「HELP」鑑賞

「キリング・イヴ」でブレークして、「フリー・ガイ」が大ヒット、そして今度は「最後の決闘裁判」に出演と絶好調のジョディ・カマーが主演したチャンネル4のTVムービー。以下はネタバレ注意。

イギリスでのCOVID-19パンデミックをテーマにしたもので、粗野な家庭の出身のサラはリバプールのケアホームで介護士として働くことになる。そこは主に老人たちが住むケアホームだったが、若年性認知症のトニーも住んでおり、サラは彼と仲良くなっていく。しかしイギリス全体にパンデミックが襲いかかり、ケアホームにおいても感染者が増えて介護士の手がまわらなくなり、サラは絶望的な状況に置かれるのだった…というあらすじ。

ロックダウン下での家族生活を扱った「Together」もそうだったが、イギリスのテレビは時事ネタを映画化するのが早いよな。これは業界全体が小さいからなのか、あるいは脚本家に劇作家が多いので、少人数の物語ならすらっと書けてしまうのだろうか(この作品の脚本家は「ワンダー 君は太陽」などいろいろ書いてるジャック・ソーン)。

この作品も三幕劇のような構成になっていて、前半はサラがケアホームでの仕事に慣れていく展開が描かれ、中盤になってからはCOVID-19が皆に襲いかかり患者が増えるなか、サラが夜にひとりで皆の世話をしようと努力する展開になっている。20分以上の長回しシーンもあるよ。そして最後は、ケアホームの所長によるトニーへの扱いに憤慨したサラが、トニーを逃そうとする話。

急いで撮影したのか全体的に作りが雑な感じは否めなくて、それぞれのシーンのつながりとかがよく練られていなかったような。その反面、荒削りだがパワフルなメッセージを打ち出した作品でもあった。しかし何故かクローズアップと浅いフォーカスを用いた撮影が多用されていて、画面のどこかしらがボケているのが気になって仕方なかったよ。ああいうアート映画っぽい撮り方はこういう作品には向いてないと思う。

トニー役に「ヴェノム2」のスティーブン・グレアム。どうもジョディ・カマーの才能を見出したのが彼だそうで、師弟コンビの共演映画ということになるのかな。あとはケアホームの所長をイアン・ハートが演じていて、ニタニタ笑いながら怒るという奇妙な演技を見せてくれます。

物語の最後においてサラは画面に向かって国への恨みの言葉を吐き続け、エンドクレジットではパンデミックでの犠牲者の4割がケアホームの住人だったこと、必要な防護具がケアホームの1割にしか届けられなかったことなどが説明されていく。このように国をしっかり批判できるのがイギリスのテレビ局(さらに言うとチャンネル4)だよなあ。日本のテレビ局はこういうことできないでしょ。

「Madi: Once Upon A Time In The Future」読了

月に囚われた男」「ミッション: 8ミニッツ」のダンカン・ジョーンズが、ライターのアレックス・ディ・カンピと組んでストーリーを執筆したコミック。

昨年の6月くらいにキックスターターでクラウドファンディングが始まって、そのときはコロナの給付金(覚えてる?)が振り込まれてたので気前よく30ドルほどのソフトカバー版をプレッジしたのだが、電子書籍ではないから後から送料が50ドルほど上乗せされ、なんだかなーと思っていても発送の連絡が全く来ない。コロナの影響で印刷に手間取っている、というニュースレターは届いてたので仕方なく気長に待ってたら他のアジア地域には届いている、という書き込みを見つけたので問い合わせしてみたら、すまんデータベースが破損したので送れなかった、といういいかげんな言い訳が来た次第。おかげでプレッジしてから実物を手にするまで1年以上待たされることになったよ。しかもこれ出版社がアマゾンでも販売してて、日本でも送料込みで3000円ほどで入手できるようで、待たされて高い送料払ったのは何だったんだよという気分。コミックのクラウドファンディングするのは、データ納品される電子書籍のみに徹したほうが良さそうですね。

とはいえ約30センチ X 20センチの大判サイズで260ページのソフトカバーは紙の書籍ならではの質感があってなかなか心地よい。1つのストーリーを複数のアーティストが数ページずつ描いているスタイルで、有名どころではダンカン・フィグレド、グレン・ファブリー、クリス・ウェストン、サイモン・ビズレー、ピア・グエラなどといった、主にイギリスのアーティストが携わってますね。当然ながら人によってアートのスタイルが違うので、キャラクターの顔が突然変わったりして戸惑うところもなくはない。素手の戦闘で人体破壊が行われるシーンをサイモン・ビズレーが担当してるあたり、いちおうそれぞれのアーティストの特性にあわせてページを振り分けてるのかな?

