だめー。「レディキラーズ」がなければ俺にとってのコーエン兄弟のワースト作品かも。

彼らに映画作りの何たるかを説く気は当然無いけれど、サスペンスだろうとコメディだろうと観客が感情移入できる登場人物が最低1人はいないといけないと思うのですよ。それがこの映画の登場人物って私利私欲に取り憑かれた軽薄なバカばっかりで、誰がどんな運命に遭おうとも大して気にならないんだよな。国家機密と私生活という点ではジョゼフ・コンラッドの小説「密偵」を連想したけど、あちらは壮大な国家のイデオロギーが登場人物のケチな私欲に合わせてシュルシュルと矮小化されていく皮肉が痛快だったのに対し、この映画には別にイデオロギーなんてないからね。あとCIAが基本的に無能だという描写はブッシュ政権下だったらもっと効果的に見えたかもしれないが、今となっては、ねえ。コーエン兄弟はこの映画と「ノーカントリー」の脚本を同時期に書いていたらしいが、最終的な結果は水と油のごとくきれいに差が出たような感じ。

というわけで前回に続き、自分にとってのコーエン兄弟作品をランキング化してみる:

1、「ミラーズ・クロッシング」
2、「ブラッド・シンプル」
3、「ノーカントリー」
4、「ビッグ・リボウスキ」
5、「赤ちゃん泥棒」
6、「バートン・フィンク」
7、「オー・ブラザー!」
8、「ファーゴ」
9、「バーバー」
10、「ディボース・ショウ」
11、「未来は今」
12、「バーン・アフター・リーディング」
13、「レディキラーズ」

昔の作品は自分のなかで美化されつつあるのかな。世間的には「ブラッド・シンプル」の評価は高くないけど、床の血だまりをウインドブレーカーで拭こうとして逆に広げてしまう描写とかは非常に好きなんだよな。その一方で「ファーゴ」はやはり好きになれませんが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now