NBCの新作コメディシリーズ。DCコミックスの世界を舞台にした内容だが、「アロー」や「スーパーガール」みたいなThe CWの番組とは別のユニバースという設定らしい。

舞台となるのは大都市チャーム・シティ。そこではスーパーヒーローとスーパーヴィランの戦いが恒常的に行われ、交通機関の破壊などで一般市民に影響が出ることは日常茶飯事だった。田舎町出身のエミリーは、ブルース・ウェイン率いるウェインテックの子会社であるウェイン・セキュリティーズの開発部門のチーフとして働くことになり、胸をときめかせて会社にやってくるものの、開発チームは変人ばかりでろくな製品の開発ができず、レックスコープの後塵を拝している始末。社長のヴァン・ウェインもとっとと会社をたたみ、いとこのブルースの住むゴッサムシティへと移りたがっていた。それを目にして気落ちするエミリーだったが、やる気を出して開発部門を奮起させようと試みる…といったあらすじ。

DCコミックス作品とはいえ、スーパーマンやバットマンといった有名どころは言及されるだけで登場するわけではない。当然ブルース・ウェインの登場も(今のところは)なし。代わりに第1話で出てくるのはクリムゾン・フォックス!とてもマイナーなヒーローです!あとヴィランのジャックオーランタンって番組のオリジナルキャラかな?スターロがちょこっと出てるのは面白かったし、DCの小ネタをいろいろ詰め込んでくれればオタク的には面白いのだろうけど、NBCの視聴者ってアメコミ詳しくなさそうだし(RIP「コンスタンティン」)、コミックファンと一般視聴者のあいだのバランスをとるのが難しそうだな。

まあ基本的には一般向けのシットコムになっていて、無難なオフィスコメディといった感じ。「スーパーガール」のオフィスの部分を切り出したような作りといったところか(あちらの眼鏡っ娘という最強の要素が欠けてるが)。アホな開発部門が舞台ということで、誰も知らないシットコム「Better Off Ted」を連想したりもしました。

主演のヴァネッサ・ハジェンズって歌手のイメージが強いのでどのくらいコメディができるか良く知らないのだけど、頑張るエミリーを好演していていい感じ。あとはヴァン・ウェインがアラン・テュディックで開発部門のメンバーにダニー・プディと、コメディ的には鉄板の役者が出演しているので、ここは応援したいですね。クリストファー・リーヴ版の「スーパーマン」でジミー・オルセンを演じたマーク・マクルーアがエミリーの父親を演じたりもしているぞ。

DCコミックスの要素を抜かせば、凡庸な出来であることは否めないが、おカタいスーパーヒーロー作品がたくさんあるなかで、「デッドプール」なんかとはまた違った方向性でコメディに徹した作品があることは貴重だと思うのですよ。どうもストーリー上はレックス・ルーサーが次期大統領という設定みたいで、トランプ政権の風刺とか絡めたら面白くなるんじゃないかと。今後の展開に期待。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now