star-wars-force-awakens-official-poster
当然ながらネタバレ注意。ディズニーとJJエイブラムスが嫌いで、エピソード1〜3を肯定する者が書いてますのでバイアスかかってます。

あらすじは砂漠の惑星においてしがない日々を送る若者が、ある日秘密の情報を託されたドロイドに出会い、その情報を反乱軍に届けるためミレニアム・ファルコンに乗って宇宙へと飛び立つ。しかしその情報を狙って、マスクをつけた黒づくめの帝国軍司令官(背後には謎の黒幕もいる)が若者のもとへと迫っていた。そして旅のなかで若者はフォースの存在を知り、自分の出生の秘密を学んでいく。そして最後に若者は惑星型巨大兵器を破壊するための戦いに巻き込まれる…というもの。

えーと、これ「エピソード4」のあらすじだよね?違う?もちろん新しいキャラクターとかもたくさん登場するのだけど、このくらい今回の作品は過去のものと内容が似通っているのだ。これは「スター・トレック」もそうだったけど、エイブラムスってオールドファンが喜びそうな要素を研究してチェックシートにまとめて、それを全部満たすような映画作りをしてるように思えるのよね。だからエピソード1〜3に失望してたオールドファンは当然「俺たちのスター・ウォーズが帰ってきた!」と大喜びできるわけだし、それはそれで悪いことではないだろう。そりゃXウィングの対地上戦とか雪のなかのライトセーバー戦とか、ビジュアル的には興奮必至ですがな。でもそれって過去30年のあいだにゲーム業界がすでに映像化してたことなんだよね。

エピソード1〜3はそれなりに新しいことをしようとしつつも(Xウィングもファルコン号も出てこなかったよね?)、プリクエルという最大の制限のために結局は展開が決まった話にならざるを得なかったわけだが、今回は未来の話なのに過去の出来事にものすごく制限を受けてしまっているという感じ。自分の好きな曲のカバー・バージョンを初めて聴いたときのようなもので、全体的には馴染みがあるし、それなりに目新しさもあるのだけど、人生を変えるような新しい発見は与えてくれない、といったところか。個人的にはどうしてもこの「馴染んだ感覚」に同時に居心地の悪さを感じてしまったよ。

というわけでエイブラムスって相変わらず新しい物語が作れないし、登場人物の出会いがみんな偶然ばかり(カークが落ちた惑星にたまたまスポックがいた、とか)だなとは思うものの、とあるキャラクターが去り、このあとは監督も代わるみたいだし、エピソード8以降は未知なる領域へと足を踏み入れていくことに期待しましょう。たとえディズニー帝国が今後何十年にもわたってスター・ウォーズの世界からカネを搾り取っていくにしても。

雑感:
・カイロ・レンをシリーズ初の「センシティブな悪役」として評価する向きもあるようだけど、なんか優柔不断なコスプレ好きの放蕩息子のようでもあったな。すぐブチ切れて部下にも見放されてたし。というかライトセーバーを初めて握った奴にも対等の戦いを挑まれるって、お前いままでちゃんと訓練してたのかよ!

・新キャラの大半がイギリス英語を話していたような。帝国軍はイギリス帝国の残党か?

・黒人や女性といった、過去の作品ではあまりフィーチャーされなかったマイノリティが主人公扱いされていることは素直に評価したい。一方でキャリー・フィッシャーは減量を強いられたようですが。

・BB-8はどうやって階段を上るの?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now