NBCの新作シリーズ。タイトル通りドラキュラ伯爵が主人公なのだけど、いま流行りの色白なティーンのゴスものではなく、スチームパンクなノリの作品になっていた。

舞台は19世紀末のロンドン。血を与えられて長い眠りから甦ったドラキュラは、アメリカ人のアレキサンダー・グレイソンと名を変えてイギリスの社交界に登場する。そこで彼はケーブルも不要な無料のエネルギーを披露して技術者たちを驚かせるが、彼の真の目的は世界を裏で操る組織「オーダー・オブ・ザ・ドラゴン」の壊滅にあった。ドラキュラの新しいエネルギーによって自分たちの支配が脅かされることを危惧する「ドラゴン」の幹部たち。そしてドラキュラと「ドラゴン」の争いに、新聞記者のジョナサン・ハーカーと婚約者のミナ・ハーカーが巻き込まれていく…というようなプロット。

The CWの「Reign」とかこれとか、今年は地上波局に時代劇の番組が進出してきているような?グリーンスクリーンの進歩により、大掛かりなセットを作らなくてすむようになったからかな。相変わらず有色人種のキャストが少ないのは感心しませんが。主役は「Tudors」のジョナサン・リース=マイヤーズで、品格のある感じは良く出ているんじゃないですかね。アメリカ訛りのアクセントがひどいという評判もあるようだけど、俺はあまり気になりませんでした。それ以外のキャストは特に有名な人はいないかな。

ドラキュラは屋敷の下に巨大な装置を備えていて、そこから無尽のエネルギーを引き出して「ドラゴン」を潰そうとするわけで、「これからは技術の時代だ!」とか言ったりするからパワーゲームが主体の話になるかと思いきや、さっそく実力行使に出て「ドラゴン」の幹部を夜道で惨殺してたりする。あと切り裂きジャックが吸血鬼だったと示唆されるようなセリフもあったりして、こういうスチームパンク(架空歴史?)的な要素は今後の展開にどのくらい絡んでくるんだろう。第1話は舞台のセットアップに時間が費やされていて、ミナとジョナサンの役割もいまいち不明だったな。でも話の持っていき方によっては、かなり面白くなりそうな可能性を秘めた作品だと思うので、NBCがちゃんとサポートしてくれると良いのですが…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now