最近は気の滅入る映画ばかり観てるような気がしたので、当分はおバカ映画を観ようと思ってまずこいつをiTunesストアでレンタル。

おもしれー。

いや、下ネタとマリファナと人種差別ネタだらけの低俗コメディではあるんですけどね、ギャグのセンスとタイミングが巧いんですよ。前作よりもいいかも。今までのアメリカの低俗コメディって、人種ネタがあっても白人の観点からとらえたジョークが多かったから(「スパイ・ハード」とか)観ててドン引きするようなことが多かったけど、この作品はアジア系のマイノリティの観点で白人をコケにしてる点が観ててスカッとするのかな。

話の内容は以前に書いた通りだけど、題名のグアンタナモ収容所は実はあまり出てこなくて、大半は前作同様にアメリカの僻地をさまよいながら変な連中に遭遇していくというものになっている。例によってニール・パトリック・ハリスも前作以上にパワーアップして登場してくるぞ。主人公の2人のうちハロルドが真面目な方でクマーがボケということから、話のおいしいところはみんなクマーが持ってっちゃってるところが我々黄色人種には物足りないところですが、まあいいや。今回は元彼女がどこぞの嫌な奴と結婚してしまうという、個人的に心の琴線に響くテーマを扱ってたのでラストは意外と感動してしまった。不満があるとすれば、ロブ・コードリー演じる政府の捜査官の役が薄っぺらだったことかな。「デイリーショー」関連ではエド・ヘルムズも出てるぞ。

内容が内容だけに万人に勧められる作品ではないけど、劇場でヒットしたことで早くも第3作の製作が決まったということなので、アジア人2人のハリウッドでの活躍に今後も期待したいところです。「ラスベガスをぶっつぶせ」みたいな「アジア人の白人化」なんかもうやめてさ。

ちなみに黒人のステレロタイプって「グレープソーダ」も好きなことになってんの?スイカとかフライドチキンとかいろんなものに関連づけられてんなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now