「POKER FACE」鑑賞

「ナイブズ・アウト」「グラス・オニオン」でミステリー映画の雄となった感のあるライアン・ジョンソンが、続いて送る米Peacockのミステリー・シリーズ。

事の発端はとある街のカジノで始まる。そこの上客の部屋を掃除していたメイドが、客のノートPCに非常にいかがわしい画像があるのを見つけ、そのことをカジノのオーナーに報告する。しかし上客が法的トラブルに巻き込まれるのを恐れたオーナーは、逆にカジノの警備長に命じて、メイドとその夫を殺害してしまう。警察も夫婦喧嘩による事件と見なしてろくに調査をしないなか、メイドの友人であったウェイトレスのチャーリー・ケイルは何かがおかしいことを見抜くのだった…というあらすじ。

「ナイブズ・アウト」が真犯人を見つけ出すフーダニット形式だったのに対し、こちらは「刑事コロンボ」に代表される、冒頭から犯人とその犯行が明かされ、そのアリバイをチャーリーが崩していく倒叙ミステリ(英語だと「ハウキャッチエム」と言うんだ?)のスタイルを取っているのが特徴。予告編を見れば分かるが映像の雰囲気とかテロップの色とかがレトロ風味で、「コロンボ」や「私立探偵マグナム」といった往年の刑事ドラマにオマージュが捧げられた内容になっている。主人公が町から町に旅して事件に遭遇するのは「超人ハルク」にも通じるところがあるな。

主人公のチャーリーは、人がウソをついているかどうかを完璧に見抜くことができるという超人的な能力の持ち主で、その能力を発揮して犯人のアリバイを崩していく。いちおう頭脳明晰なんだけど性格はズボラで、トレーラーハウスに住んで朝からビールをグビグビ飲んでいるような女性。言いたい言葉が出てこないシーンが何度もあるのには笑った。その能力を活かしてカジノで荒稼ぎしていたためにブラックリスト入りしてしまい、カジノでウェイトレスとして働くことになったらしい。第1話で事件を解決した代償として追われる身になってしまい、エピソードごとに異なる町に流れ着いて犯罪に遭遇することになるのだが、刑事でも探偵でもないので何の後ろ盾もないまま犯人と対決するのが大きなポイント。

ライアン・ジョンソンはいくつかのエピソードの監督と脚本を担当しており、主人公のチャーリーを演じるのは「ロシアン・ドール」のナターシャ・リオン。倒叙ミステリの売りとして、エピソードごとに豪華なゲストが登場し、ジョンソン作品の常連であるジョセフ・ゴードン=レビットをはじめエイドリアン・ブロディ、ベンジャミン・ブラット、ロン・パールマン、ホン・チョウ、ノック・ノルティ、ティム・ブレイク・ネルソンといった錚々たる役者が登場するみたい。

「グラス・オニオン」同様に批評家からは高い評価をえてまして、第1話をみた限りでは確かに痛快で面白いミステリ作品であった。Peacockの有料プランに入ることも検討するくらいの出来。

ドクター・フー「The Power Of The Doctor」鑑賞

というわけで13代目ドクター最終回だよ。以降はネタバレ注意。

4年にわたる13代目の冒険は、コロナ禍や予算削減によるエピソード減などがあったはずで必ずしも順風満帆ではなかったものの、ジョディ・ウィテカーの演技は歴代のドクターに匹敵する素晴らしいもので面白かったと思う。その一方で問題だったのはやはりショウランナーのクリス・チブナルの脚本で、番組の方向性が最後まではっきりしないためにドクターの活躍もずいぶん制限されたものになっていたのでは。ラッセル・T・デイビスの脚本はウェールズ万歳の冒険活劇風で、スティーブン・モファットは伏線をばら撒きする傾向はあったものの回収できたときの完成度は非常に高かったのに、チブナルのは面白そうな展開を出すだけ出しておいて後につなげることができなかったというか。ジャック・ハークネスとか未来のドクターとか登場させておいて、そのプロットをきちんと閉じることができなかったのが不完全燃焼であった。

