c0069732_2324054.jpg
超過激手品師コンビ「ペン&テラー」の片割れ…というよりもレジデンツやハーフ・ジャパニーズの協力者ということで俺が尊敬してやまないペン・ジレットが企画&製作したドキュメンタリー「The Aristocrats」を観た。

これは何十年も前からコメディアンたちの間で語られているという伝説的なジョークを扱ったもので、このジョークの基本的な構成は次の通り:

 1、芸能エージェントのところに、1人の男性がやってきて「うちは家族4人でパフォーマンスを披露するんです」と自己紹介する。

 2、「どんな芸をやるんだい?」と芸能エージェントが尋ねる。

 3、男が芸の説明をするか、もしくは家族と一緒に実際に芸を披露する。この芸は想像を絶するくらいに下品なもので、スカトロや近親相姦、獣姦など何でもありの、とにかく卑猥な芸として紹介される。

 4、驚いた(もしくは興味をもった)芸能エージェントが「それで君らの名前はなんていうんだ?」と尋ねる。

 5、男が陽気に「「貴族たち(The Aristocrats)」です!」と答える。

・・・ただこれだけ。これだけの構成をもとに、コメディアンたちは自分流のアレンジ(特に芸の説明の部分)を加えていくんだとか。内容が内容だけに当然ながらテレビとかでは披露できないジョークだから、楽屋でのウォーミングアップだとか仲間うちのパーティーなどで披露されるネタらしい。オチにたどりつくまでをいかに引き延ばせるかで技量を競い合い、長いものだと数十分も話が続いた例があるらしい。

そんでこのドキュメンタリーでは当然ながらこのジョークの様々なバリエーションが語られるわけで、とにかく信じられないような内容の下ネタのオンパレードとなっている。もちろん観ていて気持ちのいいものじゃないけど、このジョークを語ったり、それについてコメントしたりする面々がとっても豪華。クリス・ロックやジョージ・カーリンをはじめ、ジョン・スチュワートやビリー・コノリー、ドリュー・キャリー、エリック・アイドル、ロビン・ウィリアムズ、ウーピー・ゴールドバーグ、ビル・マー、サラ・シルバーマン、さらには「オニオン」の編集スタッフに「サウスパーク」のアニメなど、コメディ界の有名どころが続々と登場するのがすごい。イーモ・フィリップスなんて15年ぶりくらいに見たぞ。こうしたコメディアンがリラックスした雰囲気でジョークに語るところはそれなりに見応えあり。でもまあ彼らのことを知らない人が観たら、単にいい年した男と女が下ネタを延々と喋っているドキュメンタリーにしか見えないだろうなあ。でも「昔はショッキングだった行為が、今ではごく普通に受け止められている」とか「性に関するネタよりも、人種に関するネタのほうが現在ではずっと問題視される」といったコメントは興味深いものがあるな。

肝心のジョークはそんなに面白いわけじゃないし、ドキュメンタリーとしてもそんなに優れた作品じゃないんだが、欧米のコメディアンが好きな人ならちょっと観てみても損はないかも。ちなみにロビン・ウィリアムズってアドリブで語るとかなり面白いのに、どうして映画に出るとああもツマらない人になってしまうんだろうね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now