casinoroyale.jpg

何気にボンド映画はすべて観ているのであります。フランチャイズをうまく再始動させたということで巷では高い評価を得ているようだけど、これそんなに面白い作品かあ?

結局のところ007って高級車を乗り回して美人のおねーちゃんたちをはべらせつつ、世界をまたにかけた活劇を繰り広げる男という、世俗のサラリーマンなら誰もが憧れることを具現化した存在であって、それが変に人間臭くなっても嬉しくないと思うんだが。確かに後期のブロスナン作品は007が単なるカリカチュアに成り果てていたし、アクション映画になりすぎてランボーよろしくマシンガンをぶっ放す姿は興ざめだったが、それから離れて原点に戻るにしても、ボンドをボンドたらしめていたものを変に取り外してしまうのはどうかと。単に俺の考えが古いだけなのかな。観てて不満に感じた点をざっと挙げると:

・ボンドが弱い
・ル・シッフルがさらに弱い
・ボンド・ガールが最後にXXXしてしまう
・スパイ・ガジェットが殆どない
・ボンドのウィットに富んだセリフがない
・マニーペニーがいない

などなど。まあ保守的なファンの不満ですかね。あとボンドガールに本気で恋してMI6を辞めようとするのも情けない。ショーン・コネリーのボンドの素晴らしかったところは、女性と寝ててもいつ彼女を見捨てるか分からない冷酷さを秘めていた点で、女性蔑視と言われようが、その危険な雰囲気を持った姿に観ている人はシビれたわけです。でも冷酷なボンドというのはもう時代に合わないんだろうな。

この作品を見てて思ったのは「死ぬのは奴らだ」に似てるな、ということ。あれもロジャー・ムーアが初めてボンドを演じたことで、従来のイメージを払拭するため、好みのドリンクの設定を「シェイクしたマティーニ」ではなく「氷なしのバーボン」に変えたりしてたわけだが、結局のところ観客が求めてるのはシェイクしたマティーニを飲むボンドであって、今回のダニエル・クレイグ演じるボンドもいずれは従来のボンド像に近づいていくのかな。

まあ大ヒット作品となったことから察するに、多くの人はこの新しいボンドを歓迎したわけだが、個人的には昔のほうが良かったなと思わずにはいられないのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now