舞台は近未来。マディ・プレストンはイギリスの特殊部隊員だったが体内に無数のサイバネティックス補強を施したために多くの借金を抱えており、退役後は彼女の姉たちとともにリバティー・インクという企業の傭兵として危険なミッションをこなしていた。ロンドンのミッションでも同僚を一人失ったマディは、単独で上海の大企業「レッドサン」の代理人の依頼を引き受け、あるテクノロジーを奪取するために巨大船舶に潜入するが、そこで彼女が発見した「テクノロジー」とはサイバネティックスを埋め込まれた一人の少年だった。特異な技術を持ったディーンという少年をレッドサンに引き渡すマディだったが、あどけない少年を渡したことに罪悪感を感じて彼女はディーンをレッドサンから奪い返し、技術者のテッドとともにアメリカへ逃亡するのだったが…というあらすじ。

主人公のマディは身体中に埋め込まれた補強インプラントのおかげで超人的な身体能力を誇るものの、身体を他人にハックされる可能性があるため劇中の大部分では機能をオフにしていて、逆に皆の足手まといになるくらい。冒頭でディーンを誘拐する際も謎のブラックアウトを経験していて、実際そこで何が起きたのか?というのがストーリーの大きなカギになっている。一方のディーンは世界中にあふれる電気信号を見ることができて操れるという能力の持ち主で、ATMだろうとドローンだろうと自在にハッキングできる能力はちょっとチートすぎるかな。

おれ最近のダンカン・ジョーンズの映画を観てないのですが、「月に囚われた男」「MUTE」と同じユニバースの作品なのかな?サイバーパンク作品だが内容はSF要素よりもアクションに重きを置いたものになっていて、バンド・デシネよりも「2000AD」にノリは近いかな。ジョーンズは「2000AD」原作の「ローグ・トルーパー」の映画化にもとりかかってるはずだから、あれに影響されたのかもしれない。ニール・ブロムカンプの映画の雰囲気にも近いかな。

中国のレッドサン社が具体的に何をやりたいのかとか、全体的な世界設定の説明が足りないし、ストーリー展開もありがちではあるのだが、話のテンポがよくて飽きさせず、著名なアーティストたちのアートにも支えられて結構楽しめる作品になっていた。少なくとも30ドルの価値はあるかな。送料50ドルとなると考え込んでしまうけど。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」鑑賞

題名、「死んでる時間はない」よりも「死ぬ時ではない」という意味だった。以降はネタバレ注意。

  • ダニエル・クレイグ版ボンドの最終作品ということで、007映画にしては珍しく彼の今までの4作のストーリーをかなり引き継いだものになっているほか、「ドクター・ノオ」を意識したオープニング・クレジットからあの曲が流れるエンドクレジットまで、今までの007映画のオマージュが散りばめられた内容になっている。終盤の敵基地でのアクションは「2度死ぬ」か「私を愛したスパイ」、「ダイ・アナザー・デイ」あたりを連想させましたね。
  • そもそも前作「スペクター」でクレイグが降板する見込みがあったわけで、「アストン・マーティンに乗ってボンドは女と去る。あとは知らね。」というあの結末に、無理して続きをつけた感がなくもない。よって今回も続けてレア・セドゥがボンドガールを演じるという異例の展開になっている。以前は作品ごとにヒロインを取り替えてもお咎めなしだったのが、映画業界的にそれはどうよ、という流れになってきていて、「ミッション・インポッシブル」もそれの辻褄あわせにやけに時間を割いていたな。まあ前作のヒロインが続編で殺されるパターンの「ボーン」シリーズよりは健全なのでしょうが。
  • ブロスナン版ボンドの終盤でガジェットも敵の計画も世界規模の無茶苦茶なものになって、それをリセットして地味なスパイものに戻したのが「カジノ・ロワイヤル」だったが、作品を重ねるにつれてサイレンサー銃での暗殺がマシンガンでの銃撃戦になり、敵基地での壮大なドンパチになるアクションのインフレの流れはブロスナン版もそうだったし、前作「スペクター」でその傾向があったのでさほど以外ではない。ただ今回はテーマである「毒」というミクロな存在と、世界規模の陰謀のバランスが合ってない気がしたよ。
  • キャリー・フクナガの演出は可も不可もなし。ボンド映画最長の尺となったが特に中弛みもしない一方で、ものすごく印象に残るアクションやショットもなかったような。オープニングクレジット前からエンドクレジットの曲名が言及されたり、電車でマドレーヌと別れる際の彼女の手の位置とか、かなり分かり易い伏線が張られてましたね。あとアナ・デ・アルマス、もうちょっと出してほしかったな。
  • ラミ・マレック演じる悪役はチート級の強さというか組織を誇っていて、あなたその活動資金はどこから調達してるのよ、という説明は全くなかったけどまあいいや。今回は女性の00エージェントが登場するなどいろいろ時代の流れに配慮してる設定もある反面、ボンド映画のヴィランは顔に障害があるという、政治的に正しくない伝統を律儀に踏襲してまして、あれに対しては英国映画協会から助成金が出なくなったはずだが、助成金なしで映画作ったのでしょうか。
  • 悪役の組織に対するボンドの組織、ミサイル発射の権限持ってるのか?なんであんな場所に戦艦がいたんだ?
  • 海に沈んだ彼はやはりサメに喰われたのかな。
  • ダニエル・クレイグ作品の集大成にすることに気負いすぎて、無理なこじつけが感じられたり、スカッとする娯楽作品にもならなくてモヤモヤする点はあるものの、まあこれで1つの時代が終わったんだなという感はある。次作は主演も親会社も代わって、ブロスナンからクレイグに移行したとき以上のハードリセットがかかるのでしょうね。21世紀におけるジェームズ・ボンドの立ち位置というのは常に議論の的になるけど、彼は古き良き大英帝国の遺物という存在でもあるので、あまり時代にあわせずに、時代錯誤の象徴であっても構わないのではと個人的には思うのです。親会社の都合で、ガジェットをアマゾンに送ってもらうボンドが登場しなければ良いのだけど。

