世間が日本シリーズで盛り上がってるなか、すごい展開があると聞いた野球映画「スカウト/涙の81球」{The Scout}を観てみる。何がすごい展開なのかは後で述べるが、邦題の「81球」というので分かる人は分かるかな。

ニューヨーク・ヤンキーズのスカウトを務めるアル(アルバート・ブルックス)は大学を中退させてまで引き抜いた期待の新人が、緊張のためマウンド上でゲロを吐くという失態をやらかしたため、メキシコの奥地へと左遷させられてしまう。ろくな野球場もない土地をさまようアルだったが、彼はそこでスティーブ・ネブラスカ(ブレンダン・フレイザー)という驚異の少年を発見する。投げる球は160キロの豪速球、打席に立てばすべて場外ホームランという彼の凄まじい才能に驚愕したアルはさっそく彼をスカウトしようとするが、ヤンキースの上司には話を信じてもらえず逆にクビになってしまう。それでもアルはネブラスカ君をアメリカに連れて帰り、全球団のスカウトの前で彼の凄腕を披露することに成功する。この天才少年に度肝を抜かれたヤンキーズは、オーナーのスタインブレナー(本人出演)による札束攻勢で4年間5500万ドルという大型契約を結ぶことに。ネブラスカ君が長髪だというのも全然オッケーらしい。

成功に酔いしれるアル。しかし契約には1つの条件があった。それはネブラスカ君にメンタル面でのチェックを受けさせること。仕方なくアルは彼を精神分析医のところへ連れて行くが、そこでネブラスカ君の天真爛漫な性格の裏には、極度の緊張と恐怖が隠れていることを告げられてしまう。そして慣れないニューヨークの生活のなかで、ネブラスカ君の心はますます不安定になっていくのだった。そんななかついにネブラスカ君の初登板の日がやってきた(ワールドシリーズ初戦!いいのか新人なんかに登板させて)。不安にかられて国歌斉唱の場を離れ、スタジアムの屋根に逃げ登るネブラスカ君。アルは彼のあとを追って屋根に上がり、必死の説得を行う。そして2人の心が通じ、自信を取り戻したネブラスカ君はヘリコプターに乗ってマウンドへ降り立ち、カージナルズを相手にピッチングを始めるのだが、ここからがすごい展開。

彼の速球は次から次へとストライクを重ねていき、迎える打者はすべて三球三振、しかも自分はバックスクリーンホームランをかっ飛ばす活躍ぶり。そしてついに迎えた最終打者はオジー・スミス(これも本人)。そこでもネブラスカ君は170キロ近い豪速球でスミスを三振に打ち取り、なんと27奪三振(よって81球)という前人未聞の記録を立てて勝利を飾り、アルと一緒に歓喜するのでした…めでたしめでたし。

こんなベタな話はマンガでもそうありませんぜ。最初この27奪三振のことを聞いたときは、ストーリー上もっと前のほうの出来事で、それで高慢になった主人公がケガとかスランプで落ちぶれ、そこから見事復活するという映画かと思ったんですよ。それが話のクライマックスにこんな離れ業をもってきたって、相手が手も足も出ないからまるで盛り上がらないじゃん!ファミコンでいえば無敵コマンドを使って最終ボスを倒したような、なんか空しい達成感の残る作品ではあった。あと登場人物の設定がまるでできてなくて、ネブラスカ君の過去とかがろくに説明されないものだから、なぜ彼がメキシコの奥地にいて、なぜ不安を隠しているのかということが全然分からないんだよね。だからアルの説得シーンも心に訴えるようなものが何も無くて、いつの間にかネブラスカ君はホイホイと屋根から降りてくるし。とりあえず映画としてはダメダメの出来。27奪三振というネタだけは凄いけど。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now