今回のスペシャルもその傾向があって、冒頭の冒険のあと、前シーズンでコンパニオンになったダンがいきなり退出。そのあと、現代でマスターがダーレクたちと組んで世界中の火山を噴火させようとする計画が、20世紀初頭のロシアと関係していることが判明してドクターが両方の時代を行き来するものの、なんで2つの時代が関係しているのかよく分からず…裏切り者のダーレクによってドクターが彼らの計画を知るという展開もちょっと雑だったな。

その一方で見応えは間違いなくあるんですよ。敵はマスターとダーレクとサイバーメンとてんこ盛りだし、5代目〜8代目のドクターたちが(みんな老けてるけど)登場するし、過去のコンパニオンたちも登場するし、90分の長尺のなかでファンサービスを詰め込こもうとした意気込みは感じられるのですね。ただそうした要素の1つ1つが物語の全体的な完成度を高めているかというと微妙なのがチブナル脚本だなあと。

俺と違って7代目のシーズンやコンパニオンとかに思い入れのある人が観たら、もっと楽しめるのかな。往年のファンが楽しめるように配慮した一方で、13代目にあたるべき焦点が甘くなったような内容だった。個人的には前シーズンまでさんざん煽っていた、コンパニオンのヤズのドクターに対する恋愛感情にあまり重きを置かれず、比較的さらっとした別れになってたのが残念。まあドクターはアセクシュアルな存在なので、そこらへんの描き方は難しいんだろうけど。

次のエピソードは、え、なに、1年後の11月の予定なの?放送直後からネタバレされてたが次のドクターはデビッド・テナントの10代目が復帰するとかで、ショウランナーとして復帰するラッセル・T・デイビスの腕ならし的なものになるのかな。そのあと既に発表されているチュティ・ガトゥが新ドクターに就くそうで。ディズニー資本が入ってイギリス以外ではディズニー+で配信開始になるそうだが、変にアメリカナイズされた内容にならないことを願います。

「PISTOL」鑑賞

米HULU(FX)のミニシリーズで、パンク・ロックの始祖セックス・ピストルズの伝記作品だぞ。監督は6話ともダニー・ボイル。

バズ・ラーマン作品で知られるクレイグ・ピアースが、ギタリストのスティーブ・ジョーンズの自伝をもとに脚本を執筆したもので、よって物語はジョーンズの視点から語られていく。養父に虐待され文盲として育ったジョーンズは万引きを繰り返していたところをマルコム・マクラーレンに見出され、バンドのボーカルを務めさせられる。しかし彼はまったく歌うことができず、仕方なくマクラーレンがNYドールズのシルヴェイン・シルヴェインからパクってきたというギターを渡され、ギタリストになるべく猛練習をする。一方でバンドのボーカルとして謎の若者が連れてこられ、汚い歯を持っていたことから彼はジョニー・ロットンと名付けられる…というのが話のはじまり。

トビー・ウォレス演じるジョーンズはバンドの結成から解散まで在籍していたものの、どことなく垢抜けない若者といった感じで他のメンバーに振り回されているような立場。音楽的なリーダーはベースのグレン・マトロックだったし、ロットンは神経質で人付き合いの悪い奴として描かれている。アンソン・ブーンが演じるロットンは本人よりも「THE YOUNG ONES」のリック・メイオールに顔が似ているけど歌もちゃんと歌っていて熱演している。

狡猾なマルコム・マクラーレンをトーマス・ブロディ=サングスターが好演しているほか、モデルのジョーダン役にメイジー・ウィリアムズ。あとは実在の人物役だとリチャード・ブランソンやジュリアン・テンプル、名前は言及されないけどスージー・スーやビリー・アイドルなどが出てきます。ピストルズの音楽的レガシーよりも社会的インパクトに焦点を当てた内容になっているので、ザ・ダムドやザ・クラッシュ、あるいはフラワーズ・オブ・ロマンスといった他のパンク・バンドは登場せず、伝説のマンチェスターでのライブも登場せず。

