「デイリーショー」にジョン・スチュワート復帰

2022年の末にトレバー・ノアがホストを降板したのを受けて、昨年はずっと週ごとにゲストが代わってホストを努めるローテーション制を組んでいた「デイリーショー」ですが、やはり要となるホストが決まっていないと政治風刺の番組としてうちはこういうスタンスだよ、というメッセージを打ち出しにくいし、特に今年のように大統領選挙のある年には、責任をもってモラルの象徴となるようなアピール力のある人物が中心にいないと弱腰の風刺とインタビューを続けるだけの骨抜きの番組になってしまうという危惧はなんか見ていて感じたのです。

そして今年もホストが交代制になるという話を聞いてゲンナリしていたら、こないだ急に発表されたのが番組を一躍有名にさせたジョン・スチュワートが復帰するというニュース。なんか月曜日だけホストを務めて、残りの曜日は相変わらず準レギュラーの「特派員」たちがホストになるという変なスケジュールらしいけど、往年のファンにとって彼の復帰は大変歓迎すべきことです。

スチュワート本人は2015年に番組を降板したあと、ここ数年はApple TVで「デイリーショー」みたいな政治色の強い番組を持っていたけど、「AI」と「中国」をそれぞれテーマにしたエピソードを作ろうとしたらアップルからNGくらって降板したという、まあ天下のアップルにとってもタブーな題目はあるんだなと。ブッシュ息子の政権下で痛烈な政治風刺を繰り出して名を馳せたスチュワートだけど、ドナルド・トランプが出馬したころにもう疲れたと言って番組を降板したわけで、トランプの風刺は意外とやってないのですね。それが今になってまたトランプの選挙戦と、もしかしたら新政権の可能性がでてきたわけで、そのような状況で彼はどのように振る舞うのやら。

というわけで今週彼が9年ぶり?に復帰した番組を観てみたけれど、すごく場に馴染んだジョークを冒頭から連発していて全くブランクを感じさせない内容。彼が以前に確立させたホストの「型」みたいなのがあって、それにすぐさまカチッとはまっている感じ。番組としては明らかにリベラル寄りなんだけれどもバイデンの高年齢の風刺を多めにやって、それを返す刀でトランプも批判するような展開。自分としてはトランプが再選されたらアメリカも世界もろくな目に遭わないんじゃないのとしか思えないのだが、それでもバイデンの年齢は格好なネタにされてしまうんだなあ。ゲストである「エコノミスト」誌の記者とも、バイデンが2期目に出馬したことについて批判するようなトークを交わしていた。

アメリカの記事では、スチュワートの本当のライバルは他のトークショーのホスト(デイリーショー門下生のジョン・オリバーを含む)ではなく20年前のスチュワートであり、若くて勢いのあった若い頃の彼を期待している視聴者に応えられるか、という意見が散見される。でも実際に2004年後半から番組を毎回すべて観ている者(ホントだよ)として言わせてもらうと、当時のスチュワートと今の彼って明らかに違うのですね。Apple TVの番組ではもっと顕著だったけど、若い頃に比べてずっと落ち着いて難しい用語を使うようになったというか、本人がすごく勉強しているなという印象が強いわけで、20年前のスタイルを期待するのは野暮ってものでしょう。ただし言ってることが複雑すぎて視聴者を置いてけぼりにしてしまう懸念はあるのだが。

何にせよスチュワートが戻ってきたことで、なんか暗澹たる思いで眺めていたアメリカ大統領選が楽しめそうだという気にはなってきたのです。月曜日だけでなく毎日出演してください。

「Feud: Capote vs. The Swans」鑑賞

前作から実に7年の期間をかけて戻ってきた「FEUD」の新シーズン。

一時期はイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃の不仲をテーマにして企画が進んでいたはずだが、それが破棄されて今回作られたのは、作家トルーマン・カポーティとNYの上流階級の淑女たちの諍いという、なかなかマイナーなネタを扱ったもの。

