「FAST COLOR」鑑賞

1年くらい前にアメリカで公開された低予算SF。プロットの深いところまで書くので以下はネタバレ注意。

舞台は近未来、8年間も雨が降っていないアメリカ中西部。水が貴重な社会において、ルースという女性が逃避行を続けていた。彼女は発作が起きると巨大な地震を誘発するという特殊な能力の持ち主で、自分がコントロールできないその能力が周囲に迷惑をかけないように、そして彼女の能力を狙う科学者たちから逃げるために旅を続けていた。しかし彼女も根気が尽き、かつて家出した我が家へと戻ってくる。そこには母親のボーと、ルースが置いていった娘のリラが暮らしていた。彼女たちもまた特殊な能力を持つ者たちであり、ルースをかくまうが、彼女を狙う科学者たちも近づいていた…というあらすじ。

特殊能力を持った人の逃避行、という点では「ミッドナイト・スペシャル」に似ているけど、ルースが家に着いてからは女性三人の家族ドラマみたいになる。超能力バトルみたいなものはなくて、もっと叙情的な内容かな。現地では黒人向けの映画を扱う配給会社が配給したらしいが、人種的なテーマは特になし。知的なSF小品といった感じで、結構楽しめました。

ルースを演じるのがググ・バサ=ロー。自分の能力をコントロールできず、娘の世話もできない情緒不安定な役回りなのでちょっと損をしてるが、そんな彼女を黙って受け入れる母親役をロレイン・トゥーサントが演じていて、こっちが主人公じゃね?と思うくらいに大変よい演技でした。町の保安官をデヴィッド・ストラザーンが演じていて、個人的には大好きな役者なのであります。

監督はジュリア・ハートで、タフな女性たちの描き方は女性監督ならでは…と言ったら差別的かな。でもしっとりとした演出とか、最後の美しいクライマックスは良かったですよ。102分という比較的短い尺のためか、雨の降らない世界の描写は中途半端だったし、ルースたちの能力も説明不足だった感は否めないが、この映画をもとにしたTVシリーズがアマゾンで企画中だそうな。いろいろ掘り下げれば面白くなりそうな設定なので、シリーズのほうにも期待しましょう。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.