stgm_poster.jpg

「Star Trek: Of Gods and Men」なる「スター・トレック」のアマチュア・ムービーがネット上で公開されていた。3パートあるうちのパート1だとか。こないだの「World Enough and Time」はスールーことジョージ・タケイが出演していて話題になったが、今回はウォルター・ケーニッグにニッシェル・ニコルズ、イーサン・フィリップス、ギャレット・ワン、チェイス・マスターソンにシロック・ロフトンなどなど、かつてST関連のシリーズに出ていた役者が勢揃いで、監督もトゥヴォクことティム・ラスが担当している。ここまでくるとアマチュア・ムービーではなくて半分プロ作品だな。役者たちがファンの期待に応えて出演したとみるか、仕事がなくてヒマだったので小銭稼ぎに出演したとみるか、判断はおまかせします。

最近のSTのアマチュア・ムービーは「SFX一流、演技二流」だと以前にも書いた気がするが、じゃあ今回はプロの役者が出てるから演技が一流かというと…。みんな老けたなあ…という感じ。全体的に演出がなんか間延びしてるんだよね。SFXも「Star Wreck: In the Pirkinning」に比べればチャチに見える。あといろんなキャラクターを一緒に登場させるための苦肉の策なんだろうけど、プロットにパラレルワールドとかタイムトラベルとかをもってくるのやめようよ。話がややこしくなるばかりだって。

でもまあエンタープライズBのサエない船長ことジョン・ハリマンが活躍したり、「チャーリーX」までが登場するので、オールドファンにとってはそれなりに楽しめる出来になっている。こういう作品がちゃんと利益を出すようになって、キャストやスタッフたちに還元される仕組みが確立されればいいんだがなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now