イギリスのカルトTVシリーズ「プリズナーNo.6」がリメイクされるそうな。まああの作品のリメイクとか映画化の話って10年以上前から浮かんでは消えていたから決して驚くことではないんだけど、今回は既に配役も決まっていて、主人公をジム・カヴィーゼル、ナンバー2をイアン・マッケランが演じるらしい。

でもあの作品をリメイクする必要ってあるのか?「ウィッカーマン」にしろ「バイオニック・ウーマン」にしろ、昔のカルト作品をリメイクする試みってみんな失敗してるじゃん(ギャラクティカ除く)。ましてや「プリズナー」なんてカルト番組の王様のような存在なわけで、そのまま手を付けずにおけよ、と思わずにはいられないのです。

あのオープニングはいつ観てもカッコいいなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now