DCコミックス原作の映画だが、予算感としては中規模なんじゃないかな?主役のキャラクターは嫌いじゃないがそんなに思い入れはない。フォーセット・コミックスでブイブイ言わせていた時代なぞ当然知らないので、DCに移ってスーパーマンの二番煎じに甘んじていたヒーロー、という印象が強いのよね。個人的に好きなコミックははまだキャプテン・マーベルという名前だったころのジェリー・オーダウェイの一連の作品と、ジェフ・スミスのミニシリーズのやつだが、今回の映画版はジェフ・ジョンズのNew 52のものをベースにしてるので、あまり詳しい訳ではないです。以下は感想をざっと:

  • DCコミックス作品としては初めてニューライン・シネマが製作した映画になるわけで、まあ何となく「ホビット」みたいなファンタジー路線に合ったものになってるんですかね。
  • そもそも主演がザ・ロック様ことドウェイン・ジョンソンありきで製作が進んでいたはずだが、ロック様が主人公のシャザムでなく敵役のブラック・アダムを演じたがったことで主役不在となり、さらにブラック・アダム単体で映画を作ることになって今回は登場しなくなったわけだが、ここらへんのドタバタは完成品にどれだけ影響を与えてるのかしらん。原作だとマッド・サイエンティストのシヴァナがパワー系のヴィランになっているあたり、元々はアダムを想定してたのかな、と思います。
  • そのブラック・アダムは劇中でその存在を仄めかされるだけだが、まあロック様が忙しくてカメオ出演もできなかったんでしょうね。大昔にいた存在、とか言われてるあたり、「スコーピオン・キング」みたいな形のスピンオフが作られるのかな?
  • ロック様に代わって主役のシャザムを演じるのがザッカリー・リーヴァイ。おれ「チャック」をあまり観てないのでそんなに馴染みのある役者ではないですが、非常に背が高いのでヒーローを演じるには適役かと。シヴァナ役のマーク・ストロングも「グリーン・ランタン」のシネストロよりもよいヴィランを演じてたし。
  • 気になったのはストーリーのペースで、主人公が突然ヒーローになって驚き、悪ふざけをするところに時間を割き過ぎてるのでは。シャザムが空を飛べることは皆知ってるのだから、本人がその能力に驚いている描写とかがなんかくどいのよな。例によって最後はちゃんとヒーローとして目覚め、それはそれで良いのだが、話にもう1つくらい盛り上がりがあって欲しかったような。
  • どちらかといえばお子様向けの作品だが、R指定の「デッドプール2」同様に、「気が合う連中がいればそれが家族」というテーマを打ち出した内容であった。ここらへん「殺しあう仲でも血縁は重要」という感じだった「アクアマン」との対比ができるかも。
  • ちなみにシャザムというかビリー君の口癖が「Holy Moly!(びっくりこいた!)」なわけだが、日本語字幕では訳を統一しなかったのは何故だろう?
  • なおビリー君は心が純粋だという理由でヒーローとして選ばれるのだが、現実だったらあれトム・ハンクスが選ばれてるだろうな。劇中でもハンクス主演でよく似た設定の「ビッグ」へのオマージュがありましたね。
Trackback

no comment untill now

Add your comment now