アメリカでは秋の新作ドラマシーズンが始まったようで、新しいシットコムの第1話をいくつか観たので感想を書きます:

・SUNNYSIDE (NBC)

素行不良で落選したクイーンズの元議員が、アメリカの市民権テストを通過するために勉強する移民たちを助けることになるというもの。落ちこぼれの教師と型破りな生徒たち、という構図が「COMMUNITY」っぽいな。オバマ政権でスタッフとして働いていたカル・ペンが主演&脚本ということもあり、ちょっと説教くさい箇所がなくもないが、多様な人種の役者たちが揃って話を盛り上げてるのは応援したいところです。カメラが微妙にグラグラ揺れてるのが気になったが。

・PERFECT HARMONY (NBC)

これも「COMMUNITY」っぽい内容。妻を亡くして自暴自棄になった元音楽教授が、町の合唱団を指揮することになる物語。さまざまなバックグラウンドを抱えた男女が、歌うことで力を合わせていく…って「グリー」やんけ。主演はブラッドリー・ウイットフォードで、おれこの人はシリアスな役のほうが似合うと思うのだが…?

・CAROL’S SECOND ACT (CBS)

教師だった女性がセカンド・キャリアとして医師になることを決意し、自分の子供くらいに若い他のインターンたちとともに奮闘するという内容。最近は少なくなった、ラフトラックの入りマルチカメラのシットコムで、このスタイルが好きな人は気にいるんじゃないですか。主演は「ザ・ミドル」のパトリシア・ヒートン。白髪のカイル・マクラクランが間の抜けたベテラン医師を演じてるのですが、「ツイン・ピークス」の印象が強いのでなんか不気味に見える。

・MIXED-ISH (ABC)

日本では知名度が皆無だがアメリカでは大きな人気を誇る、黒人家庭のコメディ「BLACK-ISH」のなんと2つめのスピンオフ。トレイシー・エリス・ロス演じるママさんの少女時代を描いた内容で、コミューン育ちの少女が一般の学校に通うことになり、白人と黒人の混血である自分のアイデンティティに悩むというもの。80年代には混血の子が少なかったことが強調されるのだが、そうだったっけ?ママさんのナレーションも入りまくりで、なんか説教くさい「それいけ!ゴールドバーグ家」のような出来。

・THE UNICORN (CBS)

妻を亡くして娘ふたりを単身で育てている男性が、周囲に勧められてデートアプリに登録してみたところ、家事ができることなどが評価されて大モテに…という話。問題は主演がウォルトン・ゴギンズということでして、あのひと絶対に悪人顔だと思うのですが、そんなにモテるのでしょうか?ロブ・コドリーも共演してるよ。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.