c0069732_2332978.jpg
「Ultimate Avengers」「Ultimate Avengers 2」に続く、マーヴェル&ライオンズゲートのDVDムービー第3弾「Invincible Iron Man」を観る。前2作がけっこうダメダメだったんで、三度目の正直を期待してたんだが…。

やっぱりダメ。三球三振。

やはりストーリーの盛り上がりのなさが致命的な欠点になっている。CGによってキャラクターの動きはそこそこ凝ったものになっているものの、大規模な戦闘シーンとかがあってもひどく単調なもので、なんだかお約束として入れているような感じが否めない。戦闘シーン以外でも登場人物の性格描写がえらく典型的で、観ている人の心をつかむようなところがないんだよね。マーヴェルのキャラクターはDCのものに比べてアンチヒーローが多いから、正々堂々としたヒーローという描写がしにくいということは以前にも書いたけど、だからって主人公がウジウジと悩んでいるのをずっと観せられても楽しくないのですよ。

それと非常に個人的な好みから問題点を挙げると:
●「Ultimate Avengers」と今回のトニー・スタークが同一人物なのかどうか分かりにくい(コミックでは別物)
●ジム・ローズが出てるのにウォー・マシーンが登場しない
●赤&金色のアイアンマンの出番が少ない
●最後のクライマックスにおいて主人公が活躍しない

などなど、ファンの期待を裏切ってくれるような展開が盛りだくさん。それと宿敵がマンダリンということで舞台の大半が中国になっているんだが、中国人(というかアジア人)の描写が横柄・臆病・役立たず・迷信深い、といったステレオタイプになっていて、もちろん善良な中国人も出てくるんだけど、いずれも西洋人とは非常に異質な存在として描かれているのが非常に気になる。「Ultimate Avengers 2」でのアフリカ人も殆ど同じような描写をされてたよな。あと火・水・土・風の四大元素を象徴した古代のロボットみたいなのが登場するんだけど、中国なんだから五大元素にならないと変じゃないか?

次は同じスタッフで「ドクター・ストレンジ」をDVDムービー化するらしいけど、マーヴェルはここでいったん全てを白紙に戻してアニメ化を考え直したほうがいいような気がする。DCが現在ブルース・ティムと作っている「The New Frontier」のDVDムービーに対抗できるような作品をぜひ作ってもらいたいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now