アメリカで観てきてしまったのだよ。ネタバレにならぬよう簡単な感想を:

・『Xメン映画の中では最高の出来』という声がアメリカでは既に挙ってまして、確かに個人的にも『X2』と並んで非常に楽しめた作品であった。

・アクション映画ながらもヒューマンドラマ(ミュータントドラマ?)をきっちりと仕立てていて、ベトナム戦争とパリ協定という争乱の時代を背景に、迫害されるミュータントの葛藤をうまく描いている。

・未来と過去(1973年)の物語が同時に進むため、プロットがみっちり詰め込まれた内容になっているものの、決して煩雑にはなっておらず、密度の高い展開が進展していく。ただしキャラクターの説明などは殆どされないため(特に未来のXメン)、過去の作品やコミックに詳しくない人は十分に楽しめないかもしれない。

・つうかキティ・プライドのあの能力ってコミックにも登場しないぞ。エレン・ペイジが可愛いので許すけど。

・未来のXメンはそんなに登場しなくて、70年代のファースト・ジェネレーション組とウルヴァリンが主役扱い。やはりマイケル・ファスベンダーの役がいちばん良くて、プロフェッサーXと手を組むもののいつ裏切るか分からないマグニートーを好演している。厚いメーキャップしても表情が分かるジェニファー・ローレンスの演技もいい。

ハンバーガー食ってたりしてなんかヘタレキャラかと思ってたクイックシルバーが、意外にも良いアクセントを加えている。あまりにも強いために話の途中で脱落してますが。「アベンジャーズ2」のクイックシルバーよりもこっちのほうが良い可能性は高いな。

・ミュータントを嫌悪するトラスク博士を演じるピーター・ディンクレイジが実は外見的にはミュータントである、という皮肉な設定が面白いんだけど、そこらへんはあまり描写されてなかった。

・ストライカーを演じてるのってショーン・ウィリアム・スコットだとずっと思ってたけど、良く似た別の役者だったのか!

・アナ・パキンの登場シーンは、彼女のクレジットが表記されてる時間よりも短いかもしれない。

・前作のあとにマグニートーがいかに収監されることになったかの経緯は、このサイトで詳しく説明されている。

・未来のシーンが典型的なディストピア(天気が悪くて皆が不幸)になっているのが残念。なんか『マトリックス』の二番煎じみたいなんだよな。

・とはいえ過去と未来の話をうまくまとめあげ、ついでに凡作「ファイナル・ディシジョン」の出来事を微妙に無かったことにしてくれて、大満足の出来であります。タイムトラベル映画の常として話がかみ合わない所も多いんだけど、細かいことはいいんだよ!でも今後のフランチャイズ展開はどうするんだろうね?「Xフォース」が先に撮られるのかな?

・クレジットの最後(途中でなく、本当に最後のところ)におまけのシーンがあるので見逃さぬよう。おれあのキャラクター好きじゃないんだよな…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now