英題が「TRAIN TO BUSAN」で、日本では「釜山行き」という仮の邦題(?)で話題になっていた韓国のゾンビ映画。こないだこういうアレな邦題になったようで。

プロット自体はいたってシンプルで、韓国でゾンビ(強烈な感染能力を持っており、ちょっと噛まれただけでその人もゾンビになる)が大量発生し、ソウルを出発した高速鉄道にもゾンビが紛れ込む。列車の乗客たちはゾンビを撃退しつつ、安全な土地を目指そうとするが…というもの。

いちおうゾンビが発生した原因にもちょとだけ言及されてるものの、ゾンビと言ったらゾンビだろ!というわけで理屈めいたことなしに序盤からゾンビな展開に突入していく。2時間というホラーにしては比較的長めの尺だが、テンポもいいし展開も早いので中だるみもせずシェイプアップされた作品になっている。

一番の特徴はやはり列車という限られた空間を舞台にしていることで、隣の車両からやってくるゾンビ集団をどう防ぐかとか、離れた車両にいる友人たちをどうやって救出するか、といった点が話の重要なポイントになっている。あとは極限の状況における生存者のあいだでの確執も当然ながら描かれていて、ここらへんは最近のセウォル号事件などを彷彿とさせました。

なお列車の主な乗客としては、離婚した妻のところに娘を連れていく主人公、肉体派のにーちゃんとその身重の妻、鉄道会社のオッサン、中年の姉妹、高校生カップル、浮浪者など。ファンドマネージャーとして仕事に没頭するあまり家族を大事にできなかった主人公が、災害のなかで娘との絆を再発見していく過程が話の軸になっているかな。でもおいしいところは肉体派のにーちゃんが持って行ってしまってますが。

例によってゾンビの生態(?)にはツッコミたいところが多々あるのだけど、まあゾンビ映画に正確な科学描写などを求めても仕方ないので何も言いません。車両のドアを開けられない、というのは流石に都合よすぎるだろと思ったけどね。あと止まってる車両の反対側に行きたいなら、車体の下をくぐれば一発だぞ。

監督はアニメ出身の人でこれが初の実写作品だとか。実際に「ソウル駅」というこの映画の前日譚となるアニメ長編も作っているらしい。

ゾンビ映画としては話がベタだし、話の展開も目新しいものではないものの、大量に押し寄せるゾンビ集団の描写などは迫力があるし、邦題が残念なもののゾンビ映画が好きな人なら観て十分満足できると思う。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now