第1話から時代がぽんぽん移り変わるので内容がちょっと把握しづらいが、60年代のカポーティは人気作家で、そのウィットに富んだ軽妙な話術と有名人のゴシップを大量に抱え、NYの金持ちのあいだでパーティーに呼ばれまくる派手な生活を送っていた。それが70年代になると酒やドラッグのやり過ぎで勢いは衰えていたが、自分の精通している上流階級のゴシップを随筆として雑誌に発表する。しかしそのモデルとなった女性が記事を苦にして自殺したことから、彼女の仲間の淑女たちはカポーティへの復讐を企むのだった…という内容で良いのかな?80年代の晩年のカポーティも出てきます。

個人的にはトルーマン・カポーティって学生時代に短編をちょっと読んだくらいでそんなに詳しくはないのですが、甲高い声で話すゲイの小太りのとっちゃん坊や(死語)という強烈なキャラクターと、ゴシップにまみれて暮らすニューヨークのハイソな熟女たちの争いという話は、特にLGBTの人たちにとっては格好のテーマなんですかね。でも今回はライアン・マーフィーはあまり関わってないみたいで、脚本を書いているのは劇作家のジョン・ロビン・ベイツ。多くのエピソードをガス・ヴァン・サントが監督していて重厚な演出を見せつけてくれる。

カポーティ役はイギリス人のトム・ホランダーがハゲて太って、別人のような格好になって怪演を見せてくれるが、それに対する女優陣が非常に豪華で、ナオミ・ワッツにデミ・ムーアにカリスタ・フロックハートにクロエ・セヴィニー、モリー・リングウォルドといった有名どころが勢揃いしてゴシップ論議に花を咲かせています。みんな同じようなメークで似た顔に見えるのが難点だけど。あとはカポーティの愛人役のラッセル・トーヴィーがいつの間にか筋肉ムキムキになっていて驚いたのだけど、何があったのだろう。

劇中に出てくる女性たちはみんな実在したソーシャライトたちで、銀行家の妻とかジャクリーン・ケネディの妹とか有名デザイナーといった錚々たる顔ぶれらしいが日本人には馴染みがないわな。テーマも個人的にはそんなに興味あるものではないけど、とにかく出演者が豪華なので彼女たちが同じ画面で演技しあっているのを見る価値はあるかと。

『哀れなるものたち』鑑賞

大変面白かったよ。感想をざっと。以下はネタバレ注意:

  • 個人的に最近のヨルゴス・ランティモスの作品って、「聖なる鹿殺し」あたりから(以前に作品に比べて)奇抜性がなくなり、こないだの「女王陛下のお気に入り」なんて普通の歴史ドラマになってたような気がしたが、今回は初期の作品に原点回帰したような感じで面白かった。
  • 具体的には冒頭、家の中にずっと閉じ込められて世の中を知らずに暮らすベラの姿がそのまんま「籠の中の乙女」の少女であるわけで、あの映画では少女が家の外に出るところで終わっていたのに対し、こちらではその後を描いているのが興味深い。あとは船の中での奇妙なダンスも初期の作品ぽかったですね。
  • 話のモチーフは(原作があるのは置いておいて)、当然ながら「フランケンシュタイン」があって、あとは「カンディード」のようなピカレスク小説、あるいは「ピノキオ」あたりでしょうか。世間知らずでモラルを知らない主人公が世の中に出て、悪漢たちの奸計に辛い目に遭わされながら、人間的に成長して故郷に帰ってくるというやつ。ファンタジーっぽい世界風景がそれによくマッチしていたし、エログロ混じった展開によって単にモラルを説教するような内容でなかったのも面白かった。
  • 文字通り体を張ったエマ・ストーンの演技も素晴らしい。この作品をきっかけに、より幅の広い演技を見せてくれる「THE CURSE」も日本でやったりしないかな。あとはラミー・ヨセフやジェロッド・カーマイケルといった、日本ではあまり知られてないシットコムの役者が出てるのがよかったです。クリストファー・アボットは顔を見た途端に「お、キット・ハリントンだ」と思ってしまうので損をしているというか。

というわけで前作でちょっとグラついた、ランティモス作品への関心を再び高めてくれるのに足りる作品でございました。早くも引き続きエマ・ストーン主演で次の作品の製作にとりかかってるそうで、興味深いところです。

