ジェームズ・フランコ監督&出演、デイブ・フランコ主演というフランコ兄弟のコメディ映画。

2003年に公開されるなり、その演技の安っぽさと脚本の意味不明さが口コミで話題になって、監督&主演を務めたトミー・ワイゾーの強烈なキャラクター性とあいまって早くも「今世紀最低の映画」という評価を得るものの、その内容(コメディ映画ではない)のヒドさが逆に笑えるとして深夜上映などで人気を博し、未だにアメリカのどこかで上映されているというカルト映画「THE ROOM」の製作現場の裏側を描いた同名の本をもとにしたもの。なお「THE ROOM」自体はおれ観てません。

本を執筆したのはデイブ・フランコ演じるグレッグ・セステロで、彼は1998年にサンフランシスコの演劇教室でトミーに出会う。ニューオリンズ出身と言いながらもキツい東欧訛りを持ち、年齢不詳のトミーだったが、その空気を読まない無鉄砲さにグレッグは興味を持ち、ふたりはスターになることを夢見てサンフランシスコからロサンゼルスへと向かう。なぜかトミーは無尽蔵に金を持っており、彼が所有するアパートに移ったふたりは役者稼業を始め、グレッグにはエージェントがつく一方でトミーには何の仕事もやってこなかった。業を煮やしたトミーは自分で映画を製作することを決心し、機材を一式購入して(レンタルでなく。しかも35ミリ&HDの機材両方)、自分は監督と出演を行い、グレッグにも出演させて撮影を開始するのだが、もとから才能のないトミーのおかげで現場は大混乱に陥り…というあらすじ。

簡単なセリフを覚えることができずに何十回もテイクを繰り返すようなトミーを演じるのがジェームズ・フランコで、そのクセのあるアクセント(be動詞がない)をはじめ、トミーの撮影現場での野人のような振舞いを体を張って熱演しています。ほかにもアリソン・ブリーやセス・ローゲン、シャーリーン・イー、ポール・シアー、ネイサン・フィルダー、ハニバル・バーレスといった人気コメディアンがいろいろ出ているほか、ジャド・アパトーやブライアン・クランストン、ザック・エフロン、シャロン・ストーンなどといった有名人がたくさんカメオ出演しているのが観ていて楽しいかも。

エンドクレジットでは実際の「THE ROOM」と今回の映画で再現したシーンの比較も披露されていて、どれも非常にそっくりに作られていて関心するのだが、これってやはり元ネタを知ってる人が、その再現ぶりを観てニヤニヤするたぐいの、内輪ネタを狙った作品だよねえ。例えば「エド・ウッド」では同じくダメ監督を扱っていても、主人公の映画製作に対する情熱が描かれていたものだが、こちらのトミーはひたすらセットで横柄に振舞うだけでキャラクターの内面が描かれていないのだもの。トミーは当然ながらまだ存命だし、ジェームズ・フランコは撮影中にいろいろ彼と話したらしいが、インタビューでも自分のことについてろくに語らず、怒ると電話を切ったりする人でもあるので、あまりパーソナルなことは聞き出せなかったんだろうか。

なお劇中では国籍と年齢が不詳とされるトミー・ワイゾーだが、その後の調査(?)で1955年にポーランドで生まれたことが判明しているらしい。しかし彼がなぜ潤沢な資金力を持ち、500万ドルともされる「THE ROOM」の製作費を賄うことができたのかは、今でも謎のままであるらしい。そこを追ったりしていれば面白い話になったろうになあ。

まあとにかく「THE ROOM」を先に観ていれば、これとはまた違った感想を抱いていたかもしれない。しかし今世紀最低と呼ばれる映画をわざわざ観る気には、どうもなれんのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now