08年名古屋場所

地方場所は東京場所に比べれば概して関心は薄くなるものの、いつもだったらワンセグチューナーを買って観戦したい気になったり、千秋楽はジムに行って走りながらテレビ観たりするもんだが、今場所に限っては相撲を観たいという気にはまるでならなかった。やはり序盤で琴欧洲がボロ負けしたのと、朝青龍が休場したことで白鵬の一人勝ち状態がハッキリしてしまったから。

ちょっと前までは朝青龍が休場すれば混戦が予想されて逆に盛り上がったもんだったが、白鵬が力をつけすぎたためにそういったことが期待できなくなってしまった。本来ならば横綱の独走に待ったをかけるべき大関陣がまるでその役割を果たしていないんだよな。奴ら(特に千代大海と魁皇)は一度平幕からやり直させてハングリー精神を叩き込まないとあかんのではないか。

まあ大関だけでなく他の力士も情けないわけで、安馬とか琴奨菊は応援はしたくなるものの、優勝争いに関わることがないのは明らかだからツマんないんだよな。やはり優勝決定戦が観れるくらいのレースをいつも繰り広げてくれないと。朝青龍と白鵬とまっとうに戦える力士がいないのはやはり問題だろう。

朝青龍を叩いてる奴らは、彼がいなくなるとどれだけ相撲がツマらなくなるかを理解してから口をきけ、という感じ。まあ今回は調整不足ということで自業自得なのだが、かつての覇気が最近は感じられなくなって寂しい。来場所は優勝争いに絡んでほしいところです。

今場所の収穫があるとすれば豊ノ島か。時津風部屋の件は残念な所だけど、あれだけ最近は勢いづいているんだから、またブログを再開してほしいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now