「クライ・マッチョ」鑑賞

HBO MAXが半額セールやってたのでまた加入した。まあ「デューン」も「マトリックス」も劇場に観に行くつもりなのであまりメリットはないのだが。クリント・イーストウッドの映画って個人的に波長が合わないところがあって、最近の「リチャード・ジュエル」とか「運び屋」は観てません。

91歳にしてイーストウッドが監督・主演を務めた作品だが、早撮りのスタイルは相変わらず健在で、特に冒頭はガンガン話が進んでいく。元ロデオの花形選手だったマイク→友人の依頼を受けて友人の息子ラフォを探しにメキシコに行く→息子の母親は裕福だがズボラで息子の居場所を知らない→マイク、すぐさま息子を見つけ出す→マイクとラフォの旅が始まる、という流れ。そもそも91歳の爺さんがそんな危なっかしい依頼を引き受けるか?と言ってはいけないのでしょう。息子の母親がマイクに色目を使ってきたりするので、劇中のイーストウッドというかマイクは60歳くらいの気分でいるのかもしれない。

ドワイト・ヨーカム演じるマイクの友人は冒頭から説明口調でメキシコ行きを依頼するし、ラフォの母親もテレノベラに出てきそうな紋切り型の金持ちメキシカン、ラフォは育った環境のせいでグレてるが心は純情な少年、とかなり登場人物の設定が薄っぺらいのも気になったよ。

とはいえやはりイーストウッドに人を惹きつける力があることは確かで、周囲がどんなに下手な演技をしてても彼自身は魅力的だし、マイクとラフォがアメリカに戻る長旅を始めてからはロードムービーとして結構楽しめる内容になっていた。ただしラフォに人生を教える良き老人というだけでなく、メキシコの村の住民のトラブルも解決してあげる人気者になってしまうあたり、おいしい役を独り占めしすぎてやしませんか。映画における「白人の救世主」ってやつ?脚本は最近のイーストウッド作品を手掛けているニック・シェンクだが、トム・クルーズ作品におけるクリストファー・マッカリー的というか、良い脚本というよりもスターを立てるための脚本を書いてるような。

マイクはいちおうカウボーイという設定なので、「許されざる者」以来のイーストウッドのカウボーイもの、という見方もあるようだけど舞台が1970年代なので西部劇ではないわな。少年と老人の交流の物語、という点では「グラン・トリノ」に近いがあそこまで傑作ではない。というかイーストウッド作品としてはあまり評価が高いほうには入らないのだろうが、たぶんこれが遺作にはならず、あと数本は世に送り出すような気がする。荒馬に明らかに本人が乗ってないとか(寄ったショットがない)、後ろからやってくる車に誰も気づかないといった雑な描写もぜんぶ引っくるめて、我々はただもうイーストウッド御大の作品として受け入れればいいのだ。

