こないだ15年の歴史に幕を閉じた「ER」の後番組となる、同じくジョン・ウェルズ製作のTVシリーズ。タイトルから分かるようにロサンゼルスを舞台にした警察もので、制服組やスーツ組の警察官がさまざまな事件に立ち向かって行く群像劇というスタイルは「サード・ウォッチ」に似ているかな。

ウェルズ作品ということでそれなりに凝ったつくりになっているものの、あまり目新しさは感じられない。初めて人を撃った新米警官の話とか、もう何百回もテレビで見たシチュエーションがまた繰り返されているという感じ。それとメインキャラクターの大半が白人で、黒人とヒスパニックがゴロツキ程度の存在として描かれているのが気になる。やっぱね、「ザ・ワイヤー」を観てしまうと他の警察ドラマがとても安っぽいものに見えてしまうのですよ。

NBCはそれなりに力を入れて宣伝するだろうけど、この第1話以上の出来をもった話が続かない限り、あまり長続きしないんじゃないかと思わせられる作品。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now