ただしヒロイン(?)役として登場するのがなんとクリッシー・ハインドで、おれ全く知らなかったが彼女ってNMEのライターやってたほかにマクラーレンとヴィヴィアン・ウエストウッドの店で働いていて、スティーブ・ジョーンズ(およびNMEのニック・ケント)と付き合ってたそうな。パンク・ロックが男の世界で彼女が受け入れてもらえない一方で、最後にはプリテンダーズのボーカルとして成功するさまがシリーズの裏のテーマになっている。演じてるのはカイル・チャンドラーの娘だそうだが、クリッシー・ハインドの物語もあれはあれで面白いのでスピンオフを期待。

話の内容はバンドの結成から「アナーキー・イン・ザ・UK」のリリース、「ボディーズ」のインスパイア元となった女性との出会い、ビル・グランディの番組での放送禁止用語騒ぎ、マトロックの解雇、シド・ヴィシャスの加入、そしてアメリカでの解散と、有名なエピソードはだいたい押さえている感じかな。前半の若々しい勢いに比べて、どうしてもナンシー・スパンゲンが出てくるあたりからグデグデになるけど、史実がそうだったから仕方ないでしょう。

なおジョニー・ロットンことジョン・ライドンはこの作品を好ましく思ってないようで、劇中でのピストルズの曲の使用を差し止める訴訟を起こしたが敗訴している。おれジュリアン・テンプルが監督してライドン本人も出ているドキュメンタリーも観てるけど、そんなに話を盛ったりはしてないんじゃないかな?

レトロな雰囲気を出すためか画面サイズは4:3、高画質でない(たぶん)フィルム撮りで、劇中だけでなくエピソード題にも放送禁止用語が使われているという、実に時代に反した作りになってますが、音楽担当はアンダーワールドで70年当時のヒット曲がふんだんに使われ、ダニー・ボイルのこだわった(くどい)映像美が全編にわたって繰り広げられる、贅沢な作品になっていた。そもそも旧態依然としたイギリスの文化を破壊していくセックス・ピストルズの話が痛快で面白いのよ。メディアの評判はあまり良くないようだけど、個人的には非常に楽しめて3日で観終わってしまった。ピストルズを知ってる人もそうでない人も観て損はない作品だと思う。

God Save The Sex Pistols.

「WE OWN THIS CITY」鑑賞

「ザ・ワイヤー」のデビッド・サイモンとジョージ・ペレケーノスがボルチモアに帰ってきた!というわけでHBOの新ミニシリーズ。

2016年から2018年くらいのあいだを舞台に、ボルチモア警察の汚職を軸にしながら、例によって警察・市議・住民などの視点から多角的に社会の問題をとらえた内容になっている。2015年にフレディ・グレイという青年が警察に逮捕された際に亡くなったことで抗議活動が起きた事件を背景に、好き勝手に振舞う警官たちやそれを容認している上司たち、状況を改善しようとする市議などが登場する。しかし単純に警察を悪として描くのでなく、彼らの台頭を認めざるを得なかった社会情勢や、それがいかに汚職につながっていったかなどが語られていくが、セリフも多くて難しいっすよ。勧善懲悪の刑事ドラマを期待してはいけません。

時系列が前後してるのがさらに話を複雑にしていて、2016年に懲罰も受けず好き勝手やってた警官がその後どうなったのか、また2017年に汚職で逮捕されることになった別の警官の顛末、などが今後明らかになっていくみたい。「ホミサイド」同様に実際の出来事を綴った本をベースにしたもので、「ザ・ワイヤー」でも容疑者に暴行を働いたりガサ入れで出てきた現金を横領する警官が出てきたが、いまは当時よりも状況が悪化してるのかな。なお共和党政権下だと内部調査の機能が骨抜きになるから、ヒラリーが選挙に勝つといいね、みたいなセリフが2016年に出てきます。

