・逃避行を続けるミナとクォーターメインは、”M”の正体を探るために、彼が通ったとされる男子校へ足を運ぶ。そこで彼の元同級生に出会った2人は、”M”の意外な真実を知るのだった。ここはどうもチャールズ・ハミルトンなる作家がフランク・リチャーズ名義で書いた少年向け小説をベースにしてるらしいんだが、元ネタをまるで知らないのであまり楽しめなかった。
・海辺の宿屋に泊まった2人はさっそく一発やります。最近のムーアはこんなんばっか。すっきりした2人は「黒本」の続きを読むことに。
・ここからまた「黒本」の中身に移り、お馴染みのミナ・マーレイの第一次「リーグ」の結成の過程が、カンピオン・ボンドの手記によって明かされる。この「リーグ」はモリアーティ教授によって構想され、ボンドとミナの出会い、そして南海の孤島におけるミナとネモの出会いの光景などが描写されている。
・ノーチラス号のクロスセクション図。
・ロンドンの観光案内。この世界ではネルソン像の代わりにホーンブロワーの像が建てられているのだ。
・ミナとクォーターメインが世界各地を旅したときの絵葉書が紹介される。インスマウスとかチベットの秘境とか。このころクォーターメインが若返り、ミナと一緒にオーランドーに出会ったらしい。
・ミナ・マーレイの第二次「リーグ」の冒険が紹介される。このときのメンバーはミナとクォーターメイン、オーランドーに幽霊狩人カーナッキ、そして紳士泥棒A・J・ラッフルズだそうな。そして世界大戦の影が忍び寄るなか、フランス政府はイギリスに負けじと独自の「リーグ」として「Les Hommes Mysterieux」を結成。メンバーはジュール・ベルヌの征服者ロビュール、アルセーヌ・ルパン、怪盗ファントマ、そしてMonsieur ZenithにNyctalope…って誰だこの2人。この2つの「リーグ」はオペラ座で対決することになるのだが、その背後で暗躍するのはドイツの「リーグ」である「Der Zwielichthelden」だった…。この対決については続編で詳しく描かれるらしいぞ。ちなみに「Der Zwielichthelden」のメンバーはドクトル・マブゼにカリガリ博士、および「メトロポリス」のロトワングとマリアというなかなか豪華な面々。やはりマリアは美女に化けたりするんだろうか。
・次はP・G・ウッドハウスのコメディ小説「ジーブスとウースター」シリーズ(フライ&ローリー主演でドラマ化されたあれだ)をベースにクトゥルフ神話を混ぜ合わせた短編。ウースターはジーブスと友人を連れて叔母の家にやってくるものの、そこの庭師がアレな人だったために異星の怪物が出現して大変なことに。そこにミナたちが救援に駆けつけて…といった内容の話。コメディ・タッチで書かれてるんだけど結末はやたらブラックだったりする。

これで2回目の「黒本」部分は終了。これでやっと全体の半分を越えたくらいかな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now