩をノートに綴っていくのだった…というあらすじ。

ジャームッシュの前作「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」はファンタジーというかサスペンス性が強い内容だったが、こちらは一転して日常系の物語。パターソンの月曜から日曜までの1週間を切り出し、彼の淡々とした生活を描いている。事件というかトラブルも発生するものの、あまり影響が出ずにそのまま人生が続いていく感じ。あとは乗客の会話に耳を傾ける運転手、という点では「ナイト・オンザ・プラネット」に通じるものがあるかな。

主人公のパターソンは暇さえあれば詩を綴っている人物だが、アーティスト気取りのようなところは一切なく、詩人かと聞かれても否定するほど。むしろケーキ作りやインテリアやギターに興味が移りまくる彼の妻のローラのほうが、いわゆる意識の高い人にように振舞っているかな。

パターソンを演じるのはアダム・ドライバー。やはり「スター・ウォーズ」なんかよりもこういう一般人の役のほうが似合うよね。彼が書く詩はジャームッシュの好きな詩人が提供したものらしいが、撮影にあたってちゃんとバスの運転手の資格を取得したというのは流石だなと。あとは「ミステリー・トレイン」にも出演してた永瀬正敏がちょっと登場してます。

内容が内容だけにナレーション形式で詩がたくさん詠まれていて、これ日本語に訳すの大変そうだなと思っていたら「詩を訳すのは雨具を着てシャワーを浴びるようなものです」という身も蓋もないセリフが出てきておりました。まあそれでも訳さないといけないわけですが。

あまりにも淡々としすぎていて、アメリカで非常に高い評価を得ているのがちょっとよく分からないのだけど、ごく普通の人々が持つアート心への賛歌、という点が受けてるのでしょう。悪くはない作品。


昨年はクリスマス特番とスピンオフの「CLASS」だけだったので1年半ぶりの新シリーズ。ピーター・カパルディが今シリーズで降板することが発表されてるほか、スティーブン・モファットもショウランナーを交代するので1つの大きな区切りのシリーズになるのかな。

前シリーズでクララたんがコンパニオンを離れたので、今回からはパール・マッキー演じるビル・ポッツという少女が新たなコンパニオンになる。まああまり器量好しなタイプでもないので、コメディエンヌ的な要素が強くなるのかな?コンパニオンとしては初のゲイのキャラクターであることが一部で話題になってたが、ラッセル・T・デイビス時代のほうがもっとゲイゲイしてたし、マット・ルーカス演じるロボットのナードールも引き続き登場してるので、そこらへんはあまり大したことではないです。彼女が好意を抱く「目の中に星を持つ少女」が今後の展開にも絡んでくるのかな?

一方でカパルディ演じるドクターはビルが働く大学で長年教えている教授、という役回りになっている。コスチュームが若干新しくなっていてフードつきのコートを着ているほか、髪が少し長くなったので初代もしくは3代目ドクターを彷彿とさせるな。大学の地下にある謎の扉を長年開こうと努力していることが示唆されており、これも今後のプロットに関係してくるのでしょう。

第1話はいわゆる「新しいコンパニオンがドクターに出会う話」であってあまり目新しさはないものの、「シャーロック」ではファックユーな展開を繰り広げていたモファットってやはり「ドクター・フー」が似合うと思うので、大きなフィナーレに向かって盛り上がっていくシリーズになることを望みましょう。初っ端からダーレクが登場してたけど、もう出さなくてもいいからね!ミッシーやオリジナルデザインのサイバーメン、さらにはジョン・シム演じるザ・マスターといったキャラクターが復活することが報じられているほか、噂では年末を待たずにドクターが新しい役者へとリジェネレートするという話もあるようで、いろいろ期待せずにはいられないではないですか。


前作は劇場で2回観て、原作もクッソ読みづらい原書で読んだし(「ポルノ」は読んでない)、舞台版も見に行った。それくらい思い入れのある映画であったので、果たしてこの続編が期待に応えることができるかについてはそれなりの不安を抱いていたわけですね。海外での評判もいまいちだったようだし。

んで結論から言いますと、十分に楽しめる良作であった。もちろん前作ほどのキレというか疾走感は無いよ。あちらはボンクラがカタギの生活をしようと努力するエネルギーに満ちていたのに対し、こちらは中年にさしかかって人生の壁にぶつかった男たちが右往左往する話なのだから。でもそれが自分のような主役たちと同い年の者にとっては非常に親身に感じられるわけですね。公開週なのに劇場ガラガラだったけど、これもっと若い人が観たらどう感じるだろう。

20年の時を経て、登場人物も役者たちもみんな年をとっている。ユアン・マクレガーこそ未だに童顔であるものの、他の人物たちは髪が薄くなったり、丸っこい体型になっていた。30代でホグワーツの女学生を演じていたシャーリー・ヘンダーソンも(前作に出てないけど)さすがに老けてきている。そして彼らは結婚したり子供をつくったりしている一方で真っ当な大人になれず、家族への責任も抱けないわけだが、ベグビーに妻子がいる設定はちょっとズルいと思いましたよ。

そんな彼らが金儲けの話よりも夢中になれるのが「昔話」であり、過去の写真や逸話を壁に貼りながら、以前の武勇伝を語り合うときだけ、彼らの目は輝いている。(ここの部分はちょっと感情移入できなかったかな。自分が子供だったときの写真とか見て楽しいか?)

そして彼らは結局のところ怪しい金儲けに手を出すわけだが、スコットランドの経済状況や政治状況をうまく反映させてるのが面白かったな。親英派の集会とか。そして彼らを待ち受ける、ほろい苦い終わり方もまた良かった。

ダニー・ボイルの映像と音楽は相変わらず美しくて無駄がない。いつも彼の映画を通して(自分にとって)新しいミュージシャンを知るのですが(「トランス」のエミリー・サンデーとか)、今回はウルフ・アリスとかヤング・ファーザーズなどがめっけものでした。前作の映像と音楽も効果的に組み込まれてましたね。

一人くらいはカタギになってオフィスで働いているものの、安い給料で暮らしがしんどく、老いた親の介護でろくに結婚もできないような設定になっててもいいんじゃないの、とも思ったけどそれって日本的な発想なんだろうか。何にせよここ20年が何もなかったような設定の続編が多いなかで(インデペンデンス・デイとかX-ファイルとか)、時が経ったことを直視し、登場人物のその後をきっちり描いたことで、意義のある「続編映画」になっていたところに、この映画の大きな価値があるのでしょう。