タスクフォースのリーダーで、第1話の最後で逮捕される警官にジョン・バーンサル。自分が悪いことをしたという意識が全くない役を演じてます。あとは「ザ・ワイヤー」でおなじみの役者がいろいろ出てるのが嬉しいところで、ジェイミー・ヘクターにデラーニー・ウィリアムズ、ジャーメイン・クロフォード、ドメニク・ランバルドッツィなど。ほかに有名どころだとジョッシュ・チャールズやウンミ・モサクが出演。シリーズ全話の監督は「ドリームプラン」のレイナルド・マーカス・グリーン。

まあ例によって明確な解決もない、なんかモヤモヤとした現状のまま話が終わるような気がして仕方ないですが、「ザ・ワイヤー」の続編と勝手にみなして、話が出そろったところで一気に観ていたい作品。

「DMZ」鑑賞

HBO MAXのミニシリーズ。原作はDC/ヴァーティゴのコミックで、おれ殆ど読んだことないけど72号まで出た長命のシリーズだったんだな。新たな内戦が起きたアメリカにおいて政府軍と反乱軍の戦いが勃発し、両軍の緩衝地域(DMZ)と化したマンハッタン島に取り残された男性ジャーナリストの物語、だったはず。ライターのブライアン・ウッドは後にセクハラ疑惑が巻き起こって例によってキャンセルされてしまったので、この作品がこうして映像化されたのはちょっと意外でした。

今回の映像化にあたっては大幅な改変が行われていて、主人公は男性ジャーナリストではなくアルマという医療従事者。彼女は8年前にマンハッタンを脱出する際に息子と生き別れになっており、まだマンハッタンにいるであろう彼を探して裏ルートを通じて島に乗り込む、という設定。マンハッタンは外部から隔離されてるとはいえ電気も水道も通じており、意外と住民は穏便に暮らしている。地区や人種に応じて住民はいくつかのセクトに分かれているものの、そこそこ民主的に選挙も行ってマンハッタンの大ボスを選んでいるみたい。

そしてアルマは外部からやってきたひとりの人間として息子を探し始める…はずが、実は彼女は中国人グループのボスの元同僚ということが判明して彼から有力な情報をスラスラと聞き出してしまう。さらにマンハッタンの大ボスであるパルコ・デルガドこそがアルマの息子の父親であり、彼女はパルコとも普通に面会できて…とまあ主人公がチート的に有利な立場であることが明らかにされるんですね。ミニシリーズで尺がないとはいえ、そんなに話が都合よく進んでしまって良いものか。

もっと「ニューヨーク1997」的な内容を期待していたのだが、アクションよりも息子とのメロドラマ的な展開に時間が割かれている感じ。そもそもなぜアメリカで内戦が勃発したかの説明も少なく、社会的コメンタリー要素もなし。DMZのリーダーの権力争いよりも一般の市民の暮らしにフォーカスしたほうが、最近のウクライナのニュースと重なって話題になっただろうに。

プロデューサーおよび第1話の監督はエイヴァ・デュヴァーネイ。彼女はこないだの「NAOMI」もそうだったが、自分のアジェンダ(おそらくは「黒人女性の物語」)を通そうとするばかりに原作の設定をガン無視する傾向があるよな。いちおうアルマやパルコのベースになったキャラクターは原作にいるものの、映像版とはずいぶん違うようだし。アルマ役には、最近何にでも出演している気がするロザリオ・ドーソンで、いかついパルコ役にベンジャミン・ブラット。メイミー・ガマーもちょっとだけ出てます。

ヴァーティゴ・コミックスって大人向けTVシリーズのアイデアの宝庫だと思ってて、HBO MAXはそれの受け皿として最適なのだろうけど、映像化するときはもうちょっと原作の特徴を残しておいたほうが良いと思うのです。