いわゆる「SF御三家」のうち、俺はアシモフばっかり読んでてクラークとハインラインは殆ど読んでなかったのですが、それでも「幼年期の終わり」には衝撃を受けたなあ。あと、とあるきっかけで読んだ短編「90億の神の御名」のラストも非常に印象的で忘れ難い。追悼の意味を込めて、せめて「楽園の泉」あたりは読まないといかんな。

合掌。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now