「Feud: Capote vs. The Swans」鑑賞

前作から実に7年の期間をかけて戻ってきた「FEUD」の新シーズン。

一時期はイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃の不仲をテーマにして企画が進んでいたはずだが、それが破棄されて今回作られたのは、作家トルーマン・カポーティとNYの上流階級の淑女たちの諍いという、なかなかマイナーなネタを扱ったもの。

第1話から時代がぽんぽん移り変わるので内容がちょっと把握しづらいが、60年代のカポーティは人気作家で、そのウィットに富んだ軽妙な話術と有名人のゴシップを大量に抱え、NYの金持ちのあいだでパーティーに呼ばれまくる派手な生活を送っていた。それが70年代になると酒やドラッグのやり過ぎで勢いは衰えていたが、自分の精通している上流階級のゴシップを随筆として雑誌に発表する。しかしそのモデルとなった女性が記事を苦にして自殺したことから、彼女の仲間の淑女たちはカポーティへの復讐を企むのだった…という内容で良いのかな?80年代の晩年のカポーティも出てきます。

個人的にはトルーマン・カポーティって学生時代に短編をちょっと読んだくらいでそんなに詳しくはないのですが、甲高い声で話すゲイの小太りのとっちゃん坊や(死語)という強烈なキャラクターと、ゴシップにまみれて暮らすニューヨークのハイソな熟女たちの争いという話は、特にLGBTの人たちにとっては格好のテーマなんですかね。でも今回はライアン・マーフィーはあまり関わってないみたいで、脚本を書いているのは劇作家のジョン・ロビン・ベイツ。多くのエピソードをガス・ヴァン・サントが監督していて重厚な演出を見せつけてくれる。

カポーティ役はイギリス人のトム・ホランダーがハゲて太って、別人のような格好になって怪演を見せてくれるが、それに対する女優陣が非常に豪華で、ナオミ・ワッツにデミ・ムーアにカリスタ・フロックハートにクロエ・セヴィニー、モリー・リングウォルドといった有名どころが勢揃いしてゴシップ論議に花を咲かせています。みんな同じようなメークで似た顔に見えるのが難点だけど。あとはカポーティの愛人役のラッセル・トーヴィーがいつの間にか筋肉ムキムキになっていて驚いたのだけど、何があったのだろう。

劇中に出てくる女性たちはみんな実在したソーシャライトたちで、銀行家の妻とかジャクリーン・ケネディの妹とか有名デザイナーといった錚々たる顔ぶれらしいが日本人には馴染みがないわな。テーマも個人的にはそんなに興味あるものではないけど、とにかく出演者が豪華なので彼女たちが同じ画面で演技しあっているのを見る価値はあるかと。