「OPPENHEIMER」鑑賞

日本公開を待たずに家で観た。以下はネタバレ注意。

クリストファー・ノーラン初の伝記映画だがキリアン・マーフィー演じるオッペンハイマーの生涯をただ追ったものではなく、例によって3つ(以上)の時間軸が交差する作りになっている。原子爆弾を開発するマンハッタン・プロジェクトのリーダーとして熱意を注ぐ戦中のオッペンハイマーを中心に、戦後に共産主義との関わりを疑われて審議会にかけられる光景、およびもう一人の主人公である、ロバート・ダウニーJr.演じるストローズ議員の公聴会の様子が交互に描かれていく。ストローズの視点からの描写はすべてモノクロ。

戦中の部分はストレートな伝記映画っぽくて、ナチスの脅威を感じながら有望な科学者の獲得に奔走し、ロスアラモスの砂漠のど真ん中で原爆を開発していくオッペンハイマーの描写がメイン。そういった行為について振り返りというかしっぺ返しを体験するのが審議会の部分。人類を絶滅しかねない大量破壊兵器を開発したことについてオッペンハイマーは良心の呵責を感じているのか、というのが映画のテーマの1つなのだが、それについてはかなり曖昧にされているように感じた。

ユダヤ系のオッペンハイマーが、ナチスに先を越されまいと原爆の開発に力を入れるのは理解できるのよ。ドイツが降伏したあとも、惰性というか科学者としての好奇心に駆られて原爆を完成させてしまうところも。その後についてはオッペンハイマーが寡黙な人物であり、自分の気持ちをあまり語らないこともあって彼の考えがなかなか分からないようになっていたかな。当初の脚本はオッペンハイマーの一人称で書かれていたそうで、そういった意味では彼の心のうちがもっと描かれてそうだが…俺がきちんと読み込めなかったのかな。

なおこのようにオッペンハイマーが見たこと・聞いたことを中心に話が進んでいくため、大戦の全体的な状況や、原爆によって日本人がどのような災禍を被ったかは全く描かれていない。日本に原爆が投下されたこともオッペンハイマーはラジオで知るだけ。まあそういう構成になっているため、日本側の視点をここで期待するのは無理ってものでしょう。

オッペンハイマー自身は聖人というわけでもなく、妻子があっても愛人と密会するような人物だし、周囲の雰囲気に乗せられて扇動的な発言をするところもある。そうした脇の甘さもあって戦後には審議会にかけられるわけで、見ている分にはちょっとまどろっこしく感じるところもあるかと。少なくとも今までのノーラン作品のようなアクション満載の展開を期待してはいけません。

出演している役者は非常に豪華で、マーフィーやダウニーJr.のほかにもケイシー・アフレックやラミ・マレックといったアカデミー賞役者がチョイ役で出てきて、ほかにもマット・デーモンやエミリー・ブラントやフローレンス・ピューなどなど。ゲイリー・オールドマンも相変わらず一見したら誰だか分からない役で出てくるし、ノーラン作品でありがちな、ちょっと最近見かけなかったね俳優の起用は今回はジョシュ・ハートネット。あとは「THE CURSE」同様にベニー・サフディがいい演技をしていた。

普通に面白い作品ではあるものの、今までのノーラン作品のようなアクションを期待していると肩透かしを喰らうと思う。作家として次のステージに移ったということなのかな。あとは上記のように日本に関する言及は極めて少ないため、それについて日本でとやかく論じるのはあまり意味がないのでは。これに対してカウンターを打ちたいなら、日本側からの原爆に関する映画を製作してアメリカで公開すれば良いのですよ。以前にキャリー・フクナガが監督する企画があった原爆映画がどうなったか知らないけど、アメリカでも「ゴジラ-1.0」が普通にヒットしているように、日本の戦前・戦後をテーマにした映画を作ってあちらで公開される土壌は十分にあるんじゃないかと思う。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年は夏に家を買って引越しまして、引越し先は土地勘のない場所ではないのですが生活のリズムがまだカチッといってない感があって、もうしばらくそれは続くのかな。引っ越しの際に運んだ荷物のなかには読んでない本がたくさんありまして、もういいかげんアーリーリタイアしてこういう本を消費する生活したいなと改めて感じた次第です。どうなるんですかね。

今年は正月から北陸の方で大地震があって、世界中で行われる選挙の結果も個人的にはあまり楽観視できないし、いろいろ大変な1年になりそうな気もしますが、体調に気をつけてやっていきましょう。今年もよろしくお願いいたします。