こないだ『レギオン』のシーズンが終わったばかりだが、早くもノア・ホーリーの名を世に知らしめたシリーズのシーズン3が始まったのだよ。

今回の舞台となるのは2010年のミネソタ。エミットとレイのスタッシー兄弟は兄のエミットが成功したビジネスマンであるのに対し、弟のレイは汚職に手を染めた保護観察官として貧乏暮らしをしていた。保護観察の相手として知り合ったニッキーと結婚したいレイはエミットに結婚指輪の代金を無心するものの、エミットにむげもなく断られる。頭にきたレイは元犯罪者のモーリスに、エミットが所有する高価な切手を盗むよう依頼するものの、エミットの家の住所を失念したモーリスは間違った家に押し入り、そこの住人である老人を殺してしまう。そしてその老人は、地元の女性警察署長の父親だった…というあらすじ。

なお冒頭ではいきなり1988年の東ドイツが出てきて、人違いで逮捕される男の話が語られるのだが、それが2010年のミネソタとどうやってつながっていくのやら?また一見裕福そうに見えるエミットも、怪しい連中から金を借りていたことが判明し、いろいろ複雑な展開になっていくみたい。

シーズン2はシーズン1のプリクエルという扱いだったが、今回のシーズンは過去のシーズンとどういうつながりがあるのかは明らかにされていない。シーズン1の4年後という時代設定の近さを考えるとシーズン1の登場人物がそのまま登場してくることも可能だろうが、はてさて。

シリーズの特徴である、ミスや悪運の連なりによって不遇な死を遂げる人が今回も出てきて、それが一連の物語の始まりとなるわけだが、過去のシーズンにくらべると比較的地味なスタートだったかな。もちろん今後の展開がどうなるかはまったくわかりませんが。

エミットとレイの兄弟はユアン・マクレガーが一人二役で演じている。双子ではなくて、メイクで別人になっている頑張りぶり。マクレガーってどの役でも同じようなイントネーションで話すことがよく知られてるが、今回はいちおうミネソタ訛りも入れてるのかな…?少なくともマーティン・フリーマンほどの訛りではありませんでした。レイのガールフレンドを演じるのがメアリー・エリザベス・ウィンステッドで、警察署長に『ゴーン・ガール』のキャリー・クーン。あとはデビッド・シューリスやマイケル・スタールバーグなど、相変わらず豪華なキャストが脇を固めています。

シーズンが始まったばかりなので話の展開の憶測などはとてもできないけど、過去のシーズンのクオリティを保てるのであれば大変面白いものになるはずなので、ここは黙ってワイルドな話の展開を楽しみましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now