20150921185328!The_Final_Girls_poster
先週末にアメリカで公開された、スラッシャー映画のパロディ。日本では12月にDVDスルー予定だとか。原題は「Final Girls」だが今年は「Final Girl」という良く似た題名の映画もあるので間違えないように。

少女マックスの母親はカルト人気を誇るホラー映画「血まみれのキャンプ場」に20年前に出演したものの、それによってタイプキャストされて、その後はろくな役につけないでいた。そんな母親を励ますマックスだったが、彼女のミスから交通事故で母親を死なせてしまう。それから3年、母の死から立ち直れないマックスは親友のガーティーたちに誘われて、ボーイフレンド未満の友人クリスと、「血まみれのキャンプ場」およびその続編のリバイバル上映に足を運ぶ。スクリーンに映った母の姿を観て気分が優れなくなるマックスだったが、誰かがこぼした酒に引火して映画館は炎に包まれてしまう。逃げ場を探したマックスたちはスクリーンを裂いてステージ奥に向かおうとするものの、彼らが到着したのは何と映画の中だった。呆気にとられるなか、母親(が演じる役)に再開するマックス。しかし彼女たちの滞在するキャンプ場にはマスクをかぶった連続殺人鬼「ビリー」が徘徊しており、マックスの周囲の人たちが次々と殺されていくのだった…というプロット。

まあ要するに「13日の金曜日」シリーズのメタなパロディになっていて、いちゃついたり、裸になったりした男女はビリーに殺される!とか作る側もよく分かっていらっしゃる。劇中の回想シーンではちゃんと周囲が白黒になって50年代にタイムスリップするといった設定も細かいな。なお題名の「ファイナルガール」というのはホラー映画で最後まで生き残る女性(「悪魔のいけにえ」とか)のことを指していて、劇中でファイナルガールだったはずの少女が実は…というのが1つの大きなプロットになっている。ちなみに「ファイナルガール」の対義語は「ファーストブラック」かな?と思ったけどこの映画では違いました。

いろいろ面白そうな設定ではあるんだけど、主人公たちが状況を理解してからの中だるみが結構激しかったような?90分程度の尺なんだから、もっとテンポよく人が殺されていかなくちゃ。とはいえ最後のほうは母と娘の物語になって、意外と感動するところもあったりしたよ。終り方も秀逸でした。

これ監督は「ハロルド&クマー」の三作目を撮った人?主演はタイッサ・ファーミガで、他にはマーリン・アッカーマンやトーマス・ミドルディッチといった中堅どころが脇を固めている。

ホラー映画をメタ的に扱った作品といえば「スクリーム」や「キャビン」などがありますが、これも低予算ながら頑張っている作品。こういうのこそ劇場でみんなで騒ぎながら観るべきだよなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now