「ファウンデーション」鑑賞

過去にはローランド・エメリッヒが映画化、とかいろんな話の出ていたアイザック・アシモフの「ファウンデーション」がついにApple TV+で映像化。わたくし小学生のときにジュブナイルSFで「鋼鉄都市」を読んで以来のアシモフのファンでして(学校の読書感想文も提出した)、「ファウンデーション」シリーズやR・ダニール・オリヴォーのロボットシリーズなど一通り読んでいるのであります。

それで「ファウンデーション」を映像化するにあたって恐らく一番の問題となることは「話に主人公がいない」ことでして、確かに前日譚の「ファウンデーションへの序曲」と「ファウンデーションの誕生」はファウンデーションの設立に奮闘する心理歴史学者ハリ・セルダンが主人公だし、続編の「ファウンデーションの彼方へ」と「ファウンデーションと地球」はゴラン・トレヴィズが実質的な主人公だけど、このシリーズを世に知らしめたオリジナル三部作(「ファウンデーション」「ファウンデーションと帝国」「第二ファウンデーション」)は基本的に群像劇であり、セルダンの遺したセルダン・プランに沿って銀河帝国滅亡後の暗黒時代を乗り切ろうとするファウンデーションという集団の数百年にわたる物語なのですよね。ファウンデーションの市長や住民の話はいろいろ出てくるけど、主役はあくまでもファウンデーションそのものであって特定の個人ではないというか。

とはいえ映像化するとやはり誰か主人公がいたほうが視聴者は感情移入しやすいわけで、今回主人公に選ばれたのはやはりハリ・セルダン。しかしセルダンって三部作では冒頭にちょっとしか登場しないし、ファウンデーションが設立される辺境の惑星ターミナスには足を踏み入れもしないわけで、セルダンの時代に話をもってくることでその何十年後から始まるファウンデーションの話が語られないのでは、という懸念があるのよな。いちおう第1話ではセルダン亡き後の話として市長のサルヴァー・ハーディンなども登場してたので、セルダンの時代とハーディンの時代が並行して描かれていく形になるのかな。個人的にはシリーズの最大の特徴である、セルダンのホログラムが定期的に登場してファウンデーションの今後の予定を述べる「時間霊廟」をとっとと出して作品を印象付けたほうが良かったと思う。

まあ当面はハリ・セルダンおよび銀河帝国の首都トランターに焦点をあてた話が続くのだろうが、トランターの描写は原作のイメージっぽいかな。建物や人々の衣装とか、コテコテのレトロSFっぽくて「スター・ウォーズ」エピソード1〜3の惑星コルサントを連想させる。銀河皇帝の巨大像とかやりすぎのような気もするけど、「ファウンデーション」自体が「ローマ帝国衰亡史」を元ネタにしてるのでローマ帝国風のデザインにしたのですかね。宇宙船が超光速ジャンプするときに乗員が睡眠状態にさせられるが、原作はそんな設定なくてもっと簡単にジャンプしてなかったっけ?あと原作にはあまりなかった宗教の要素がずいぶん付け加えられているみたい。

製作・脚本はデビッド・S・ゴイヤー、なので原作にいろいろ手を加えてくるのでしょう。原作では殆ど登場しなかったセルダンの助手ガール・ドーニックが女性キャラになって大きな役割を与えられているほか、銀河帝国皇帝が年齢の異なる3人のクローンという設定になっている。ここらへんトランターの物語を膨らませるための脚色だろうけど、重要人物のエトー・デマーゼルが女性になってるのがよく分からんな。まさか話のヒロインになったりしないよね…?

セルダン役にはジャレッド・ハリス。「チェルノブイリ」に続く一匹狼の科学者役ですな。銀河皇帝(の一人)役にリー・ペイス。帝国の検察官役にジュリアン・ベシアことアレキサンダー・シディグが出てたが1話だけの登場かな?あとはまあり知らない役者ばかり。

まあ原作のファンとしてはいろいろ言いたいこともあるのだけど、あの作品を映像化する大変さは理解できるし、ぜひ成功してもらいたいとは思うのですね。第1シーズンは10話で構成されるのかな?アップルも大金を費やしてるので第2シーズンも製作されるとみなして、そしたら主役を替えてアンソロジー形式にして、ファウンデーションを打ち負かすザ・ミュールが登場して…という展開になってもオッケーよ。個人的にはアシモフがネタに詰まって続きを書けなかった「ファウンデーションと地球」の終わり方には必ずしも満足してないので、あれの続きを描いてくれたって良いのだが、まあ無理だろうな。